<テーマ11>クライアントは弱い人か

<テーマ11> クライアントは弱い人か

(11-1)自分を知ってしまうこと
(11-2)弱さはどういう形で現れるか
(11-3)事例~「時間が解決してくれる」
(11-4)人間らしい弱さ
(11-5)事例~自分と剥きあえない前科者
(11-6)クライアントは弱い人か
(11-7)注と補足


(11-1)自分を知ってしまうこと
 私はカウンセリングを一生の仕事にしていこうと決めた人間ですので、こんなふうに考えてしまうのかもしれませんが、あらゆる人はカウンセリングから多くを得ることができると信じています。全ての人にとって、カウンセリングは有益となると信じているのであります。
 いろんな人の人生があって、カウンセリングと縁のない人もたくさんおられます。そういう人の方が多いと思います。カウンセリングなしでも、人は普通に生きていけるものであります。それでもなお、カウンセリングは全ての人に有益であり、必要であると私は信じております。
 パスカルは『パンセ』において、繰り返し人が自分自身と向き合うことの困難さを書いています。人は自分自身から目を背けてしまうのであります。人々はパーティーのお喋りに明け暮れ、ギャンブルに耽ったりするのであります。自分自身を見ないためにそれらをするということなのです。そして、戦争さえもが、人をしてその人自身から目を背けさせるのに役立ち、利用されているとまで述べております。
 パスカルは17世紀の人でしたが、21世紀に生きる私たちも事情は変わらないと私は思います。むしろ、自分自身に目を向けさせなくするツールは現在の方が充実していると私は感じております(注1)。
 なぜ、私たちは自分を知ってしまうことを恐れるのでしょうか。自分自身に目を向けてしまうことよりも、外側の事柄に目を向けている方がはるかに楽だと感じられるのはどうしてなのでしょうか。
 それは私たちが自分自身の中に不都合なものをたくさん抱えているためだと思います。そして、それに直面する強さを私たちが備えていないからです。人の強さとは、その部分に関わってくるものと、私は捉えております。腕力や権力の強さは、決してその人自身の強さを表すものではないのです。

(11―2)弱さはどういう形で現れるか
 カウンセリングを受けに来るクライアントは自分が「非常に弱い人間だ」と体験されていることも多いのです。自分の問題を自分で処理することができない人間だと自分自身を捉えていたり、他人に相談することを恥ずかしいと体験していたりします。問題や状況に対して何もできなかった自分を「ダメ人間」と捉えていたり、すでに無力感に襲われていたりする方もおられます。自分の身に降りかかることはすべて「自分の弱さ」から来るものだと信じていたり、弱い自分を恥ずかしい存在だと感じている方もおられます。
 しかし、ここで考えていきたいのは次のことであります。「はたして、カウンセリングを受けに来るクライアントは本当に弱い人なのだろうか」という疑問であります。
 クライアントに限らず、私たちはいかに自分の問題を回避することが多いことでしょうか。問題に直面したり取り組んだりするよりも、「問題をなかったことにしよう」と否認してしまうことがなんと多いことでしょうか。あるいは、「たまたまそうなっただけだ」とごまかし、無理に自身を納得させることがいかに多いでしょう。また、「こうなったのはあの人が悪いからだ」と責任転換してしまうことがいかに多いことでしょう。私たち人間はこういうことをしてしまうのです。否認したり、ごまかしたり、責任転換する方が、問題に直面するよりもはるかに安全で苦痛が少ないと感じられるのです。そして、そういう安易な方向へ人間は簡単に流されてしまうのだと私は思うのです(注2)。
 私たちはしばしば安逸な方向へ流されてしまうものです。それに直面し、取り組むだけの強さが私たちにはないのです。苦悩を引き受けるだけの強さがないのです。そうして、私たちは自分自身に生じている問題でありながら、自分自身を見ることに耐えられないのです。カウンセリングに訪れないのは、むしろこういう人たちなのです。そして、このような人たちがしていることは、強さではなく、弱さの表れなのです。

