ホーム > その他(3)

その他(3)

その他(3)―INDEX

<テーマ121> 思考のプラスとマイナス

<テーマ122> プラス思考志向が導くもの






<テーマ121> 思考のプラスとマイナス

(121―1)プラス思考したがる人たち
 一部のクライアントたちは、自分はプラス思考をしなければいけないと信じているようです。また、認知療法や論理療法、果てはストア派の哲学をプラス思考をすることだと捉えている方々もおられるようです。私から見ると、それはまったくの間違いなのです。
 私自身、プラス思考というものがよく分かっていないので、それを口にする人に対しては「あなたの言うプラス思考とはどういうことですか」と尋ねることにしています。私が受け取った答えをまとめてみると、大体、プラス思考とは次のような思考を指すらしいです。
「プラス思考とは、積極的で、前向きで、楽観的な思考」ということになるようです。もちろん、正しい定義からはズレているかもしれません。
 一方、マイナス思考というのは、上記の言葉をすべて正反対の言葉に置き換えたものとなるのでしょう。それはつまり、「マイナス思考とは、消極的で、後ろ向きで、悲観的な思考」ということになるのでしょう。
 でも、それは本当なのでしょうか。定義上の問題はさておいても、プラス思考をすることが果たしてそれほど望ましいものなのでしょうか。私には疑問なのであります。

(121―2)プラス思考志向の友人
 私の昔の知人でしたが、「自分は常にプラス思考をするようにしている」と豪語されていた人がありました。プラス思考という言葉を耳にする度に、私は彼のことを思い出します。
 その彼ですが、自らプラス思考をしていると断言しているわけですけれども、私から見ると、単に能天気なだけで、人生の中で起こりうる可能性がある様々な否定的側面から目を背けようとしているようにしか映りませんでした。詰まる所、都合の良くないことは否認したいというのが、彼の言うプラス思考になるのでしょう。
 それで彼の生活はどうなっていたかです。確かに平和に生きていたようでした。むしろ安楽に生きていたと言った方が正しいかもしれません。ただし、人間として深みに欠ける人でした。彼の周囲の人たちは、彼のことを、単に面白い人間としてしか見ていませんでした。面白いというだけの価値しかないのです。そして、悲しいことに、彼のことを信頼のおける人だとみなしている人は皆無のようでした。
 プラス思考をしたがる人というのは、この友人のイメージもあるせいでしょうが、どこか薄っぺらな人間だという印象をどうしても私は受けてしまうのです。

(121―3)思考にプラス・マイナスがあるのか
 ここで素朴な疑問が私に生じます。その疑問とは、果たして、人間の思考にプラスとかマイナスとかいう区別があるのだろうかということです。
誰がそういう判断を下しているのでしょうか。どこかにこれはプラスに該当するとかマイナスに数え入れるべきとかいうような、客観的な判断基準というものがあるのでしょうか。判断する人は、そういう客観的な判断基準と自分の思考とを照合した上で、これはプラスだとかマイナスだとか述べているのでしょうか。
 私の見てきたところでは、どうもそうではないようです。そのような判定者はいないということです。また判断基準となるようなリストも存在しないようです。
このリストとは、例えばこのような状況で、このような立場に立たされた時には、こういう思考様式はプラスと見做しうるとして、リストが挙げられているとか、この場合、マイナス思考はしかじかのものであるとリストにされているとかいう類のものです。私の狭い経験では、このようなリストを私は見たことがないのです。
 つまりは、自分の思考がプラスかマイナスかということは、他でもないその人自身が判断していることがほとんどのようです。実際、そのことを指摘してみますと、確かに自分でそう判断していると認識されている方も少なくありませんでした。
 判定者はその人自身なのであります。そして、その人は、その時、その場面において、マイナス思考してしまっているということが、自分の「心の問題」の原因だと捉えておられるようなのであります。果たして、この考えは正しいのでしょうか。このことは後に再び取り上げることにします。

