ホーム > カウンセリングの過程(7)

カウンセリングの過程(7)

カウンセリングの過程(7)―INDEX

<テーマ149> 自我親和性から自我異質性へ(3)









<テーマ149>自我親和性から自我異質化へ(3)

(149―1)前項の振り返り
 カウンセリングの技法というものは、それがどの学派のものであれ、それの目指していることの一つはクライアントにとって自我親和性を有していたものが自我異質化されていくプロセスへとクライアントが入って行くことであると、私は捉えています。
 精神分析派の解釈投与であれ、ロジャース派の反射であれ、NLPのリフレーミングであれ、それらはすべてクライアントの自我異質化を推進していくものであると私は理解しています。
 自我親和性というのは、その人が有していて、その人にとっては馴染となっているルールのようなものだということを述べました。それが当人には自然なことなので、親和性を有している限り当人がそこに疑問を覚えることはないのです。
 そのように思考し、反応し、行動するということは当人にとっては自然なことであり、いわば当たり前のことなのです。周囲がいくらそこが間違っていると指摘しても、それが当人の自我に親和性を有している限り、変えようがないのです。そればかりか、そこを指摘してもその人から激しい抵抗を受けるのがオチなのです。
 そのため、当人が自らそれに気づいていくということがどうしても必要なことになるのです。周囲の援助者ができるのは、その気づきを手助けし、その人を支えるということだけであります。当人が自ら気づき、自我異質化への過程に入って行くことが望ましいのです。
 この自我異質化への過程は、その後のクライアントの変化の動機づけになると同時に、クライアントに大きな葛藤や抵抗をもたらすものでもあります。ここはクライアントにとっても一つの修羅場になるのです。
 以上は前項において論じた部分でありますが、本項では異質化に伴う抵抗ということを中心にして述べる予定をしております。

(149―2)ルール、パターンの特質
 自我親和性を帯びている事柄とは、その人にとってはいわばルールとかパターンのようなものであります。ここでルールやパターンということが有する特徴について一つ述べておこうと思います。少し脱線するかもしれませんが、本節ではそれについて述べることにします。
 まず、ルールというものは、それが法律のものであれ、校則や社則のようなものであれ、交通規則のようなものであれ、単独で存在しているものではありません。一つのルールは他のルールと関係し合って存在しているものです。これがルールというものが持つ特徴の一つであります。
 個人の内面における、個人的なルールもまた同じことなのです。次の実例を見てみましょう。
 ある男性は、上司の前では緊張してしまうというルールを有していました。その上司の前では緊張して、いつも失敗をしてしまうのです。これもまたルールです。そして、彼が失敗すると、上司から叱責されてしまうのですが、こうしたパターンを生み出しているのもまた一つのルールなのです。一方、上司からの叱責によって、彼は贖罪したかのように感じ、自分の責任から解放されるように感じるというのも、この男性のルールでした。そして、この解放感が、彼をして、物事に消極的になることを自ら許してしまっているということもまた彼の有するルールだったのです。
 このように、一人の人が有するルールには、二重三重の構造を有していることも多いのです。彼は上記のような流れが繰り返されることに対して、それが当然であるかのように体験されていたのでした。
 ここにはルールが簡単には変えられない理由の一つが見られます。一つのルールに他のルールが併存しているのです。一つのルールは不都合かもしれませんが、それに伴う他のルールは必要であるという場合もあるのです。従って、どこか一つのルールを変えるということは、その他の多くの領域の変化も要求されるのです。一つのルールがなかなか変えられないということには、こうした事情があるものなのです。
 そのようなことは社会規範や法律などにおいても頻繁に見られることなのですが、上記の男性のように、人間の心の中においても同じように該当するものであると私は考えています。
 上記の男性は、上司の前で緊張してしまうというルールを有していました。このルールは彼には意識されていました。同時に、叱責されることで自分の罪が帳消しにされたかのような解放感を覚えるというルールを有していましたが、これは彼には意識されていませんでした。苦痛を伴うルールと快を伴うルールとが併存しているわけです。一方は意識化されていて、他方は無意識でした。個人のルールにはそうしたこともあるのです。そして、ここでは一方を変えると他方を失うという関係が見られるので、彼はなかなか自分のルールを変えることができないでいたのです。
 この男性の事例に関しては、いつか機会があれば記述してみたいと思うのですが、それ以上触れないでおきます。ここではルールは他のルールと絡み合っており、一つのルールに変化が生じることは広い範囲での変化が求められるようになるということを述べました。

