blog2

2020年6月12日 金曜日

6月12日:コロナ・ジェノサイド(47)~コイケ

6月12日(金):コロナ・ジェノサイド(47)~コイケ

(withコロナ?)
 もうコロナネタで書くのは面倒だから止めようと思っていたんだけれど、日々、いろんな情報が入ってくる。それも僕から見て不思議な情報が入ってくるもんだから、ついつい書いて残しておこうって気になってしまう。
 最近は、アベよりもコイケ周辺が賑やかだ。別にコイケ都知事に恨みがあるわけでもないし、むしろ何の感情もないんだけれど、なにかと言われているのでどうしても耳に入っちゃうんだな。
 コイケ都知事と言えば、あおれやこれや造語で目立っている。アラートだの、ロックダウンだの、ステイホームだの、やたらと横文字言葉が使われる。さすがカイロ大学卒だけあって、言語には堪能でいらっしゃる。
 近頃、「withコロナ」なる標語も使われている。「withコロナ」って、何やそれと思ってしまう。まるでコロナを常に身にまとって生活しなければならないみたいだ。「alongコロナ」辺りでいいのではないかと思ってしまう。

(自粛から自衛へ)
 そのコイケがこの度さらにおかしなことを言いだした。東京アラート解除に伴って「自粛から自衛へ」という標語を掲げだしたのだ。これって、おかしいと思わないだろうか。僕たちが自粛したのは、そもそも自衛のためである。そうではなかっただろうか。まあ、他の人はどうか分からないんだけれど、僕には自衛のために自粛するという意識があった。
 いや、これはきっと僕だけではないはず。都民が自粛要請に従ったのは自衛のためである。緊急事態宣言下で出勤しなければならない人たちが「できれば家に居たい」とインタビューで答えていたけれど、あれは自分を危険に晒しているという気持ちがあるからだろう。そうであるとすれば、自衛のために本当は家に居たいのだという意味になる。自粛はすべて自衛のためである。
 どうも都知事からすると自粛は他の目的のためだと思い込んでいるような気もする。とんでもない思い違いをしているのではないかと僕は思ってしまう。都民の自粛を純粋に都への協力と信じているのだろうか。もし、そう信じているとすれば、けっこうな「ジコチュー」である。
 まあ、それはさておき、「自粛から自衛へ」という標語はヘンテコな意味に僕には聞こえる。この標語を訂正するとすれば、「自粛による自衛から〇〇による自衛へ」というふうに変えなければならない。この〇〇の部分に何が入るのか僕は知らない。言っているコイケご本人も考えていないのかもしれない。

(信念なきは罪にあらず)
 しばしば、このコイケさんは自分の信念を持たないといった批判がされてきたように思う。議員時代から右についたり左についたりといったことをやってきたというようなことも言われている。僕は政治に疎いのでよく分かってないんだけれど、そういう批判は何度か読んだ覚えがある。
 時と場合によって右についたり左についたりすることは、それ自体は何も悪いことではないと僕は考えている。信念を持つことは、持たないことよりも望ましいのかもしれないけれど、信念を持たないあるいは持てないからと言ってその人が非難されてもいけない。信念を持たないことは何ら罪ではないのだ。
 信念も持っていても、状況によってはその信念に反する言動をしなければならない場合もある。それをした人がいても、僕たちはその人を責めることはできない。
 ガリレオは地球が太陽の周りをまわっていると主張した。当時の常識ではそれは間違っている見解だった。神がこの世を作ったのだから地球が中心であるはずだと信じられていたわけで、それに反する見解を主張したガリレオは反逆罪に問われることになる。激しい拷問を受けて、ガリレオは降参するのだ。「私が間違ってました。確かに地球を中心にして天体が動いてます」と、そのようなことを言わなければならなかったのだ。僕たちはガリレオを責めることができるだろうか。
 隠れキリシタンが処刑を免れるためにイエスの磔刑像を踏んだとして、その人を批判できるだろうか。
 ナチスの収容所の囚人で、ナチスに協力してしまった人たちを僕たちは批判できるだろうか。
 執拗な尋問と長時間の拘束によって精神的に苦しめられている被疑者が犯してもいない罪を自白してしまったとして、僕たちにその被疑者を悪く言う権利があるだろうか。
 今のは極端な例であるかもしれないけれど、信念を貫徹することだけに価値を置くことも正しくないだろうと思う。そこにだけ価値を置くと、信念を曲げざるを得ない状況に置かれた人に対してどうしても厳しい目を向けてしまうだろうと思う。
 人は生きているとさまざまな局面に立たされる。時には以前とは違った信念を持たなければならないことだってあるだろうと思う。生きるために右についたり左についたりする人があったとしても、責めるべきなのはそうせざるを得ない状況(世界)であって、それをする人は責を負うべきではないと僕は考える。
 僕はそう考えているので、コイケ都知事がかつては右についたり左についたりしたことがあったとしても、それ自体は批判の対象とはならないと考えている。変えなければいけないことは、コイケの性格とか生き方ではなくて、そんなふうにしてしかやっていけないような状況の方である。僕はそう考える。
 カイロ大卒という経歴は詐称ではないかと言われている。その詐称が問題ではなく、詐称しなければ入れない世界の方が問題である。というのは、その世界は平等からほど遠いものであるからだ。
 もし、大学を中退しているのであれば、堂々とそれを言えばいいのだ。大学中退者でもその世界で成功する機会が用意されていなければならない。それが本当の平等というものではないだろうか。
 話が横道に逸れてしまったな。別にコイケさんを批判する気もなければ弁護する気もない。問題点がどこにあるのかを僕なりに見極めてみたいだけである。
 もし、ある人が時と場合によって右に味方したり左に味方したりしたとしても、それ自体は問題ではない。生き残るためにそうしなければならなかったということもあるだろう。大切なことは、それをしてまで生き残って、そして、この先どこに向かおうとしているのかである。それがただ生き残るためだけの方策であることが問題なのだ。将来、これこれのことを成し遂げるために、そのためには今死んでしまうわけにはいかないから、生き延びるために信念を曲げざるをえなかったのだと、そう言える何かがなければいけないのだ。コイケさんにそういうものがあるのかどうか僕は知らない。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2020年6月 4日 木曜日

