blog2

2019年4月29日 月曜日

4月29日:ことば

4月29日(月):ことば

 今日も仕事がある。喜ばしいことだ。今の僕には常に何かをしている方がいいようだ。できればそれが仕事であればいい。仕事がないという状態が耐えられないのだ。もし、それが仕事でなければ、勉学でもいい。とにかく、何かをして、何かを前に進めたいのだ。そういう気持ちで溢れている。
 世間は連休中だ。激務に追われている人たちにとってはありがたい休日であるだろう。僕個人は休むことは停滞を意味し、停滞するとは死を意味する。そんな感覚でいる。とにかく、生きる。生きるとは何かが前に進んでいることだ。

 今日の仕事は量的にはさほどではなかった。予約がびっしり詰まっているといった状態ではない。適度に空き時間も生じている。
 仕事以外の時間は、小説を読み、論文をいくつか読んだ。
 今週は社会心理学を勉強する計画だったが、こちらはあまり捗らずに終わりそうだ。次週の目標として、文学や文章の勉強をしたいと考えている。無性に文学に惹かれている。
 文学作品ももっと読みたい。それも外国の古い文学作品だ。文学作品を通して、僕はいくつもの人生を送る。現実の僕とは違った人生だ。どうせ違った人生を送るのなら、現在の僕とかけ離れている方が面白い。違った国の、別の時代の人の生を生きる方が面白いだろうし、その方が生が豊かになるかと思う。
 文学を勉強するのと並行して、文章の勉強もしたい。僕の文章なんてひどいものだ。我ながらそう思う。このブログにしても、サイトにしても、あまり時間をかけるわけにはいかないので、書いて、適当に校正して、それで完成ということにしている。本当は構成を練り、下書きをし、表現に気を配り、繰り返し清書して、そうして徐々に完成に近づけていって、最終的にもうこれ以上矯正しようがないというところまで行き着いて、そこから公開するといった手順を踏んだ方がいいのだろう。ただ、そこまではとてもできない。

 言葉である。言葉に始まり、言葉に終わる。少しでも何かを表現する時、言葉が使用される。非言語表現も大切であるのは確かだけど、今は言葉に重きを置いている。
 もっと言葉に敏感にならなければ。どうしてあの人はこのように言わず、あのように言ったのか、どうしてこういう形容詞を使ったのかなど、もっと一つ一つの言葉に鋭敏にならなければと思っている。心とは言葉である。心は言葉であり、言葉が心なのだ。脳や神経に心は無いのだ。

 学ぶべきものは山ほどある。まだまだ遠い道のりを歩んでいる。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2019年4月28日 日曜日

4月28日:習慣は崩さず

4月28日(日):習慣は崩さず

 10連休の2日目。この10連休中、1日は定休日で、6日は仕事が入っている。完全に空きの日が3日ある。この3日のうち2日はジャズストだ。その日は極力仕事を入れないようにした。騒音と人出でにぎわうからである。

 仕事の方は、昨日は少しばかり忙しかったけど、あとはそれほどでもない。一日一日の仕事量はさほどでもない。そして、空き時間に大掃除をやってしまわないと。
 それに加えて、書かなければならないものもある。動画広告のコラムを始め、提携先への文書も作成しなくてはならない。なかなかゆっくりできるヒマはなさそうである。

 本も、止せばいいのに、ついつい買ってしまった。連休前に古書店でトータル9冊も買ってしまった。全部で1200円ほどの出費だった。その値段であれだけの知を購入できるのなら安いものである。ただ、読む時間が確保できるかどうかが不明である。それでも、早速、今日から読み始めた。いきなり4冊も並行して読み始める。

 昨日、面白いことを言う人がいたな。この10連休に関して、日本人は休みすぎだと。それは僕も同意見だ。ただ、その人曰く、これだけ休日が増えたのは陰謀のためだと言う。日本人は働きすぎだと諸外国からバッシングを受けていた時代があったが、そういうバッシングをすることで日本人を休ませようとしたのだと言う。そうして経済的に日本を縮小させるという陰謀が働いているのだと言う。
 その人の言うことが正しいのかどうかは知らない。国際情勢に僕は疎いものだから、「ふーん、そんなもんかいなあ」と思う程度だ。いや、正直に言えば、けっこうな妄想じゃないかとさえ思ったくらいだ。
 僕の理由はもっと簡潔だ。トップの支持が得られるからである。働かせるリーダーよりも、休みを与えてくれるリーダーの方が支持されるからである。実際、これはヒトラーの政策でもあったと聞いたことがある。国民に休日を与えると支持が得られるのである。だからと言って、日本のやり方がナチスに似てきたとまでは言うつもりはない。

