<テーマ8>DV「被害者」とのカウンセリング

<テーマ8> DV「被害者」とのカウンセリング

(8-1)「被害者」とのカウンセリングでの私の反省点
(8-2)どこでズレが生じるのか
(8-3)事例1:どう付き合ったらいいですか
(8-4)事例1続き:いい人に変えてほしい
(8-5)事例2:まっとうな人間にしてほしい
(8-6)事例2続き:相手をおとなしくさせたい


(8―1)「被害者」とのカウンセリングでの私の反省点
 私のカウンセリングを受けに来たDV「被害者」のうち、その6割が継続しなかったり、十分な改善が見られる以前にカウンセリングから離れてしまったということを、私は前項で述べました。
 上手く行かなかったケースにおいて、私自身に拙かった点があるということを私は正直に認めるのであります。いくつかの要因があるのですが、中でも大きかったのは、私自身が暴力から目を背けてしまったということにあります。私は暴力がすごく恐ろしいのです。目の前のクライアントが配偶者からボコボコに殴られるというような話を聴いていると、私自身が痛みを感じるように体験されてしまうのです。中には痣を作って来られる方もありました。それを見るのはなんとも痛ましい限りなのです。
 私が暴力を回避しようとしてしまうために、クライアントは充分受け止めてもらったとか理解してもらえたという体験をせずに終えられたのだろうと思います。あるいは、私がその部分を避けるので、何か見当違いの介入をしていたという場合もあったでしょう。いや、実際にあるのです。自分でもそれが分かっていて、そうしてしまっているということに気づいているのです。
 私が暴力的な話が苦手なのは、どうしてもそこに痛みを覚えてしまうからです。そして、苦しくなってしまうのです。苦しくなるから、そこから目を背けてしまうのです。最初から背けるということはない、できるだけ私も耐える、忍耐の限界が来ると、どうしてもそこを避けてしまっている自分に気づく。こうして、私とクライアントとの間にズレが生じ、ズレが生じたカウンセリングはどうしても上手く進展していかないのです。これが私の反省すべき点なのです。

(8-2)どこでズレが生じるのか
 しかしながら、私は私で反省し、それを克服していくことを目指すとして、やはりクライアント側にある要因にも目を向ける必要があると考えます。以下、クライアント側に焦点を当てて、考察することにします。
 先述したように、上手くいかなかったケースでは、常にクライアントと私との間でズレが生じてしまっているのです。まったくズレが生じない面接というものはないのですが、この場合、クライアントにとって肝心な部分でズレが生じてしまっているために、問題となってしまうのです。
 ところで、このズレには、私が暴力から目を背けてしまったがために生じたズレもあれば、クライアントが焦点を当てている部分と私が着眼している部分との間に生じるズレもあります。後者のズレに関して、以下、二つの事例を挙げたいと思います。
 私がカウンセリングの場でお会いした「被害者」はしばしば、「彼とどう付き合ったらいいか教えて欲しい」とか「彼をまっとうな人間にするためにはどうすればいいでしょうか」といったことを訴えるのです。これをカウンセリングの主訴、動機とされるのです。
 これは方法を求めているということになります。その方法を私が仮に伝えたとしても、恐らくこの面接はそれだけで終わることでしょう。因みに、こういう質問を受けて、私が答えることは「私には分かりません」というものです。
 クライアントの質問に対して、「分かりません」と答えるのですが、それはそう答える以外にないからなのです。「どう付き合ったらいいか教えて欲しい」という質問は、そういう質問が出てくるということ自体、既に相手との関係において何か良くないことが生じているということの証拠です。どういう種類の良くないことが起きているのか、そしてクライアントと相手との間にどのような関係の歴史があるのか、更にクライアントがどうなることを望んでいるのかを知らずに、これに答えることはできないでしょう。
 もう一つの「彼をまっとうな人間にするには」という質問は、さらに答えることのできない種類のものです。その「彼」はこの場にいない人です。この場に居ない人を変える方法を教えて欲しいと言うわけですから、それは無理があるというものです。そもそも、彼をまっとうな人間にすると言っても、それは誰にとってまっとうであると映る必要があるのかを取り上げなければならないでしょう。
 しかしながら、このような問い自体はそれほど意味がないものです。意味がないと言うとクライアントには失礼かもしれません。クライアントは真剣にそういう問いをされるのです。でも、私はクライアントがそのような方法を求めたくなっている気持ちの方に関心が向いてしまうのです。クライアントは逆にそこを隠そうとされることが多いのです。ここにズレが生じていることがよく起きるのです。