6月4日:コロナ・ジェノサイド(46)~努力は報われない

6月4日(木):コロナ・ジェノサイド(46)~努力は報われない

 僕たちは緊急事態宣言を受けて自粛生活を送った。都市封鎖した武漢よりかはましな生活を送れたとは思うが、それでも不便なことも多かった。
 営業自粛を求められた企業や店舗は、固定費を支払うために貯蓄を切り崩す。その貯蓄は今後の社員の補償のためのものであったかもしれないし、経営者の老後のお金であったかもしれない。いずれにしても収入が激減した以上、どこかからお金を工面しなければならない。立派な経営者たちである。
 どの人も多かれ少なかれ苦しい経験をしていると思う。それでも解除にこじつけるまで努力をして、それに一応成功したことになっている。この努力がどれだけ報われただろうか。
 手を尽くしても助けられないこともある。人間は万能ではないから、最善を尽くしても助けられないこともある。できることをやってダメだったというのならまだ受け入れることもできる。ところがどうだい、できることはたくさんあるのに助けられなかった場面がいくつもあった。努力しても報われなかったのだ。
 観光業なんかは打撃が大きい。それも仕方がない。人の動きが制限され、出入国もできない状況であったのだから。では、そういう業界の人たちを救うために最善を尽くしたと言えるだろうか。とんでもない。いくつもの旅館や宿泊施設、観光地の店舗などが閉鎖したとも聞く。
 他の業界でも同様である。彼らはこの危機を乗り切るために懸命であった。彼らにもできることがいろいろあったはずだという理屈は脇へ置いておこう。それはそれで正しいが、何かをするためにも元手がいるのも確かである。
 個人レベルでもある。女優の岡江久美子さんなんかはその典型例である。あの人は死ななくてよかった人だったのだ。手を尽くさないから死に至ってしまったのである。助けられた命であったはずだと僕は信じている。同様な立場の人は他にもおられるのだ。
 これが人命蔑視なのだ。今の政府に一番不快感を覚えるのは、政府のやっていることの背後に人命蔑視の思想が感じられるからだ。そんな感じを受けるのは僕がおかしいのだろうとも思っていたが、どちらが正しいとかおかしいとか、今の僕はそんなことを気にしなくなった。音楽の通奏低音、つまりベースラインのように、僕には人命蔑視の思想が聞こえてくるのだ。
 コロナ関係に話を絞ろう。アビガンを開発したのは日本人である。薬品を一つ開発するというのはたいへんな作業である。彼らが新薬を開発するのは、自分たちの生活や利益のためだけではないのだ。それだけでやっている企業は、製薬会社に限らず、間違いなく短命で終わる運命なのだ。そうではなく、人のより良い生に資したいという思いがあるからである。その思いから彼らは努力をするのだ。そうして努力の果てに開発した薬が、効果が外国では証明済みなのに、いつまでも認可されないという事態が生まれる。何のために努力を重ねて開発したのか、これでは分からなくなってくるんじゃないかと、僕は心配になる。
 アビガンだけではない。多くの専門家が様々な提言をしてきた。何かを伝えようとして努力した人たちだ。通常の業務、さらに多く追加される業務に加えて、彼らは一生懸命何かを主張し、啓蒙しようとしてきたのだ。こういう努力は政府には届いていないのである。
 行政側でも同じようなことが起きる。保健所の職員たちは職務を全うしようとして懸命であった。時には不手際や失敗をやってしまうことがあったとしても、多くは善良な職員たちである。彼らがいくら努力して頑張っても、報われるどころか、さらに多くを求められてしまう。保健所の業務が過多になるのは、政府が押し付けるからである。努力しても報われるどころか、さらにその上のものを求められてしまうのである。
 検査機関は、検査件数を増やすために創意工夫をしたことだろう。しかし、検査可能件数は増やせても、検査に回される人が少ないということであれば、やはり彼らの苦労も報われないことになる。
 コロナ倒産した企業や店舗は気の毒である。彼らも努力して、苦労を重ねて、今の地位を築いただろうに。政府が対応をきちんとしていれば助かったところもあっただろうに。