(11-3)事例~「時間が解決してくれる」
 一つ事例を掲げることにします。
 このクライアントは最初の面接を受けた後、今後継続していくかどうかを求められました。彼は「いや、私の問題は時間が解決してくれるから、カウンセリングは必要ないです」と言って、断られたのです。私は、それは自分の問題を過小評価していますということを彼に伝えましたが、彼にはそれが理解できないのでした。彼はその問題を若い頃から抱えていましたが、私から見ると、明らかに「悪化」しているのです。ただ、彼自身はそれを「悪化」しているとは認識していなかったのです。「悪化」しているということは、指摘されれば彼には理解できるのでした。しかし、彼は「今は具合が悪くなっているだけだ。じきに元に戻る」ということを述べられたのでした(注3)。ここでも時間が解決してくれる式の考え方をされているわけであります。
「時間が解決してくれる」という考え方は、この方に限らず、しばしば耳にするものです。実際は時間が問題なのではなくて、その人たちがカウンセラーやカウンセリングで行う作業を避けているという所に問題の本質があるのですが、その点は脇に置いておきましょう。ここでは「時間が解決してくれる」という思考そのものを取り上げます。
 この考え方は一面ではとても正しいのであります。なぜなら、私たちが問題を克服するということは時間のかかるプロセスであるからです。成長や成熟、あるいは変化、変容ということはとても時間がかかるものです。時間がかかる、もしくは、時間をかけるという意味においては、この考えは正しいのです。
 しかし、解決の主体は誰なのかということが、この考え方では正しくないのです。この考えでは、解決の主体は「時間」にあるのであって、当人にあるのではないということになっています。従って、その人が自分の問題を解決するかどうかは、今後の時間だけにかかっていることになります。これはつまり、自分の問題の解決を運任せにしようという思考であり、一つの自己放棄なのです。
 もし、ある人の問題を「時間が解決してくれた」というような例があるとすれば、それはその人が成長や成熟の方向へ水路づけられていたからだと私は捉えています。変化へと動機づけられていない場合、いくら時間が経過してもそのままの状態で留まるはずなのです。「神経症」的な人は、しばしばそういう形で自分の問題を先送りしてきているのです。
 事例のクライアントの場合、もし本当に「時間が解決してくれる」のであれば、彼はこの問題を十五年も抱えていなかったはずです。とっくにその状態から抜け出ていなければおかしいのです。彼は、若干辛辣な言い方をすれば、いつか望ましいことが起きるということを信じて、指をくわえて十五年を過ごしてきたのと同じなのです。私以前に何人もの臨床家の門を叩いたと彼は語りました。しかし、その都度、彼は同じような持論を展開して、離れていったのだと思います。つまり、彼自身は何一つそれに取り組んではいなかったのです。
 ここで注意しておきたいのは、彼を非難するつもりは私にはないということです。ただ、その考え方が正しいものではないということを述べているだけなのです。そして、「時間が解決してくれる」と一途に信じているということに、彼の抱える「弱さ」があるのです。彼に必要なのは、時間ではなくて、少しでも自分自身に目を向ける「強さ」であったのです(注4)。

(11-4)人間らしい「弱さ」
 冒頭に述べたように、自分自身のことに目を背け、ごまかし、責任転換したとしても、その人は一生を送ることはできるのです。そういう人の方が多いかもしれません。
 私はそのような人にカウンセリングを強制しようとは思わないし、自分自身に目を向けるように強要することもしません。その人の抱える弱さは、極めて人間的な弱さであるからです。その人が人間であるからこそ、人間的な弱さを抱えることは当然なことです。私もまた弱さを抱える人間ですので、偉そうなことも言えません。
 それよりも、その人は自分自身に取り組むことなく一生を終えるかもしれません。そのために犠牲になってしまった事柄もあるでしょう。その人が不毛な一生を送ったとしても、私はその人を軽蔑するつもりはありません。そういう生き方しかできなかった人を、ただそれだけの理由で尊重できないとすれば、それは私の抱える「病理」の問題です。どのような一生であれ、その人の人生は尊重されるべきです。
 ただ、その人は自分の問題に、自分自身に「取り組むことはできたはずだ」と私は捉えます。そして、そこを残念に思うかもしれません。
 たとえ苦痛を伴うとしても、不都合な部分まで見てしまうにしろ、人は自分自身を見つめ、自分自身をより良くしていくことができるものです。目を背けたくなる気持ちも理解できないではありません。既に述べたように、それは人間らしい弱さでもあり、私も含めて、誰もがこういう弱さを抱えているものだと私は信じているからです。

(11-5)事例~自分と向き合えない前科者
 弱さということについて、もう一つ事例を掲げることにします。
 この人は男性で、クライアントではないのですが、とても理解しやすいケースなのでここで取り上げることにします。
 彼は、実は私の酒飲み友達でありまして、飲み屋で知り合ったのでした。今では会うこともなくなりましたが、私は彼が好きで、彼の話をいつも面白く聴かせてもらったのでした。彼には前科があります。ムショ暮らしがどういうものであるかとか、手錠というものが実はずっしりと重たいものであるとかいう知識は、すべて彼から教わったのです。若い頃は某暴力団組織に所属していて、覚せい剤を転売して稼いだそうです。背中一面に彫り物があり、一度見せてもらったこともあります。「ええか、もうそっちの世界に戻ったらアカンぞ」と私が言うと、彼が涙を浮かべたのを、私は今でも覚えております。
 その彼が今では堅気の生活をしています。朝から夕方まで、彼は会社で仕事をします。しかし、会社が終わると、彼は酒を飲まずにはいられないのです。彼の飲酒には問題がありまして、毎晩、浴びるように飲むのです。一緒に飲んでいると、彼の方が先にへべれけになるのです。そして、へべれけになって、彼が前後不覚になるまで、飲酒は続くのです。会社が終わってから、眠りに就くまでの時間が彼には耐え難いようでした。
 仕事を終えてからの、「何もない」時間が彼には苦痛だったようであり、その時間に大量飲酒をしているわけです。彼が「何か」から逃げているのだということは容易に察しがつくのですが、彼はそれを話してはくれませんでした。恐らく、過去の犯罪に関係があるのではないかと私は推測しております。殺めてしまった相手のことを思い出すのかもしれません。
 私は一度、彼に「苦しめていることから目を背けない方がいいのではないか」と提案したことがあります。彼の抱える不安や罪悪感に取り組んでみてはという提案だったのです。彼は「そんな辛いことはしたくないねん」と即答しました。彼にとっては、それを見てしまうことよりも、酒を飲んで意識を朦朧とさせる方がより安全だと感じられていたのだと思います。それを見ることは、彼には相当辛いことだったのでしょうし、それを見るだけの強さが彼にはなかったのだろうと私は捉えております。彼は給料のほとんどを酒代に費やしており、死ぬまで酒を浴び続けるかもしれません。人間の弱さとは、まさにこういうものだと私は信じているのです(注5)。