(121―4)思考を思考する無限地獄
 私にはさらにここで次のような疑問を覚えます。それは「プラス思考をしていると判断しているその思考自体はプラス思考になるのだろうか」というものです。
 つまり、「プラス思考をしている」ということを思考しているその思考そのものを今度はプラスかマイナスかを判定しなくてはならなくなるのではないかということです。言い換えると、「プラス思考をしなくてはという思考はプラス思考か」ということになります。
 こういう考え方をすると、常にその思考がプラスであるかマイナスであるかを判定しなければならなくなるという、永遠に尽きることのない思考の渦にはまり込まざるを得なくなるのです。
 ある人が「プラス思考をしなくては」と思考します。その「プラス思考をしなくてはと思考している」思考をプラスかマイナスか判定しなくてはならなくなります。そして「プラス思考しなくてはと思考していると思考している」その思考がプラスかマイナスかを判定しなければならなくなります。これが延々に続くことになるのです。「プラス思考をしなくてはと思考している思考はプラス思考であるかと思考している思考はプラス思考であるかと思考している思考はプラス思考であるかと思考している・・・・・思考はプラス思考か?」ということになっていき、これはどこにも辿り着くことのない思考なのです。
 頭が混乱された方のために違った例を挙げましょう。私も頭が混乱してきました。例えば、ある製品の良否をチェックする機関Aがあるとします。しかし、その製品が本当に良い品であるかどうかもっと確証しようとすれば、そのチェック機関Aをチェックする機関Bが必要になります。しかし、これでも結論が出るとは言えないのです。例えば機関Aと機関Bが裏で癒着しているなどということもあり得るからです。そこでチェック機関Bをチェックするチェック機関Cが必要となります。こうして、製品をチェックする機関Aをチェックする機関Bをチェックする機関Cをチェックする機関Dをチェックする機関Eをチェックする・・・・・という具合になるということです。
 従って、このようなやり方はどこまでいっても結論がでない方法なのです。
 実は、こういうことはサルトルが既に述べていることなのです。人間が自己反省する時は常にこのような無限に続く思考に陥る危険があるのです。
 人間が単独で自己分析することの限界もこの点にあると私は考えております。しばしばどこにも辿り着けない思考に私たちは陥ることがあり得るのです。
 プラス思考で生きようとする場合にも、この危険性はあるということなのです。

(121―5)無限地獄からどうやって抜け出るか
 このような無限に続いて、どこにも辿り着けない思考から、人はどのようにして抜け出すべきでしょうか。
 再び製品をチェックするという例で考えましょう。先述の例ではチェックが無限に続くことになります。いささか強迫症的なやり方でした。
 このやり方に陥らない一つの方法は、同じ製品を機関Aも機関Bもチェックするということです。さらにその同じ製品を機関Cや機関Dもチェックするのです。同じ製品を様々な観点からチェックするわけです。こうすればその製品が本当に良い品であるかを、より適切に判断できるのです。
 先日訪れたあるクライアントに、カウンセリングを受けてみていかがでしたかと尋ねたところ、その人は「いろんな角度から自分を眺めたような気がする」と答えられました。私はそれでいいのですと応答しました。その思考がプラスかマイナスかをチェックするよりかは、多面的に見ることの方がはるかに望ましいものが得られるからであります。