(8-3)事例1:どう付き合ったらいいですか
 さて、事例を取り上げてみましょう。
 ある女性クライアントは「暴言を吐くと彼どんなふうにして付き合ったらいいのか分からない」という訴えを携えて来室されました。
 彼女の話では、他所でもそのことで相談機関を何軒か回ったそうでした。でも、思うような答えが得られなかったのでした。私がお会いした時点で、かなりの相談機関を転々としてこられていました。
 案の定と言うべきでしょうか、彼女は、やはり、私とのカウンセリングにおいても思うような解答が得られなかったということで、一回きりで私からも離れていかれました。
 精神科医やカウンセラーを転々としてきている人は、私の印象では、かなり状態が悪いと言えるのです。私は彼女もそうである可能性が高いと思っていました。
彼女が求める答えというのは、彼が「病気」であるかどうかということに尽きるのでした。彼は彼女に暴力や暴言を振るうのです。彼がそういうことをするのは、彼が病気だからだという説明を誰かにしてもらう必要が彼女にはあったのでしょう。そういう説明を聴くまでは絶対に諦めないという態度でした。しかし、会ったことのない人に対して「病気」であるとかいう「診断」はできないものです。そこで、多くの臨床家は答えられずにいたのでしょう。彼女は自分の決めた解答と同じものを与えてくれる臨床家を探し続けることになるのでしょう。
 面接では、私は彼女の訴えに沿うように努めました。まず、「彼とはどのように付き合っているのですか」ということを尋ねます。すると、彼女は彼がどういう人間であるかを話し始めるのです。彼がいつ、どんな状況で、彼女にどういうことを言ったとか、ある時はどんなふうに彼女のことを無視してきたかといった話が連続するのです。
 私の問いかけは、関係を尋ねたものでしたが、彼女は彼のことしか話さなかったのです。私の問いかけがうまく理解できなかったのかもしれませんし、彼女が無意識的にそこを避けているのかもしれません。どちらも起こり得るでしょう。しかし、彼女が彼のことに話を集中すればするほど、彼女は自分がどんなことを体験しているかを見る余裕を失うのでした。
 私は自分の失敗を認めるのに躊躇しません。私はここで失敗をしているのです。彼女が自分自身を語ること、それを手伝うことに私は失敗しているのです。そして、恐らく、私以前に彼女が会った専門家たちも同じような目に遭った可能性もあるでしょう。
 私の見立てでは、彼女は自分自身に目を向けるだけの成熟を達成していないという感じを受けています。もしくは、抱えていることの困難さのために目を向ける気力や余裕がないという可能性もあるでしょう。しかしながら、前者の方がより大きな要因として働いていると私は捉えていました。
 それでも、彼女の話によれば、私の説明は他のカウンセラーの説明よりかは「腑に落ちた」と語られました。それはそれで結構なのですが、私としては「これで良かったのだろうか」という思いがどこかに残っているのです。何か、彼女にとって大事なことが取り上げられていないのではないかという気がしてなりませんでした。
 そこで、面接の最後に、「あなた自身のことについても、今後、話し合っていきませんか」と誘いかけたのです。彼女は「それもいいことだと思います。だけど、今しばらくは自分で何とかやっていきたい」と答えられたのです。結局、この一回きりで彼女とのカウンセリングは終わってしまったのです。
 彼女はあくまでも「暴言を吐く彼との付き合い方」について、その方法を求めていたのです。その姿勢を頑として譲りませんでした。そういう頑固さが彼女からは感じられていました。それ以外の事柄は、触れられると嫌な思いを体験してしまうのかもしれません。そして、自分自身に話が触れないように、彼女は頑ななほど、その「方法」という側面にこだわり続けていたのでした。
 少しだけ余談を付加すると、彼女がそのような態度を崩さないのは、臨床家がそれ以外の事柄に触れると、彼女自身が大きく動揺してしまうからだろうと思いました。もし、自分で制御できないほどの動揺をこの場で体験するとなれば、彼女はかなり危険な状態にあるはずなのです。つまり、それだけ自我境界が破損しているということが言えるからです。そういう所が私には見えていたので、彼女が一回きりでカウンセリングから離れていくことに対して、危惧する思いが私に生じていたのです。

