blog2

2018年12月31日 月曜日

12月31日:どうにかこうにか

12月31日(月):どうにかこうにか

 今日で平成30年もお終いだ。午前中に家のことをあれこれ片付けて、昼から高槻に出る。職場では、若干の大掃除、整理をやった後、ずっと本を読んで過ごす。1階のソバ屋では例年のように年越しそばを店頭で販売しておる。あんまり売れているようにも見えなかったが、まあ、そんなものだろう。当然、僕は1階では買わない。
 静かだった。平穏に過ごすことができた。

 帰宅する。毎年、この日はテレビを見ることになっていた。ダウンタウンさんの笑ってはいけないっていうあの番組だ。今年は観る気がしなくて、葛藤していた。毎年見ていたのだから今年も見ようという気持ちと、もういいかなという気持ちの両方があった。それでも今年は観ないという方向に気持ちはほぼ定まっていた。
 夕食の年越しそばを食する。一応、大晦日の行事は済ませた。自室に入る。少しだけテレビを見るかと思い、1時間程度あの番組を観る。
 僕が見た時、引き出しネタの最中だった。相変わらずこんなことをやっているんだなと思うだけだった。ここで僕はメンタリストってやつを初めて見た。くだらんことをやっている人なんだなと思った。
 ココリコの田中さんが毎年喰らうタイキックを巡って、カードで勝負するという企画だった。相手がどのカードを出すか、メンタリストは相手の心を読むということらしい。こういうやつが出てくるから誤解されるんだけど、それは心理学の仕事ではないのだ。ギャンブラーの仕事なのである。もう少し悪く言えば、詐欺師の仕事なのである。くれぐれもあんなものを心理学などと勘違いなされないように、世間一般の方々にはお願いしたいところである。
 その後、レクレーションのコーナーに移る。途中まで見て、「もう、こんなの面白くもねえや」と思い、テレビを切る。

 いや、テレビを切ったのではなかった、DVDに切り替えて、レンタルしている映画を観たのだ。映画を観ている方がはるかにましだ。
 今日鑑賞したのは、「007ダイヤモンドは永遠に」だ。この作品は、僕の中では、筋はすごく面白いと思うのだけど、今一つ印象の薄いというものだった。なんで印象が薄くなるのかを確認することも兼ねて、一度きちんと見直そうという意味でレンタルしたものだった。
 結果、やはり印象が薄い。敵のボスであるプロフェルドと対決する場面がないことと、そのボスがどうなったのかがはっきりしないことも一因であるように思った。どうも後味の悪さを感じてしまうのだ。
 続いて、「ボッカチオ'70」の前半だけを見る。4話から成るオムニバス作品で、最初の2話だけ見る。この2話だけから判断すると、この映画はかなり面白いと感じている。まあ、映画の話は別の機会にしよう。

 さて、映画を観ることにも疲れたので、ここで再びテレビに切り替える。まだ例の番組が続いている。体を張る面々のコーナーから、深夜の驚いてはいけないというラストまで見てしまった。
 バラエティやお笑い番組を観ている時、面白くて笑うことはあるけど、本当に面白いと感じているのかどうか、僕は自分でもよく分からない。そのネタなり企画なり、トークなりが面白くて笑っているのか、それともバカなことをやっている人を見て笑っているだけなのか、自分でも判然としない。なんとなく後者のような気もする。
 例えば「一発ギャグ」ってのがある。何の文脈もなく、いきなり動きと添付されるセリフで笑いをとろうというギャグだ。僕はあれを面白いとは思わないのだけど、世間の人には面白いと映っているのかもしれない。あれこそ、ネタやトークで笑っているのではなく、その人間を見て笑っているのではないかと思う。
 そうであれば、面白くて見ているのではなく、バカなことをやる芸人さんを単に見て笑っているだけなのだから、それは蔑みの笑いでしかないように僕は思う。
 人を蔑むことと笑うこととは、本来、一緒になっていはいけないことだと僕は思うので、どっちとも分からないようなものには、もう触れないでおこうと思う。

 そんなこんなで、気がついたら日付も変わり、年が明けていた。今日のこのブログも新年に書いている次第である。
 とにかく、平成30年は終わった。どうにかこうにかこの一年も生きることができた。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2018年12月31日 月曜日

12月31日:唯我独断的読書評~『超越の儀式』

12月31日(月):唯我独断的読書評~『超越の儀式』

 クリフォード・シマックの晩年の作品。僕はSFはさほど詳しくはないけど、気になる作家さんたちがいる。ディックやシェクリィをはじめ、シマックもそうした気になる作家の一人だ。
 気になるという程度だから、熱心なファンというわけでもない。古書店で見かけたら買っておくという程度の読者だ。本書も古本屋の店頭でたたき売りされていたのを見かけたので即購入した一冊だが、安い買い物をしたと思う。