 まあ、なんにせよ、僕は僕の生活を崩さない。連休はどこにも行かない。定休日以外は職場に出る。その習慣だけは崩さないようにしたいものだ。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2019年4月24日 水曜日

4月24日:今日の作業

4月24日(水):今日の作業

 今日は水曜日。僕の一週間の始まりだ。
 先週は知能心理学を重点的に勉強したが、今週は社会心理学に少しばかり重点を置いて勉強しようと計画している。
 心理学にもさまざまな分野があるけど、社会心理学はそれほど勉強してこなかったかもしれない。どうも社会心理学というのがハッキリせず、僕の中ではどこか矛盾した言い回しのように感じられる上に、どこまでが社会心理学の範疇なのかという境界線も不明瞭である。「社会」という概念自体、どこか曖昧であるためだと思う。
 心理学書から社会心理学に関する章を拾い読みした。4冊から拾って読む。対人認知とか態度とか、さらにはコミュニケーションとか、そういった領域の話がほとんどである。まあ、その辺りが社会心理学の中心領域となるのだろう。

 その他、昨日古書店でついつい衝動買いした本を読んでいる。徳永直の小説は面白い。プロレタリア文学なんて死語に等しくなっているように思うんだけど、いわゆるブラック企業小説とみなせば理解しやすい。言っとくけど、僕は共産主義者ではない。共産主義ではないけれど、100年ほど前の日本はこういう状況だったのだなと、改めて実感する上に、どうもこれは過去の話にはなっていないようにも思う。

 その他、予定された作業以外では、室内の整頓をやった。これは月曜日に終了できなかったところを終わらせたのだ。これをやるために今朝は早く家を出て、8時過ぎには入室した。ビルに一番乗りは久しぶりである。どうにか見栄えだけはよくしておく。

 今のところ仕事は忙しくないが、今年は例年とは逆に連休中の方が仕事が多い。いつもは逆になるんだけれど、今年は連休前にヒマになり、連休中が忙しい。まあ、予定は未定なので、これがどう変わるかは今のところ分からない。なるようにしかならない。

 とにかく、日々を生きるだけである。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2019年4月19日 金曜日

4月19日:魯迅先生

4月19日(金):魯迅先生

 今日はひたすら書いて読んでの一日だった。午前中に内省録を実施する。他の人にとっては意味のないものかもしれないけど、僕にとっては必要な作業であり、価値があるものである。午後からは主に勉強をして過ごす。引き続き知能に関しての論文などを読む。いつか知能学説をまとめて、僕の個人的な見解も交えて、このブログなりサイトなりで展開してみてもいいかなと思い始めている。
 帰宅後は少しパソコン内の整理をする。不要なデータは消去するか外部に取り出すかする。その作業の合間を縫って、本を読んだり、プランを練ったり、原稿の草稿をしたためたりする。夜中2時までに終わらせたかったが、思ったより時間がかかり3時半頃までかかった。

 生活に張りが欲しいと思っている。基本的に僕の毎日は決まりきった作業で成り立っている。日によって、今日は書く方を優先しようとか、今日は書くことよりも読むことの方を集中しようなどといった違いはあるものの、行為そのものは変化がない。仕事に関しても、面接をし、記録を採ったり聴き直しをしたり、音声データの整理をしたりといった決まりきった作業があるだけである。限られたヴァリエーションしかない。もちろん、そういう営みがイヤだというわけではない。ただ、何となく、もう少し張り合いになるものが欲しいと感じているだけだ。

 それにしても、選挙宣伝が騒々しい。今日初めて知ったのだけれど、高槻はけっこうな立候補者数である。40人くらい立候補しているんじゃないかな。その人たちが各々宣伝カーを走らせ、駅周辺で演説をやってたりするんだから、たまったもんじゃない。あっちゃこっちゃで宣伝を流されるので騒がしくてならない。
 選挙なんてさっさと終わってくれればいいのだ。投票率が5割とかそんなものだ。複数の候補者がそれぞれごく少数の票を競い合っているに過ぎない。少数の支持でも議員になれる時代だ。