(11-6)クライアントは弱い人か
 ここまで、私は人間の抱える弱さを見てきました。それは人間らしい弱さであり、その人が人間であるからこそ、そのような弱さも抱えてしまうのだということを見てきました。ここで本題に戻って、それでは「クライアントは本当に弱い人間なのだろうか」という問いを取り上げることにします。
 カウンセリングを受けるクライアントのすべてが、自分自身に向き合えるとは限りませんし、カウンセリングの場においても、否認やごまかし、責任転換してしまうクライアントもおられます。
 しかし、クライアントがカウンセリングを受けるという決断をした時点で、その人はもはやそれを自分自身の問題として捉えざるを得なくなっているのだと思います。そして、それが自分の問題であり、自分自身に取り組まなければいけないと自覚されている方が、実際にカウンセリングに訪れるのだと私は捉えております。その人は、この先も否認、ごまかし、責任転換しても構わないのです。しかし、少なくとも、カウンセリングを受ける時点においては、その人はそれを自分自身の問題として抱えようとされているのだと思います。従って、それは「弱さ」を克服し始めていることであると私には思われるのです。
 従って、結論はこうです。カウンセリングを受けるクライアントは弱い人ではない、ということです。弱さを抱えていますが、その弱さを一部克服しようとされている人なのだと言うこともできるかと思います。この意味で、カウンセリングのような作業や場面を避ける人の方が、受ける人に比べて、はるかに弱い人たちなのです。

(11―7)注と補足
(注1)ゲーム、携帯電話、パソコン、あるいはテレビや映画などもそうですし、エステであるとかダイエットなどもそうですが、私たちの周りには自分自身と向き合わないことに役立つ道具であふれていると私は捉えています。もし、これをお読みになられている方で商品開発に携わっている方がおられるとしたら、是非とも、利用者が自分自身と向き合わないで過ごせるような商品を開発されるといいでしょう。利用者が常に外側のことにばかり目を向けてしまうような品物はヒットすること間違いなしと私は捉えております。

(注2)人は自分自身にとって苦しいことには目を背けてしまうものです。精神分析はまさにこの観点から出発したものです。そうして目を背けてしまって(抑圧して)いる事柄が当人を苦しめているのであって、その治療法は「それを見る」という形を取るのです。「無意識を意識化する」というのは、そういうことでもあります。

(注3)これは一つの否認であり、彼の抵抗でもありました。恐らく、彼は自分自身が以前よりも悪くなっているのではという危機感を覚えておられたのだと思います。その危機感に対して「今はたまたま具合が悪いだけだ」という説明を自身に信じ込ませようとしているのです。

(注4)「時間が問題を解決してくれる」という考え方をする人は見かけますが、「時間がその問題を形成した」と語る人を私は見たことがありません。風邪ということを一つの問題として捉えましょう。風邪を形成するのはウイルスの感染と抵抗力の衰弱によってであります。風邪が解決するのは抵抗力が復活して、ウイルスを退治してくれるからであります。この説明は「問題形成」と「問題解決」に一貫性が認められます。しかし、上記のような場合においてはこのような一貫性を私は認められないのです。つまり、その問題は「時間が形成した」のだから、「時間が解決してくれる」という一貫性が感じられないのです。「時間が解決してくれる」と語る人は、しばしば、時間以外の事柄がそれの形成に一役かっていることを知っているのです。従って、こういう観点からしても「時間が解決してくれる」ということは正しくないと私は捉えております。

(注5)前科者の彼が決してお酒を楽しんでいないということは明記しておく必要があります。浴びるように飲酒することは、彼自身にとって苦しいことでもあったはずであります。しかし、自分の不安や罪に向き合うことより、それはましだったのだろうと思います。より大きな苦痛を避ける代わりに、より小さい苦痛を甘受するというのは「神経症」的な人によく見られる構図です。苦痛は伴うかもしれませんが、その両方から解放される道があるのだということが、彼には信じられないのでした。

(文責:寺戸順司)