blog2

2018年7月31日 火曜日

7月31日:夢「女性と一緒に寝る夢」

7月31日(火):「女性と一緒に寝る夢」

 また未知の女性が夢に登場した。その夢を記録しておこう。

(夢)「女性と一緒に寝る夢」
 夜だった。僕は通りを歩いている。夜なのにやたらと人が多かった。僕は何も言わなかったけど、それがちょっと不快だと感じた。
 家に帰る。親戚一同が集まっている。ここで僕は怒って「みんな早く帰れ」と怒鳴ってしまった。みんな去っていく。
 僕は寝室に入る。二つ布団が並べてあって、一方には女性と子供が寝ている。子供が僕の布団の方まで寝転がってきているので、僕はその子をそっと女性の布団へ戻す。この子は5,6歳くらいだろうか、男の子だった。
 僕は僕の布団にもぐりこみ、横になる。すると彼女が「昔は仲が良かったのにね」と僕に呟いた。僕は「そうだったなあ」と思う。僕は彼女の布団に入り込む。彼女は子供を向こう側に寝かせる。「川」の字の真ん中に彼女が位置することになった。僕たちはそのまま一緒に寝た。

(連想と感想)
 夜。闇の世界だ。この闇の世界で人々が賑やかにしている。無意識というか、心の深層で騒ぎ立てるものが僕にはある。これは一部ではエネルギーになるけど、その他の面においては、僕を困らせる。
 家に帰っても賑やかさは同じ。僕は他者を追い出す。身内であっても、その場から追い出す。僕の中から閉め出されているものがある、もしくは締め出したいと願っているものがあるのだろうか。
 この女性と僕とがどういう関係であったのかは夢では示されていなかったように思う。夫婦であったのか、知り合いであったのか、血縁の人であったのか、不明である。他のみんなは起きているのに、彼女と子供だけが眠っていたことになる。対称的な感じがする。
 子供も同じで、僕の子供なのかどうかも不明である。この子は男の子だったようだ。5,6歳くらいと思われる。言い換えると、5,6年前に僕の中で生まれた何かである。
 昔は仲が良かったねと彼女が言う。僕はそうだったなあと思う。彼女は僕の過去を思い出させようとしている。きっと、それが5,6年前のことだ。
 僕が最初に思い出したのは女性友達だった。別れてから7年近く経つ。女性友達だった人そのものは重要ではなく、その当時に僕の中で生まれたものが重要だと思っている。夢ではそれが子供の形をとっているように思う。
 もう一つ思うのは、女性性というか女性原理ということだった。僕は自分ではあまり男性的ではないと思っているのだけど、それではいけないと感じることが多々ある。もっと男性原理で生きなければと思う。そうでなければ生きていけないように感じてしまう。最近、やはり男性原理に従い過ぎているかもしれない。ユングによれば、男性があまりに男性原理に徹すると、それを補償するかのように、夢に女性が現れるということを言っているが、それが正しいと思うことがある。
 男性原理が強くなると、考え方とかが厳しくなってしまう。自他に対しても厳しくなってしまう。もちろん、厳しいということが悪いとは思わないのだけど、極端になるとやはりよろしくないように思う。女性原理とも一緒になれなければならないのかもしれない。
 男性原理と女性原理の結晶が子供であるかもしれない。男と女から生まれる子供は両性の結合を表しているのではないだろうか。仮に、僕の中でこの結合体が存在しているとしても、それはまだ5,6歳の子供であって、十分に成熟していないということになるかもしれない。

 夢を逆から読もう。僕は僕の中の女性性と一緒にならなければならない。その目的は新たな結合である。しかし、それは僕の中にまったくないわけでもなく、ただ、5,6年しかそれが生きていないのだ。
 この結合を生み出すには、あるいはもっと促進するには、騒がしい人たちを追い出さなければならないようだ。集合的な部分であったり、無意識的な部分、深層の部分において、僕を騒ぎ立てるものを追い出し、鎮める必要があるのかもしれない。この女性と一緒になるのは、騒がしい部屋ではなく、静かな寝室であるからだ。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2018年7月31日 火曜日