 本書の舞台は、いわゆるパラレルワールドである。地球と同じ星でありながら、少しずつ地球と違うという世界である。
 主人公がもう一つの地球へ行くまで回りくどいいきさつがあるのだけど、大切と思うので経緯を記しておこう。
 まず、主人公ランシングは大学教授で、ある学生の論文に注意を引かれる。どうしてこの論文が書けたのか、彼は学生に問いただす。学生はスロットマシンが教えてくれたと答える。彼は学生の言うスロットマシンの所まで行く。スロットマシンを回す。スロットマシンは鍵を出し、ある場所に行くように指示を出し、奥から何番目と何番目のスロットマシンを回すことと命じる。彼は半信半疑ながらその場所に行く。指示された通りにスロットマシンを回す。一台目のマシンからはコインが出てくる。二台目のマシンを回した瞬間、彼は見知らぬ森の小道に立っていた。
 こうして主人公はパラレルワールドに降り立つことになったのだけど、じつに回りくどい展開である。最初からスロットマシンを見つけ、一回目のプレイで即座にこの世界に来ても良かったのに、作者は敢えて迂回路を取らせる。この迂回路を取らされる感じが後のクエスト並びに作品全体のトーンである。なぜそこに行くのか明確な理由はなくてもそこに行かなければならなくなり、何を探し求めているのか分からないけど何かを探さなければならなくなり、仮に何かを見つけてもそれが何のためにあるか分からない(これは上述のエピソードではマシンから吐き出される大量のコインである)といったシチュエーションがその後も続くのである。この導入部で、読者は作品世界のトーンに触れ、物語世界に方向づけられる感覚に陥る。
 さて、もう一つの地球の地に立った主人公は、道を進み、一軒の旅館に入る。そこで、同じようにこの地球に送り込まれた男女5人と遭遇する。彼ら6人はともに行動して、それぞれのいた地球に戻る道を見つけ出そうとする。
 旅館の主人の話では、この先に「立方体」があり、その奥に「都市」があると言う。彼らはそこに向かってみる。
 仲間がいると心強いものであるが、立方体のところで、ロボットが負傷し、先に都市に向かう組とここに居残る組と二手に分かれることになる。将軍と牧師の間は常に不穏であり、対立を生み出す。立方体残留組も追いついて「都市」で合流するが、そこはかつての「都市」であり、廃墟であった。彼らはここに何か手掛かりがあると信じ、何かを探し始める。しかし、何かを見つけても、それが何であるかが分からない。この「都市」で、牧師が姿を消し、将軍も後を追うことになった。
 4人になった一行は、さらに方角を別に取り、旅を続ける。もう一組の生き残り二人と遭遇し、合流することになった。「歌う塔」でサンドラを、「混沌」でロボットを失う。メアリとも離れ離れになった主人公はメアリを探しに戻る。別組の二人はやがて脱落し、主人公はどうにかメアリと再会する。彼らは「立方体」にカギがあると信じ、立方体まで向かうことにする。
 本書のタイトルは「超越の儀式」である。なんか神秘主義の本を連想させるタイトルである。このタイトルの意味が最終章になって初めて明確になる。それまではどうしてこんなタイトルがついているのか理解できない。
 種明かしになるからこれ以上は言わないけど、この「儀式」もまた一つの迂回路なのだ。

 物語はすべてゲームの世界である。ダンジョンクエストなんかのRPGの世界である。ただし、主人公たちは、ゲームのプレーヤーの立場ではなく、ゲーム中のキャラクターの立場に身を置いていることになる。読者もまたこのキャラクター側の体験を共有することになる。そして、プレーヤーは他にいるのだ。物語の随所に顔を出す4人のゲームプレーヤーたちである。この4人がすべてを知っている存在なのである。
 主人公たちは常に誰かに監視されているという感じを抱く。誰かの存在が常に身近に感じられたりする。自分たちの運命はその存在者に握られ、操られるかのような感覚に陥る。ゲーム中のキャラクターにとって、プレーヤーとはそんな存在なのだろう。神に等しい存在である。

 さて、本書の唯我独断的読書評価であるが、あまり期待せずに読み始めたこともあって、予想外の面白さについのめり込んでしまった。僕は本作に4つ星を進呈しよう。SF通の人から見れば、あるいはシマックの熱狂的ファンからすれば、もしかするとそれほど高評価の作品ではないかもしれないけど、そんなことはお構いなしだ。僕が読んで、すごく面白いと感じたのだから。