 若い人に伝えたい。努力してもこの国では報われるかどうか不明だぞ、と。もし、努力して成功したいなら、日本を捨て、外国へ行きなさい。僕はそう言いたい。今の日本で努力しても、それがどこまで報われるか分からないし、政府が無能だというだけで水の泡になってしまうことにもなりかねない。
 日本など視野に入れず、世界に出て、世界で成功する人間になって欲しいと、若い人に僕は言いたい。今回のコロナ禍で今の日本がどんな国であるかがよく見えたのではないかと思う。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2020年6月 3日 水曜日

6月3日:コロナ・ジェノサイド(45)~失敗大国

6月3日(水):コロナ・ジェノサイド(45)~失敗大国

 もうこのシリーズを書くのもウンザリしてきた。書けば書くほど自分が惨めになってくるし、自分が生きているこの世界が惨めに思えてくる。
 僕はペシミストである。ペシミストであるが故にオプティミストである。すべてが地獄に見える時、それは天国がないという嘆きであると同時に、天国にもっとも価値を置いていることの証拠となる。天国をもっとも信じているが故にオプティミストであり、オプティミストであるが故に悲惨や不幸がよく見えてしまい、悲嘆せざるを得ないのだ(注1)。
 一方、オプティミストはその反対である。彼らはオプティミストであるが故にペシミストなのだ。彼らは悲惨や不幸を過度に恐れているが故に、悲惨や不幸に心を占められてしまうのだ。悲惨や不幸ということが彼らの中では大きな価値を持ってしまうのだ。
 まあ、そんな話はどうでもいい、先へ進もう。

(解除も自粛も無意味)
 さて、緊急事態宣言も解除となった。解除ありきの決定だった。しかし、早くも第二波の懸念が起きている。当然である。解除されれば人の外出や移動が増え、感染率が高まるのは目に見えている。そうなれば再び緊急事態宣言が出されるかもしれない。
 宣言もけっこうだ。自粛も要請されればそれに従う。問題はその期間に何が達成されたのかだ。感染者数の減少は達成ではない。数字はごまかすことができるし、検査数を操作することでいくらでも増減可能である。加えて、自粛すれば感染数が減るのは自明なことであり、なんら努力を要さないことである。
 そうではなく、自粛期間中に何がなされたのかだ。僕が思うに、この期間中に仮設の病棟を各都道府県にいくつも建てておく方が良かった。加えて、それぞれの病棟への人員を確保しておく方が良かったのではないかと思う。第二波への備えをしっかりしておくべきだったのだ。一体、そのためにどれだけのことがなされただろうか。
 ただ自粛して、ただ解除された、それだけのことのようにしか僕には思えないのだ。