(8―4)事例1続き:いい人に変えてほしい
 この女性のような例は決して珍しいものではありません。DV「被害者」が援助を求める時に、自分が苦しいから助けて欲しいというように訴えないことも、案外多いのです。そして、代わりに「どう接したらいいか」とか「相手をどう変えたらいいか」という訴えをするのです。だから、そのような訴えは、本来の訴えの偽装であると言っても構わないのです。
 上記の女性も、付き合い方を変えればそれで上手くいくのだと、頑なに信じているようでした。そして、自分がどのような体験をしているかということに関しては、ほとんど語られることがありませんでした。自分の内面や感情にほとんど開かれていないという印象を受けました。そして私がそういう印象を受けた「被害者」の方も、けっこう多いのです。
 事例を続けましょう。
 私は彼女に、彼との付き合い方が変わると、何が変わるように思われるのかを尋ねてみました。彼女の答えは「彼が『いい人』になってくれる」というものでした。
続いて、私は「彼がいい人になると、あなたにどういうことをしてくれるの?」と尋ねてみました。
彼女の答えは「優しくなる」ということでした。「私に優しくしてくれる」というように答えなかった点は注目すべき部分です。彼女の話には常に彼女自身が欠けているのです。それは次に続くやり取りからも窺われるのです。
私は「誰に優しくなるの?」と尋ねます。
彼女は「いろんな人に優しくなる」と答えたのです。決して、彼女自身を出さないのです。
 なぜ、彼女が自分自身を出さないのかということに関しては、十分に理解できませんでした。一回の面接ではそこまで取り上げきれなかったのです。私の察するところでは、彼女は常にバリヤーを張り巡らす必要があるからだろうということです。常に自分の身を守っていなければならないから、話し合いの場でも自分を出すことに躊躇いや恐れが生じているのでしょう。
 その後、私は思い切って言ってみたのです。「彼との付き合い方を変えたとしても、彼が『いい人』になるとは限りませんよ。仮に『いい人』になったとしても、何年もかかってしまうかもしれませんよ」と伝えました。彼女は「それでも構わないです」と答えました。
 こういうことを伝えるのは残酷かもしれないと心のどこかで感じながら、敢えて伝えたのでしたが、それは彼女にもう少し問題の本質的な部分に触れて欲しかったからです。私は、「その時が来るまで、痛みに耐えるおつもりですか」と尋ねました。
「痛み」や「耐える」という言葉に幾分反応したようでしたが、彼女は平然と「そうします」と答えたのでした。
 彼女は大事な部分には目を向けていないのです。大事な部分というのは、彼がどういう人間であるかということではなく、彼女が彼との関係で痛みを体験し、その痛みにもはや耐えることができないということなのです。すこし誘い水をかけてみたのでしたが、彼女はあくまでも痛みについては語ろうとしませんでした。
 そもそも、彼が「いい人」になったとしても、それで彼女が愛されるようになるとは限らないのですが、彼女はそういう可能性に対しては、まったく盲目でした。恐らく、自分が助かるのであれば、別に彼から愛されなくても構わないと思われていたのかもしれません。
 でも、彼女は「彼も苦しんでいるのかな」と語ります。彼とのことでしばらく話し合いが続いた後でした。確かに「加害者」には「加害者」の抱えている苦しみがあります。しかし、彼女はそこに目を向けなくてもいいのです。カウンセリングでは、彼女は彼女自身が体験している苦しみに向き合えばいいのです。ところが、彼女は「彼が苦しい」ということで、自分の苦しみに目を向けるのです。こういう投影同一視をする辺りに、彼女の未成熟な部分があるように思われました。