<テキスト>
『超越の儀式』(クリフォード・シマック) 創元推理文庫


(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2018年12月29日 土曜日

12月29日:仕事納め

12月29日(土):仕事納め

 今年は今日が仕事納めとなった。明日から1月6日まで仕事なしの日々が続く。なんとなくやりきれない期間になりそうだ。
 夕方まで仕事をして、その後は大掃除関係のことをして過ごす。夜は少し飲みに行く。
 いつも行く呑み屋で、珍しくテレビをつけていた。何となくテレビを見ながら飲む。テレビがなんも面白くない。たまたまそこで宝くじの番組を観た。

 宝くじなどで高額当選した人の買い方をタレントさんたちが自腹を切って試みるというコーナーがあった。
 こういう自腹を切るっていう番組が一番面白くない。某番組のごちになりますってやつも不愉快だ。自腹を切るといっても、出演料が入るのだからまったく損失というわけでもないだろうに。
 それはともかく、高額当選者たちの言う通りに彼らは買ってみる。結果、勝つことは勝ったけど、元手を取り戻すには至らないものばかりだった。つまり、赤字を生み出したわけだ。当たったといって喜んでいても、蓋を開けてみれば、投資額をはるかに下回っているというわけだ。
 僕の自説では、一回目で負けを生み出すと、もはや回収は不可能である。不可能とまではいかなくても、限りなく難しくなる。投資額の半分以上が回収できなければ難しいと思う。番組を観ていて、なんとなくだけど、僕は自説が正しいような気がしてきた。
 一か月の投資額が5万円としよう。当然、5万円以上獲得できなければならないわけだ。一回目からそれだけ当たることも稀有なことなので、損失を生み出すことになる。その場合でも、半額の2万5000円以内の損失に抑える必要がある。5万円投資して1万円しか回収できないといった結果では、先行きは真っ暗だと僕は思う。
 そうして毎月4万円の損失を生み出すとしよう。年間でほぼ50万円の損失だ。1回目の投資では、当選額3万円くらいの低い賞を狙ってもOKだったが、ここまでくると、かなり上の方の賞金を狙わねければならなくなる。2年目ではさらに跳ね上がる。もはや100万円の当選額では足りなくなる。マイナスを生み出せば生み出すほど、当選確率の低い賞を狙わなければならなくなってくる。少しずつ損失を縮め、徐々に利益を出すといった方策は不可能になる。高額当選して、負けを一気に返上するしかなくなる。負ければ負けるほど、ハードルを上げなければならなくなり、そうして自分の首を絞めることになるのだ。ギャンブル者がいつしか落ち込んでしまう罠だ。
 この罠に陥らないためには、1回目で勝たなければ2回目は手を出さないという法則を守らなければならない。そうでなければ、負けるのを覚悟して、遊びでやるのでなければならない。そこでハマってはいけないのだ。

 さて、某呑み屋でそんなテレビを見ながら飲んだ後、二軒目に行く。やはり僕がいつも行くバーだ。
 ああ、さすが年末だ。すごく久しぶりに会う人がいた。この時期、普段来れない人が顔を出したりする。遠方にいる人がこちらに帰省したりするからだ。今日、久しぶりに顔を見たその人も元気そうでなによりだった。向こうも僕のことを覚えていてくれたようだった。あまり言葉を交わす間がなかったけど、挨拶はしてくれた。

 一応、職場は明日から休みということになるが、あまり休みってことは打ち出さないでおこう。仕事が入れば仕事をする。この期間、仕事はなくても、できるだけ仕事をしていた日常を崩さないようにしようと思っている。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2018年12月26日 水曜日

12月26日:追及するのみ

12月26日(水):追求するのみ

 今日は通常の出勤。朝のうちにいくつかの予定が入っていた。午後から、大整理の続きをやる。一昨日は1000枚もシュレッダーにかけたのに、今日は200枚くらいしかできなかった。単調な作業に飽きが来たせいもある。それに、年内に終わらせようとか、そういう焦りがなくなった。期日に拘らず、なんとなれば年を越しても構わないと思い始めている。
 足の痛みはひどく、体調もよろしくない。それに加えて、明日と明後日の仕事が流れてしまった。予約の変更があったのだ。クライアントさんたちにもそれぞれ事情があるのだけど、僕の方は気力が萎えて、ヘナヘナとなってしまった。