(アベノマスクは国民への侮辱である)
 そろそろ僕の周りでもアベノマスクが届いたといった声が聞こえるようになった。僕のところにはまだだけれど、届いている所には届いているようだ。
 あのアベノマスクなる代物であるが、あれは国民に対する侮辱以外の何物でもない。あれはマスク不足解消のためではないのだ。国民を黙らせる手段だったのだ。マスク二枚で黙るほど国民は安っぽくはないのだ。しかもとんでもない悪品質のマスクで操作されてたまるかっての。
 当初、アベノマスクの予算が200億円だった。蓋を開けて見ると90億円しかかかっていない。しかも品質の悪い不良品を作ったのだ。政府はそれを回収して再検査して、品質を向上させてから配布することにしたが、結果的に460億円ものお金がかかったということだ。このお金は当然税金である。
 90億円で不良品を拵えたのなら、それを廃棄処分して、もう200億円出してまともなのを新たに作ったら良かったのだ。290億円の損失は460億円の損失よりまだはるかにましだ。いや、不良品が見つかった時点でアベノマスク政策は廃棄したら良かったのだ、マスクもろとも。
 国民1億3000万人に2枚ずつ、つまり2億6000万枚のマスクに460億円か。マスク1枚あたり180円弱といったところか。超高額のマスクだ。

(給付金)
 給付金のハガキが届いたといった声も身近から聞こえるようになった。ようやくである。結局、オンライン申請は失敗だったのだ。
 僕は一つ計算をしてみた。僕が仕事をしているここ高槻市は人口が30万人ほどである。世帯だとどれくらいになるだろうか。一世帯平均3人だと仮定すれば10万世帯ということになる。
 この10万世帯が申請して、それを一週間で処理しなければならないとしよう。当然、土日も返上ということになるので、7日間だ。そうすると、10万÷7は14285である。1日当たりの処理数がそれだけになるということだ。キリのいいところで14000件としておこう。
 さて、一日に8時間業務に就くとして、一日に14000件を処理しようと思えば、14000÷8を計算すればいいのだから、1750件だ。一時間に1750件処理しなければならないということだ。
 それをさらに60で割ろう。約30となる。一分間に30件の処理をこなさなければならないのだ。そうすると一件の申請につき2秒しかかけられないのだ。言い換えると、一件につき処理時間が2秒以上かかるなら一週間での処理は不可能となる。
 これを、処理班の数を10倍にしたところで一件につき20秒になるだけである。申請して20秒で処理できるのかどうかである。
 高槻市民は温厚な人が多いので、一週間じゃなくても二週間かかっても待ちますよと言ってくれるかもしれない。そうだとしても、10班編成で取り組んで、一件につき40秒以上はかけられないのだ。
 最悪の場合、さらにその倍、4週間でも市民は待つ。それでも40秒が80秒になるだけである。しかも4週間休みなく、8時間途切れなく処理をしての話である。一件の処理に2分かかるなら、それはもう完全にアウトなのである。
 政府はスピードを重視すると言うが、スピードを重視するならそういう計算をしなければならない。〆きりから逆算して、一件につきどれだけの時間しかかけられないかをシミュレーションして、実行不可能であればオンライン申請は断念しなければならないのだ。それをしないから次から次へと対応すべき問題が生じるのだ。
 もう一つ付け加えておくと、オンライン申請は申請者側のペースに行政が合わせることになる。それも混乱を生み出す。郵送式は行政のペースで実行できるので、その分却って捗るだろうと僕は思う。

(失敗大国)
 すべてが失敗である。緊急事態宣言による自粛も、ならびにその解除も。アベノマスクも給付金も。当然、オリンピックも失敗である。感染対策も失敗である。諸外国がどんどん検査をやっているのに、日本だけが検査を制限したのである。無症状者や軽症者が感染を広めると同時に彼らが重症化してしまうのである。
 いずれマスクも防護服も足りなくなるのが目に見えているのに、それらを外国に輸出する。そして、国内では雨合羽を改造した即席の防護服を使用しなければならなくなるなどという本末転倒なことが起きる。これもまた失敗である。
 補償や医療費、並びにワクチンや薬品の開発・製造費にもっと税金を回さなければならない。確かにそういう金は動く。そこで使途不明の金などが生まれる。どれだけの金がどこにどう動いているのかは不明である。利権を貪っている連中に流れて行ってることだろう。それを検証・追求する野党はあしらわれ、はぐらかされ、おまけに検察は与党とグルときている。もはやこの国は救いようがない。

(注1)ペシミストであるが故にオプティミストという逆説は信じがたいかもしれないけれど、ショーペンハウアーの哲学がなぜ人々を魅了するのかを考えればこの逆説が真であることが理解できる。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