(8―5)事例2:まっとうな人間にしてほしい
 上記の女性のクライアントに限らず、「加害者」を変えようとする「被害者」は少なからず見受けられるものです。もう一人のクライアントの事例を掲げます。
 この女性クライアントは、「夫をまっとうな人間にするために知恵を貸してほしい」と訴えました。この女性は、実は、仕事に関してはとても有能な人でした。よほどでないと就けないような職に就いていました。それだけ有能な女性なのですが、男性関係においてはいつも同じことを繰り返していたのです。彼女が交際する男性は、いつも決まって彼女に暴力や暴言を振るうのでした。
「どうしてあなたが彼をまっとうな人間にしてあげなければならないのでしょうか」と私は尋ねます。彼女は「私がしんどいからです」という答えをされました。自分のしんどさに気づいており、言語化できる分、先ほどの女性よりかは成熟度が高いようです。
 私は、「じゃあ、彼をどうこうする前に、あなた自身のしんどさがなんとかなる必要があるのではないでしょうか」と振ってみました、でも、彼女は「いえ、彼がまっとうな人間になることが先決なのです」と答えられたのです。
 夫をまっとうな人間にするということが、彼女にとっては切羽詰った至上命令のように体験されていたのでしょう。これに関しては、彼女に畳み掛けてくる勢いがありました。
 夫との関係で起きたことを、私は彼女から聴いていきました。それは壮絶なもので、容赦なく浴びせる暴言と、手加減のない暴力の連続でした。それでも彼女は夫と別れるのではなく、夫を「改善」する方を望んでいるのです。
 彼女は夫の「治療者」になろうとしています。そして夫の「母親」役も担おうとされています。すでに彼女は夫の「殴られ」役であり、「責任を負う」役であり、「夫の悪や不運を担う」役をしてきています。一体、彼女自身は何者だろうと、そんな不思議な思いを経験したのを私は覚えています。

(8-6)事例2続き:相手をおとなしくさせたい
 私が「被害者」に取り組んでほしいと思うのは、この部分なのです。
 彼女たちのような「被害者」は、「加害者」の「改善・矯正」を求め、専門家に押し付けているのです。しかし本当に必要なのは、彼女たち自身の「改善・回復」であり、自分自身を取り戻すことにあるのではないかと私は考えております。
「被害者」の中には、「相手がこうなったのは自分に責任がある」と信じている場合があるように思います。「こうなったのはお前のせいだ」とか「お前が怒らせるからだ」というような言葉を投げつけられ続けてきたことも関係しているかもしれません。
 私から見ると、そうした見解はまったく根拠のないことで、しばしば「加害者」の言いがかりのようなものであったり、「被害者」の思い込みのようなものだと思います。
「加害者」も「被害者」もそれ以前から内的に所有しているものをその関係上に提示します。「被害者」と出会う以前から抱えていたものを「加害者」が今の「被害者」との関係において顕在化してしまっていることもあるかもしれません。
「被害者」に原因があるとか、「加害者」が悪い、だから「治せ」という発想から抜け出る必要があるように私は感じています。
 さて、先ほどの事例の続きを述べましょう。
「夫をまっとうな人間にしたい」と訴えた彼女は、結局、怒って、お帰りになられました。案の定、一回限りの面接となってしまいました。
 私が、「そこまで夫にしなければいけないことでしょうか」と尋ねたことが決定打となりました。
 彼女は呆れたように私を見て、「わたしが夫を愛しているということがあなたには分からないのですか」と言い放ったのです。
 彼女はひどく気分を害されたようでしたが、その一言で、今度は私が仰天する番でした。彼女の言う「愛」って、一体、どういうことなんだろうと思うのです。
 一回きりで終わってしまいましたが、「彼とどう付き合ったらいいだろうと」訴えたクライアントも、「夫をまっとうな人間にしたい」と訴えたクライアントも、本当に望んでいるのは「相手をおとなしくさせたい」ということではないだろうかと思うのです。そして、「相手を自分の望むとおりの人間にしてほしい」もしくは「それを手伝ってほしい」と訴えられているようなものです。
 こうなると、本当の「加害者」はどちらだろうという気がしてきます。

(文責:寺戸順司)