7月31日:無理したところで

7月31日(火):無理したところで

 今日、火曜日は本当なら定休日なのだけど、午前、午後、夕方と面接が入った。それぞれ月曜と水曜に来られている方々だ。勘弁してくれと言いたいが、それ以外の曜日に入られると、また調整が難しくなる。それを考えると、定休日に組んだ方がまだましか。
 しかし、結局、午前の人と夕方の人の面接は実現しないで終わった。こうした予定のことで振り回されるのが、最近はガマンならなくなっている。
 今日、当初の予定では、高槻には来ないで、家のこと、身辺整理のことに従事しているはずだった。まあ、それらは期限があるわけでもないので、いつでも延期できることではあるが、何となく、こちらとしては予定を変更したのにといった気持ちも残る。あまり、とやかく言うのはやめよう。

 午後というか夕方には職場を後にして、外を歩く。食事をして、その時につい一杯ひっかけた。それはそれでいいのだけど、急激に睡魔に襲われてたまらなくなり、職場に戻る。
 一休みするつもりで横になったが、いつしか深く眠り込んでしまった。目が覚めた時、けっこうな時間になっていたので、慌てて飛び起き、職場を後にする。
 なんとなく今日一日に不満だ。ムシャクシャした思いが込み上げる。結局、いつものバーに行って、酒を飲んだ。店の人たちは僕を見てすごく疲れているようだと言う。それは正解だが、要は、寝起きのためだ。
 あまり酒も飲めず。1,2杯飲んで帰宅することにする。

 帰りの電車。車内で嘔吐するやつがおる。たまらんなあ。どうしてトイレで吐いてから電車に乗らないのだ。車内でゲロを吐き散らしおって、本当にしょうのない奴だ。
 不思議と、僕にはそれがない。けっこうな飲酒歴があり、けっこうな失敗談もあるけど、電車内で吐いたということはなかったな。
 それに、僕はゲロ・スポットを予め探しておく。飲み歩く場所で、もしやばくなったらここでゲロしようという場所を何箇所か決めておく。人目につかないような場所を前もって調べておくわけだ。そして、手遅れになる前に、その場所に行くのだ。

 酒で吐くということは、少なくともこの数年は経験していない。
 吐くのは、何か悪いものを食った時とか、風邪などで胃腸が弱っている時とか、そういう時だけだ。吐かないように酒は飲まなければならないのだ。でも、これって、けっこうアル中の発想であるかもしれない。要するに、吐いたら勿体無いという発想だ。

 それにしても、今日は何もかもが不完全燃焼だ。何一つとして充実したものがなかった。ホント、これからは如何なる理由であれ、火曜日に仕事を入れるのは止めようかな。無理をしたところで、感謝されるわけでもないのだ。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)
 

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2018年7月30日 月曜日

7月30日:ミステリバカにクスリなし(17)~『白蝋小町』

7月30日(月):ミステリバカにクスリなし(17)~『白蝋小町』

 角田喜久雄の長編を読むのは久しぶりだ。相変わらずというか、お決まりのパターンが展開される物語だが、それなりに面白く読むことはできた。

 上野の不忍池にて人気の「黄粉もち」茶店の店頭に、のっぺらぼうの白蝋人形を飾ったところ、何者かに盗まれてしまう。茶店の看板娘のお霜は許婚の吾妻一兵のためにも、人形を取り戻そうとするが、非人たちの群れに取り巻かれてしまう。この非人たちを取り仕切っているのが目鼻のないのっぺらぼうの女だった。女はこの顔を見たものは死ななければならないと、お霜と人形を盗んだお常の二人を虐待しようとする。そこにお常の恋人でもある市太郎が救出に来るが、お霜は驚愕する。市太郎と称する男が許婚の一兵と瓜二つなのだ。こうして二人は救出されるが、お霜にとって、これは後に続く危機と苦難の序幕でしかなかった。