 株価が暴落したらしい。株をやらないので僕はよく分からないけど、けっこう大きい暴落であったようだ。
 異常事態は気象や災害ばかりとは限らないものだ。この暴落もかなり異常で先例があまりないのだそうだ。大恐慌の到来か。
 そうなると2019年は最悪に一年になるだろう。そんな一年を経てオリンピックなんてものをやるんだったら、それこそ日本はお終いだ。
 経済の巨大な流れの前では個人はなんとも無力である。いくら個人が努力したとて、経済の動きに対してはどうすることもできないのだ。けっこうな額の給料をもらっている人で、あたかも自分一人の実力で稼いだと豪語するような人がいるけど、思いあがるんじゃない。たまたま経済のいい流れに乗っかったってだけのことかもしれないのだ。
 経済や政治の動きに左右されない人間になりたいと自分では思っているのだけど、なかなかそこまでしっかりした自分になれないでいる。政治や経済の悪いニュースを聞くと、あれやこれやと心配してしまうような小心者である。
 世界はどうなるかも、日本がどうなるかも分からない。先行き不透明の時代だ。とにかく一日一日をしっかり生きよう。

 今日、新聞のスクラップを処分した。尼崎のJR脱線事故の記事がやたらと見つかった。僕はあの事故を特に大切に思っていた。と言うのは、開業した当初にあの事故が起きたからである。
 開業して、これからやっていけるかなと不安になっている矢先にああいう事故が起きたのだ。不謹慎な言い方を許してもらいたいのだけど、僕はあの事故のことを知って、この仕事をやっていけると感じた。人間が不幸を経験する限り、カウンセラーは必要とされるものだと僕は信じている。
 そういう事情で、当時、僕はあの事故の記事をせっせと収集していたものだ。平成17年のことだ。以後、平成23年頃まで新聞記事をスクラップしてきた。これまでにいくらかは処分してきたのだけど、今回、すべてを処分する。もう要らない。

 最初の頃はいろんなこと、ありとあらゆることを知っていなければならないという妙な強迫観念が僕にはあって、そのため、ありとあらゆる記事を収集していた。もうそこまでする必要はない。僕には僕に必要な知識が何であるかが見えている。それ以外の知識は、その道の専門家に任せればいいのだ。自分が追求していることだけを追求していこう。僕のテーマとしているものを追求していくのみである。それが一番大事なことなんだと今では考えている。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2018年12月25日 火曜日

12月25日:映画の日

12月25日(火):映画の日

 今日は定休日だ。職場に行って大掃除(と言うか大整理)の続きをやるつもりでいた。しかも、今日はレンタルDVDの返却日でもある。当初の予定では、返却に行ってから職場に向かうことになっていた。
 ああ、それにしても朝の目覚めの悪かったこと。ひどく具合が悪かった。昨夜のお酒が残っていたというわけではない。それは大丈夫なんだけど、どことなしに風邪をひいた時のようなしんどさがある。
 それで、朝、二度寝してしまう。次に起きたのは昼頃だった。そこから朝昼兼用の食事を摂り、とりあえず、DVDの返却に向かう。
 片道3キロほど歩かなければならない。行きはなんとかなった。店に着き、DVDを返却して、さらにレンタルする。その時点ですでに夕方近くなっていた。職場に行く気力がない。それどころか帰路を歩く元気がない。よし、バスに乗ろうと決める。
 国道を渡ってバス停に向かう。僕の乗りたいバスがすぐ横を通り過ぎていく。わずかの差で乗り損ねてしまう。駆け足すれば十分間に合ったのだけど、走れない。つくづく、自分の足を恨みたくなる。
 それで次のバスを待つことになった。ぼんやり本を読んでいると、そのうち次のバスが来た。それに乗る。バス停3つほどの距離だ。乗車している時間は知れている。コンビニに立ち寄ってから帰宅する。

 帰宅すると、まず、今回レンタルした映画を観ることにする。何をどう血迷ったか知らないが、人一倍怖がりの僕がホラー映画を観ようと思い立ったのだ。まあ、ホラーといっても最近のドギツイやつは御免だ。ホラー映画で観れるのは70年代までの作品だ。それ以後のものは映像がキツイ。
 今回選んだのは「悪魔の棲む家」だ。観てみると見覚えがある。どうやら昔見たことのある映画だったようだ。神父役のロッド・スタイガーの熱演ぶりが見事だ。
 続いて、「シャーク・ナイト」という映画を観る。これは2013年くらいの作品らしい。サメ映画なら怖くないと思い、レンタルしてみた。まあ、実にくだらない内容だ。
 最近の映画を観ない理由の一つは、どうも登場人物たちに感情移入できないからである。どこか機械的なのだ。CGを多用した映像も苦手だ。本作もそうなんだけど、結局、映画独自のものがなくなるのだ。ゲームなんかの映像と差がなくなるのだ。
 最後にもう一本、ゴジラ映画を観る。ゴジラ映画は昭和30年代までのがいい。40年代のものは評価がまちまちで、いいのはすごくいいけど、つまらんものはとことんつまらんといった感じである。

 結局、これで今日一日は終わってしまった。DVDを返却し、続いて借りてきたDVDを鑑賞して終わった。映画を観て過ごした一日だった。そんな感じの一日だった。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