(149―3)異質化の体験は動揺をもたらす
 人は自分のすべてを常に意識化していることはなく、時には無反省に何かをしてしまったということも経験するかと思います。人は自分が有しているルールとかパターン、傾向とかクセのようなものに自分でもなかなか気づかないものであります。
 もし、それが自我にとって親和性を帯びていることであるならば、当人にとってはそのようにするのが自然なことであり、当たり前のことであるかのように体験されているでしょうから、特にそれを意識することさえないかもしれません。
 これは逆説的でもありますが、それらが異質化されて、自我にとって違和的になって初めて、人は自分がどういう傾向を有してきたのか、どのようなルールに従ってきたのかに気づくものです。私はそのように考えています。
 そこで、もし、ある人の心の中で、それまで親和性を有していた何かが違和的に体験されるようになったとします。恐らく、その人は自分自身に違和感を覚えることでしょう。それは混乱した気持ちであったり、行き詰った感じであったり、あるいは何かモヤモヤした感じなどとして体験されたりするでしょう。どのような体験になるかということは、人それぞれ異なるものだと私は思うのですが、何らかの違和感を覚えるような体験はするでしょう。
 そのような状態にある時、そのような体験をしている時、多かれ少なかれ、何らかの動揺をその人は体験しているものであります。だから、当人にとっては、何か苦しいこととして体験されていて、苦しい感じがしているのに、それが何だか分からないという状況に置かれてしまうのです。
 そのような体験をしている時、それが何なのか、どうしてそうなっているのかといった事柄は当人にも理解できていないことの方が多いのです。カウンセリングの過程において、クライアントがそのような体験をされることに私も頻繁に遭遇するのです。
 このような、自分の中で何かよく分からないけれど、何かおかしなことが生じているという感覚は、脆弱な人によっては、根底から揺さぶられるような体験となることもあり、非常な危機感として体験してしまう人もおられるのです。
 こうした体験は苦しみを伴うとは言え、そのクライアントの変容のプロセスがすでに始まっているということをも示しているのです。そこで私たちはその人がなぜそのような状態になったのかを、それが生じている背景を話し合うことになります。
 多くの場合、このような動揺は、クライアントの自我において何かが異質化し始め、それに代わる新しい何かがまだ生じていないか、生じていても自我に同化されていないかという状況であることが理解できるのです。従って、このような動揺、不安定感の体験というのは、一時的であることが普通なのです。
 ここで強調しておきたいことは、自分に何が生じているかを理解できるという体験は、動揺の渦中にあるクライアントをものすごく救うということです。私もそれを現実に体験したことがあるので、よく分かるのです。クライアントの内面では自分でもよく理解できない事柄が生じているのですが、それが話し合われ、少しずつ理解されていくにつれて、クライアントは再び安定を取り戻して行かれるのです。
 さて、ここまでのことを少しまとめておきます。自我親和性を有していたルールや傾向が異質性を帯びてくると、その人の中で違和感が生じ、それは時に激しい動揺をもたらしてしまうこともあります。そのような違和感や動揺は、当人が自分に何が生じているのかを理解できるに従って解消されていくものなのです。肝心なことは、変容の過程にはそのような苦しい段階を経験することもあるということであり、それは次の段階に進めば必ず消失していくものなのです。

(149―4)抵抗は人間的な過程である
 自我にとって親和性を帯びていたルールが異質化されていく時、当人には動揺がもたらされる場合もあり、時には苦しい体験となることもあるということを述べました。さらに加えて、(149―2)で述べたように、ルールというものは他のルールと絡み合って存在しているものなので、この苦しさはその人の心の広い領域において体験されてしまうことにもなるのです。
 そのため、人によってはこうした自身の変化に抵抗したい気持ちが生じてしまうのです。そのことも理解できないことではありません。この苦しい状態から少しでも早く抜け出したいという感情が生じてしまうとしても、無理なことではないのです。その人は、親和的だった傾向にしがみつきたくなるのです。これは既に<テーマ148>にて述べた見解ですが、少し振り返っておきます。
 たとえそれが異質性を帯びてきているとしても、以前の馴染のあるルールやパターンはそれまで当人に安定感をもたらしてきたものでもあります。上記のような状態にある時、新しい傾向を創造し自我に同化していくことよりも、以前の安全だった傾向を取り戻したいと望んでしまうこともあるのです。それがもはや古くなり、違和感をもたらし、現実に適合しなくなっていても、そちらの方が安全であり、安心できるように当人には感じられてくるのです。未だ生まれていないものに信頼を置くよりも、不都合をもたらすけれども確実に在ったものの方を当てにしたくなるのです。こうして、人は変化に対して抵抗してしまうのです。
 私はこうした抵抗はとても人間味があると感じるのです。新たに変容していくにしても、やはり新しいものに対する恐れがあるのです。その恐れに耐えられないと感じたり、一時的にでも以前のものに逃避したいと感じたりするのは、ある意味では人間らしいことではないかと私は思うのです。
 常にこうした抵抗があるとは言えませんし、その抵抗の程度も人によってさまざまであります。異質化されるものがその人にとって大きな部分を占めていればいるほど、変化していくことが耐え難い体験と感じられるものだと思います。
 また、変化を恐れる傾向が強い人ほど、こうした変化が脅威として体験されていることも多いのです。いずれにしても、こうした体験は、その人の心が次の段階に進むまで続くものであり、次の段階に差し掛かると消失することも多いものであります。従って、クライアントはその一時的な不安定感や動揺を耐えることが望ましく、カウンセラーもまたそのように耐えるクライアントをサポートしていく必要があるのです。両者にとって、とても難しい局面を迎えることになるのです。
 次節において、私は変化に対して激しく抵抗を示した男性クライアントの例を提示しようと思います。