(121―6)心の葛藤
 さて、別の角度からプラス思考問題を考えてみることにします。あるクライアントは「もっとプラス思考しなくて」と語ります。その時、否定されているのは、自分のマイナス思考なのでしょうか、それともプラス思考できない自分自身なのでしょうか。その辺りは当人自身にもはっきりしていないようです。
 さらに次の点も考慮しなければならないことです。その人が「自分はもっとプラス思考をするべきだ」と主張される時、その人は自分の中のマイナス(と当人に見做されているもの)と格闘しているということです。この格闘について述べていきます。
 クライアントはまずこの格闘に敗北されるのです。そして、プラス思考ができなかったということで自分を責めるのです。プラス思考ができなかったがために、その人はプラス思考をもっとしていかなければと思うわけです。
そこで、この格闘に勝利することがどういうことであるかということを考えなければなりません。クライアントは敗北は経験しているけれども、それに勝つということ、つまりマイナス思考を退けてプラス思考を達成したということは体験されていないのです。でも、実はこの勝利は誰も経験することができない類のものなのです。
 まず、押さえておかなければならないのは、この勝利というのは、私たちが競走で勝ったとか、テストの点で勝ったという時に体験されるものとはかなり質が異なるということです。なぜ異なるかと言えば、そこに競争相手がいないからです。先述したように、マイナス思考をしていると見做しているのも当人自身であり、プラスかマイナスかを判定しているのも当人自身であり、プラス思考と見做しているものを実現しようとしているのも当人自身であるからです。現実の勝負事のように相手が存在している勝負ではないのです。その人の内面において、内的に交わされている格闘なのです。そして、内的な葛藤というものは、そういう相手のいる勝負事のような形で勝利を体験することはないものです。
 マイナス思考をしてしまう自分を変えて、もっとプラス思考をしなければいけないという、この内的葛藤に勝つということは、プラス思考そのものが消失することなのです。
マイナス思考をしていた人が、もっとプラス思考になろうとして努力します。もちろん架空の例です。そこでそれが達成されたとします。するとその人にどういうことが起きると思われるでしょうか。
プラス思考を達成したとなれば、もはや自分がプラスかマイナスかを判定する必要がなくなるのではないでしょうか、なぜならその人は既にプラスを達成したわけであるからです。判定する必要がなくなるということは、その人の中にプラス思考とかマイナス思考とかいう概念そのものが消失することにならないでしょうか。
 例を変えて考えてみましょう。もっと背が高かったら良かったのにと思うのは、背が低い人です。でも、低かったその人が成長して背が伸びていくに従って、「もっと背が高かったらいいのに」という観念はその人からなくなっていくものです。それと同じことなのです。

(121―7)逆説
 従って、ここに一つの逆説が生じているということになります。それは、「プラス思考をしなければ」と考えているうちは決してプラス思考を実現することができていないという逆説です。
 視点を変えて同じことを述べるなら、人が「プラス思考しなければ」ということに囚われなくなった時には、その人は「プラス思考」を実現しているということです。
 背が高かったらいいのにと願う人は背の低い人であると先述しました。身長160センチの人は身長が170センチあったらいいのにと願うでしょう。でも、その人の背が伸びて身長170センチを達成すれば、身長が170センチあったらいいのにというかつての願いは消失しているでしょう。
 それと同じことです。私はそう捉えております。だから、プラス思考というものが仮にあるとしても、私たちは誰もそれを獲得したという体験をできないのです。獲得した時には、それは消失しているのです。

(121―8)本項の要点
 プラス思考についてはまだ述べたい事柄があるのですが、分量が多くなりそうなので、次項へと引き継ぐことにして、本項は一旦ここで閉じることにします。そこで、本項の要点を繰り返しておきます。
 まず、プラス思考、マイナス思考というものがどういうことを指すのかを述べました。定義をしてみました。そして、この思考は、内的な葛藤を引き起こす類の思考となるということに話を進めました。
 最後に、プラス思考を達成するということは、プラス思考という観念が消失することだという逆説に到達しました。従って、誰もそれを達成したという体験をしないのです。

(文責:寺戸順司)





<テーマ122> プラス思考志向が導くもの

(122―1)マイナス思考への注目
 私はプラス思考というものをよく理解していません。よく理解していない上でこういうことを綴っていっているのです。もしかすればプラス思考に関して、正しい理解をしておらず、正しい用い方をしていないかもしれません。その点はご容赦願いたいと思います。
 ある人が失敗を恐れて行動を起こすことができないという時、その失敗を恐れるという思考は、恐らくマイナス思考に分類されるのでしょう。実際、マイナス思考ということをそのような意味合いのものとして述べられたクライアントもおられました。
 今度はマイナス思考の方にも注目していくことにします。マイナス思考というものは、それほど忌避され、切り離されなければならない思考なのでしょうか。