 まあ、そんなことはどうでもよい。自分の生活が良いものになるかどうかは、政治で決まるのではない。精神で決まるのだ。
 先日、書架を整理していたら、中国の作家の魯迅の作品集が出てきた。世界文学全集の一巻である。あれ、どうして魯迅をここに置いているのかなと、僕はその動機が思い出せなかった。そこでその本を少しばかり紐解いてみると、ああ、そうだ、思い出した、魯迅先生のこの経験をいつでも参照できるように手元に置いておこうと思ったのだった。
 魯迅の子供時代は父親の病気のために貧困に喘いでいたそうだ。父のために漢方薬を買うのも、何かを質入れしなくてはならなくて、困窮生活を送っていた。父親の死後、魯迅は漢方薬なんてものがインチキだと悟るのである。僕が思うに、これはひどい絶望感をもたらしただろう。正しいと信じていたものがインチキだったと分かってしまうのはさぞ辛かっただろうと思う。こういう時、人が経験するのは失望とか絶望の感情ではないだろうか。魯迅先生もそうした感情体験をしたかもしれない。
 魯迅は人々が漢方なんかに騙されないために、西洋医学を学ぶ必要を感じた。魯迅はすでに西洋医学を取り入れていた日本に留学する。そこで医学の勉強に励んだことだろうと思う。ところがここでも転機が訪れる。当時、日本は日露戦争中であたが、捕虜のロシア兵をいたぶる日本兵の映像を見た魯迅は、いくら身体が健康であっても精神が健全でなければ意味がないと悟るのである。二度目の絶望があったのではないかと僕は思う。今度こそこれが正しいと信じていたものが、またもや間違っていたということを知ってしまうのである。魯迅先生が繰り返し絶望の経験から見いだした答えがそれだ。精神が健全でなければならないということだ。そうして魯迅は文学者に転向したのだそうだ。
 魯迅先生には及ばないけど、僕も同様の考え方をしている。精神が健全でなければ、肉体が健康であろうと、美男美女であろうと、あるいは金持ちになろうと支配者になろうと、すべて人生の敗北なのである。
 僕も敗北者の一人である。僕は自分の精神がそれほど健全でもないと分かっている。それでも多少は改善の動機付けは持っているし、多少ともその方向付けをしていこうとしている。僕がそれをやっていく時、政治家や議員なんて何の役にも立たないのである。どっちかというと、そういう種類の人たちは無関係である。僕が自分の生活や人生を良いものにしたいと願うなら、何よりも僕自身の精神の健全を目指さなければならないわけだ。
 そんな考えで僕は今日も生きている。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2019年4月15日 月曜日

4月15日:キネマ館~『ゴモラ』

4月15日(月):キネマ館~『ゴモラ』

 忙しくても映画は観ている。2時間くらいで終わるのがいい。その間に、たとえそれがフィクションであれ、人間が置かれている状況に触れることができる。それが勉強になるという感じがしている。
 2月から3月にかけて観た映画について書き残しておこう。ちなみに、1月は当たり月だったけど、どうも以後、あまり夢中になれる作品に遭遇しなくなった。