(149―5)変化への抵抗を示した一事例
 ある男性はこれまでの自分の考え方や物の見方に対して、それが一面的で自分に都合がよくなるように歪めてしまっていたということに、カウンセリングを重ねるうちに、気付き始めました。彼はそうした自分の傾向に対して、今では疑問を覚えています。この傾向のために、彼は同僚たちと仲間になれず、彼らと摩擦を起こし、孤立した生活を余儀なく送ってきたのでした。
 彼は自分が人から好かれないのは、この考え方、この歪んだ物の見方と関係があるということに気付き始めています。彼はここで選択を迫られているのです。つまり、新しい考え方や物の見方を身につけていって仲間の中で生きていくか、それとも、以前のものを固持してそれまでの生き方を続けていくかという選択です。前者は新しいものが創造され、定着するまで、不安定感や動揺を彼にもたらす可能性があります。後者はかつて安定をもたらしていたものであるけれど、彼の望んでいるものの多くを犠牲にしなければならないのです。どちらもリスクがあるわけです。
 上記のような私の説明を聴くと、彼はそれはよく分かると答えました。そして、もし新しい何かを受け入れていくことになれば、自分のこれまでの生が否定されてしまうようで、それが怖いと彼は打ち明けたのでした。
 私の説明不足もあったかもしれませんが、彼はこれまでの彼の生が間違っていると指摘されたかのように体験されたようでした。そもそもここにはどこにも否定の要素は存在しないということに注目してほしいのです。彼のこれまでの生が否定されているわけではないのです。ただ、それが望ましくないことをもたらしてきたこと、今ではそれが古いものになりつつあるということ、もっと違った傾向がこれから生まれてくるだろうということなのです。本当はただそれだけなのです。
 彼は、結局、以前のものにしがみつきました。彼には人間関係から疎外され、孤立した過去に苦しんでいました。今でもそれで苦しんでいたのです。その状況に対して、彼の考え方や認知が深く関係しているという事実は彼にとっては受け入れがたいことであったかもしれません。このカウンセリングで彼は自分が責められていると感じたかもしれないし、自分がひどく悪い人間であるかのように体験していたかもしれません。でも、もし彼が人間関係の中で生きることができれば、誰も彼を責めないということ、人は彼を悪い人間だと思わないということ、彼の過去に何があっても誰もそれに文句をつけないこと、過去における過ちがどれだけあったとしてもそれが許してもらえているという体験ができたであろうと思います。でも、彼はその方向に進むことをあくまでも拒絶したのです。
 彼は述べるのです。それでは過去のあの辛かった体験になんの意味があったのだと。孤立して、孤独だった日々は何だったのかと。彼は私にその問いを突き付けてきます。彼は苦悩してきた日々になんらかの意味づけをしたいのでした。それが無意味であったとは、あるいはそれが間違っていたとは、彼はそのようには認めたくないのです。
ところが、人は変化して初めて過去の体験に意味が見いだせるものなのです。ここはよく誤解されている部分であります。実際、彼がその生を続けている間は、彼は過去の意味なんて見出せていなかったのです。そこを通過して初めて過去の意味が見えるものであり、それを続けている間は見えないものなのです。ちょうど家の中に居る人は、自分がどんな家に居るのかは見えなくて、外に出てみて初めて、自分が居た家を見ることができるように。それと同じことなのです。
もう少し踏み込んで述べるなら、彼はその過去を失いたくないだけなのです。望ましい将来を犠牲にしてまで、その過去を保持しておきたかったのです。なぜ、彼がそこまで自分の過去に固執する必要があったのかということは、彼のもう一つのルールと関係があるのですが、あまり深入りしないでおきます。
 以上、変化に対して抵抗を示した例を提示しました。抵抗が生じるのは、それが辛い体験であるからです。彼の中では明らかに過去のことや彼の認知の一部が自我異質化の過程に入っていました。彼は自分の何かが間違っていたということが見え始めていました。それは彼には耐えがたい苦痛として体験されていました。変化の過程は既に始まっていたのでしたが、彼はそれに耐えられなかったのです。
 変化の過程が始まれば、もっとその流れに身を委ねることができればいいと私はよく思うのです。自然の流れに任せればいいのです。そうすれば何かが自然に生み出されてくることがあるのです。

(文責:寺戸順司)






以下、制作中