(122―2)異性と会話できないと訴える男性の例
 ある男性クライアントは女性と会話することができないと訴えます。彼は女性たちから嫌われたり、変な人と思われたりすることに耐えられないのです。そして、その不安は彼には容易に実現しそうな感じがしているのでした。彼は自分のそのような思考をマイナスと捉え、もっと自分の考えをプラスにしていって、行動を起こせたらいいのにと語りました。
 ところで、この男性の思考は、それほどマイナスなのでしょうか。それほど排斥しなければならない思考なのでしょうか。彼は若い男性でした。異性が気になり始めているのです。遅ればせながら、彼は多くの人が思春期に通過する問題に差し掛かっているのです。こういう時期に、異性から嫌われたり、変な人間だと思われたりするのはとても耐えられないと感じるもので、それ自体がおかしいなどと言うつもりは私にはありません。私たちは皆その段階を経験しているものではないでしょうか。私にも経験があります。だから、私から見ると、彼の困難は人間なら誰もが多かれ少なかれ経験することの範囲内にあるものであり、思考様式の問題ではないのだと私は捉えていました。
 プラス思考とかマイナス思考とかいう概念を持ち出すと、多くの物事が見えなくなるものです。彼の話を根気よく聴いていくと、彼が女性と会話できないのは、嫌われたり、変人と見られたりするのが怖いというだけではないようでした。彼が感じている困難のより本質的な部分は、女性と親密な関係になってしまうというところにあったのです。親密になった時に、自分が自分でなくなってしまうのではないだろうかという恐怖感に襲われているということが、後々見えてくるようになったのです。
 彼は一方では女性ともっと付き合いたいと願っています。同時に、親密になってしまったとしたら、自分はどうしていいか分からないと恐れていたのです。カウンセリングに訪れた時、彼にはこちらの恐れの方はまるで意識されていませんでした。彼はその恐れを意識する代わりに、プラス思考できないでマイナスの思考をしてしまうということを持ち出していたのです。これは彼をして、問題の本質を見えなくさせ、取り組むべき問題をすり替えさせていたのです。

(122―3)成功してしまうことへの恐れ
 この男性のような例を読まれると、人によっては「本当かな?」と懐疑的になられるかもしれません。私の見解では、あることに失敗するのではないかという恐怖感と、その同じことに成功してしまうのではないかという恐怖感とが一体になっていることも多いものです。
 私が最近体験した同種の例は、宝くじでした。宝くじを当てようと思って購入したのですが、それが外れて、落胆すると同時に、どこかホッとした気持ちも体験しました。その時、私は「宝くじが当たったらいいな」と期待しているのと同時に「宝くじが当たったらどうしよう」という不安も抱いていたのを改めて実感したのです。
 もう一つ例を挙げましょう。恋人から捨てられるのではないかと恐れている女性がいるとします。この女性が根拠もなく「私は恋人から捨てられる」と考えているとすれば、それはマイナス思考ということになるのでしょう。でも、この場合も、その思考がマイナスであるとかいうことは、ほとんど重要ではないのです。
 恋人から捨てられるという恐れを抱いている女性がもっとも苦しむのは、その恋人と一緒にいる時であることが多いのです。彼女が一人で過ごしている時よりも、恋人と一緒に居る時の方がはるかに強い恐怖を体験しているものです。この女性はいわば、成功している時(恋人と一緒にいる時)にこそ失敗の恐怖(恋人から捨てられる)を体験しているのです。
 そして、より親密になればなるほど、捨てられるということに対する恐怖感も大きくなるのです。こうなると、親密になるということ(成功すること)は大きな恐れへと発展していくのです。
 ここに述べた女性は私の創造でありますが、現実にこのような女性とお会いしたことがあります。彼女は恋人と一緒に居る時ほど、一層恋人にしがみつかなければならなくなっていました。一人で居る時は、恐れというよりも不安に近い感情のようでした。しかし、恋人と一緒の時は、明らかに恐怖に近い感情を体験されていたのです。