『ゴモラ』
 これは公開時、実際に映画館で観た映画だ。レンタルされていたので借りた。
 ちなみに、最後に映画館で映画を鑑賞したのが1995年だった。それ以来、映画館に足を運んだことがなかった。Yさんが映画に行くというので強引について行ったのだった。その時の映画が本作であった。
 いやあ、21世紀の映画は複雑なんだなあというのがその時の印象だった。でも、複雑なのは、この映画の構造に起因しているようであり、且つ、何の予備知識もなく鑑賞したためでもあろう。
 この映画はイタリアの裏経済を描いているもので、実話に基づくものである。複数の物語が同時進行するという構成であり、尚且つ、それぞれの物語は交錯することなく終わる。それと「カモーラ」というのは特定の組織を指しているわけではなく、そういう裏側で暗躍しているような集団全体を指す言葉であるようだ。日本で言う「ブラック企業」のようなものだ。特定の企業を指しているわけではなく、違法スレスレのことをやっている企業は「ブラック企業」と称される。「カモーラ」というのもそういうものであるようだ。
 物語は、まずトトを主人公にしたものがある。10代の少年で、集合住宅に母親と住んでいるようだ。学校には行っていないようである。母親がこっそりと雑貨業を営んでいて、トトは配達係である。この住宅には他にも学校に行ってない子供たちが大勢いるようである。日々を持て余し、夢とか希望もなく鬱々とした生活を送っているようである。トトは組織に入る。銃で撃たれるという試験をパスして一員となる。そして、トトは自分に良くしてくれた主婦の暗殺に手を貸すことになる。
 組織に入らない者もある。この二人の若者は組織に属することを拒む。ひたすら単独行動をする。ある時、マフィアが銃器を隠しているところを目撃し、その武器を盗む。武器を手にした途端、気分が高揚するのか、川べりで銃をぶっ放して遊ぶ。彼らは初めて自分が力を得たように感じたのだろう。現実にはひ弱で気弱なチンピラに過ぎないのだが。やがて、彼らの動きが目障りになってきたために、組織は彼らを雇う振りをして暗殺してしまう。邪魔者はこうして消される運命にあるのだ。
 集合住宅地の管理人さんのような男性の物語もある。彼は住人から集金し、それを組織に手渡す。運び屋である。組織間の抗争が激しくなり、彼は運び屋を辞めたいと訴えるが、却下される。その矢先に銃撃戦に巻き込まれてしまう。命は助かったものの、無数の射殺死体の合間を縫って、彼は逃走する。一旦、組織に関わると抜け出ることはできず、抗争にも巻き込まれてしまうのだ。
 服飾職人の話もある。彼は腕のいい職人だ。経営者は彼を育てた恩人であるらしい。彼らはセリで仕事を得る。限られた期間内に何百着という服を作ることになる。従業員はフルワークとなり、経営者は資金繰りに奔走する。そんな矢先、中国企業が彼に目をつけ、工場で職人たちを教えてほしいと頼まれる。彼はそれを引き受けるが、中国人起業者が暗殺され、彼も怪我を負う。その後、トラック運転手に転業した彼は、自分の作った服を女優かモデルのスターが着ているのをテレビで見る。
 これも悲しい話である。どれだけいい腕を持っていても、才能があっても、評価されないのだ。唯一評価してくれるのが中国企業の、非合法的な企業だけである。彼は自分を高く評価してくれるところに協力したことになるのだが、そこに職人のプライドと人間性を見る思いがする。
 最後にロベルトの話がある。ロベルトは40歳で無職の男性だ。父親が養っているが、父親も高齢で養いきれない。そこで、父の請願もあって、ロベルトは産業廃棄物処理会社の社長秘書として雇用されることになった。そこまでは良かったものの、ロベルトが目にするのはその企業のひどさである。運転手がストを起こすと、社長は浮浪児をつかまえてきて子供たちに運転させる。廃棄物の処理も法的基準を満たさない。社長は金を手に入れることしか頭になく、倫理観が薄いようである。社長は生きていくために悪どいことも必要であるという哲学の持ち主であるようだが、ロベルトはそれについていけず、社長を残して立ち去っていく。
 僕が思うに、ロベルトは悪に染まることができないのだ。トトや二人組の若者とは正反対のキャラであるように思う。正しい仕事をしようとすると、彼のように無職状態に留まることになってしまうのだろう。
 以上、5つのストーリーが同時進行で描かれる。オムニバス式で作ってくれるともっと分かりやすいのだろうけれど、同時進行することで却ってリアリティが増しているのかもしれない。現実にもそれぞれのエピソードは同時進行していたわけであるからだ。
 暴力的なシーンも多いし、若干、苦手な場面もある。それでもいい映画だとは思う。全体的に暗いトーンも独特の雰囲気を醸し出しているように思えるし、非常に長いワンカットで撮影されていたりするのもドキュメント感が高まる。よくできた映画であるようには思う。
 そして、これが実話だと言うのだから恐ろしい。結局、表経済が行き詰まるのだ。表経済がダメになるから、裏経済に走らざるを得なくなる上に、人々も裏社会を必要としてしまうのだ。裏社会がなければ生きていけなくなってしまうからである。
 さて、裏社会に生き、裏経済を操る組織を描いた映画に『ゴッドファーザー』がある。本作『ゴモラ』の宣伝にも、しばしば『ゴッドファーザー』が引き合いに出されたりもした。しかし、『ゴッドファーザー』にはあって、『ゴモラ』ではなくなっているものがある。それは「ファミリー」という観念である。この40年の歳月は、裏社会においてさえも家族崩壊を進めてきたのか、そう思うと、気分が重たくなるのは僕だけだろうか。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンタ代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