(122―4)プラス・マイナス評価は自己欺瞞を生む
 このような例を持ち出したのは、人間の思考をプラスとマイナスに分けることが、果たして適切な問いとなるのだろうかということを示したいからです。
「失敗したらどうしよう」と思い悩むのは、ある人たちにとってはマイナス思考とみなされるものです。逆に「大丈夫、きっと成功する」と考えることは、彼らにすれば、プラス思考ということになるでしょう。
 しかし、恐れというものはそのどちらにも存在し得るということを先の例で示しました。失敗の恐れと成功の恐れとが一体となっている場合もあり得るのです。そのような場合において、一方をプラスと見做して理想化し、他方をマイナスと見做して切り捨てるのは、その人の抱えている現実や体験を見えなくさせてしまうのではないかと私は思うのです。
 だから、極端な言い方をしますが、プラス思考とかマイナス思考という考え方は、多くの場合、その人を自己欺瞞に陥らせるものなのです。本当に体験している事柄に対して、その人を盲目にしてしまうのです。
 もちろん、これは私の個人的な見解なので、反論される方もおられるでしょう。ただ、私の体験では、自分自身の体験していることに目を向けずに、ただ表層的な思考を捉えてマイナスをプラスに換えようと言っている人たちが多かったように私は思うのです。
 前項で述べたように、プラス思考とかマイナス思考とかいう区別をしているのは当人であり、それを判断しているのも当人自身です。これは自己欺瞞に陥る、あるいは自己撞着に陥る危険があるということも述べました。本項では、プラス思考をしなければいけないと躍起になることで、その人が本当に見なければいけない部分に蓋をしてしまっているのではないかということを述べているのです。それを例を挙げて説明してきたのです。

(122―5)より適切な思考のために
 谷川徹三『哲学案内』(講談社学術文庫)によると、人が生活上の障碍に遭遇した時に、一つの反応の仕方として考えるということがあり、考えるという時には二つの方向があるということです。一つの方向は、その困難な状況を打破するために考えるということで、これは西洋の思考様式であり、この思考が科学や政治を発展させてきたのだと言います。もう一つは、その困難な状況に対して自分の心の持ちようを変えるために考えるということで、こちらは東洋思想に特有で、私たちにも馴染みのある考え方です。
 少し余談になりますが、論理療法とか認知療法とか呼ばれる治療方法があります。私はそれらは前者の理論を基礎として有していると捉えています。つまり、自分の現状を変えるためにより適切な思考を身につけていきましょうという理論であると捉えているのです。ところが、日本人が認知療法を云々する時には、自分を状況に適合させるために適切な思考をしていきましょうと捉えている人が多いように私は思うのです。本当は、その両者の視点が持てることの方が大切であると私は考えます。
 従って、その思考がプラスかマイナスかを問うよりも、その思考が状況を変えるのに役立っているのか心の持ちようを変えるのに役立っているのかを問う方がはるかに現実的だと私は考えます。
 人の一生や生活はままならないもので、人間はいつでも必ず物事に成功するとは限らないものです。だから、どんな場合であれ、失敗した時のことを考えておくことは、むしろ有意義であり、論理的であり、現実的でさえあります。それをマイナスとして否定してしまうことは、その人をして必要な準備をさせなくしてしまうでしょう。
 また、ある人がとても否定的な感情や思考に襲われたとします。その人の状況を考慮すれば、その否定的な感情がむしろ自然な感情であるということが理解できる場合もあります。それらをマイナス思考であると言って否定し、退けるとすれば、プラス思考というのはなんと非現実的で、尚且つ、暴力的な思考なのでしょう。
 前項で、私はプラス思考をずっとしてきたと豪語した友人のことを述べました。彼が薄っぺらな人間に見えるというのは、このためです。自分の中にあるものを、マイナスとして切り捨ててきたから、彼には身につけたものが驚くほど少ないのです。

(122―6)本項終わりに
 前項と本項の二回に分けて、プラス思考ということに関して述べました。これはかつて旧サイト版に掲載した原稿に加筆したものです。基本的な見解は変わっていないのですが、これが自己欺瞞をもたらしているという点をより強調しています。つまり、プラス思考をしなければいけないというのは、間違った解決方法であり、その人を誤った方向へ導いてしまうという点を今回は重点的に述べました。プラス思考をしようというのは、常に自己理解の妨げになるものだと私は捉えています。
 最近は、あまりプラス思考云々と言う人と出会うことも少なくなりましたが、「プラス思考」をそれ以外の今流行りの言葉に置き換えても、案外同じことが言えるのではないかと私は考えています。

(文責:寺戸順司)