 スピード感のある展開と謎が謎を生むといった構成で読み手を引っ張るところは職人技である。
 物語は、その後、徳川家斉や遠山の金さんまで登場して豊かに展開していく。白蝋人形にはどのような秘密が隠されているのか、一兵と市太郎は同一人物なのだろうか、さらには江戸を騒がしている怪盗「疾風の市」とも同一人物なのだろうか、陰謀に巻き込まれたお霜の運命はどうなるのか、そして、こののっぺらぼうの初姫とは何者なのか、非人頭の藤太とは何者であり初姫とどのような関係にあるのか等々、多彩な謎が提示される。
 しかしながら、こうした展開や謎の多さにもかかわらず、本作にはどこか煮え切らないところも残った。どうも吾妻一兵が活躍する物語であるという思い込みがそうさせたのかもしれない。一兵が主人公だと思っていると、ちょっと肩すかしを食らうかもしれない。一兵はそれほど目立った活躍をしないのである。むしろ、活発に動くのは市太郎であり、金さんである。この二人の活躍が物語を進めていく。
 それでも、ラストで一兵、市太郎、初姫が、お互いにそうと知らずに揃うラストはホロリときてしまった。

 各人のキャラクターははっきりしていて、角田喜久雄の時代小説の登場人物の典型タイプが揃っている。分かりやすく言えば、お馴染みのキャラクターたちである。
 美人で、恋人を救うためなら自分の命も捨てて惜しくないとまで一途に思い焦がれるお霜をはじめ、それとは対称的に気風のいい姉御肌のお常、そして不幸な運命を背負っているがために怨恨の虜にならざるを得なくなる初姫など、ある意味ではお馴染みだけど、魅力的な女性陣が印象に残る。
 一兵ならびに市太郎といった主人公クラスの男性は、まあ男前で、能力があり、快活である。江戸っ子気質の金さんもよく見かけるタイプの登場人物だ。加えて、悪役は陰険で、サディスティックで、いかにも「お主もワルよのう」と言いたくなるキャラ揃いである。
 こうしたお馴染みのキャラが定番とも言える活劇と謎解きをするワンパターンさもまた、安心して読むことのできる要素だと思う。

 さて、本書の唯我独断的読書評は3つ星半だ。もしかすると、再読時にはもっと違った評価になるかもしれないけど、今回のところはこの評価だ。現時点での位置づけは、まあ「悪くはない」といったところだ。

<テキスト>
『白蝋小町』(角田喜久雄) 春陽文庫


(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2018年7月30日 月曜日

7月30日:落ち着いた一日

7月30日(月):落ち着いた一日

 今日は朝からよく動いた。出勤前に自宅の身辺整理も少しやっておく。一日15分くらいずつそれに充てることにしている。
 駅ではリハビリ運動をちゃんと2セットやった。最近、足に力が入るようになってきている。痛みを覚えることはあっても、カクカクと膝が笑うことが少なくなったような気がする。
 電車の中ではミステリを読む。専門書を読んでもいいのだけど、軽い読み物の気分だった。ミステリを読むのは僕の趣味だ。仕事も趣味もキッチリやろうと思う。
 銀行に行って記帳し、入金しておく。ついでにタバコを買うがてら両替を済ませておく。
 室内を掃除し、サイト原稿を書き、一人目のクライアントを迎える。
 落ち着いて待つことができている。だからと言って気が抜けているわけでもなく、適度な緊張感を緊張せずに経験できているといった感じだ。
 今日の予定は、面接以外では、明日が2回目というクライアントの初回面接分をもう一度聴きなおすこと。どうも今ひとつ僕の中で不明瞭な部分があるので、それを突き止めること。これが大きい仕事だ。

 それにしても、今日は落ち着いて一日を過ごすことができている。重荷を降ろせたことが大きいと感じられている。僕にたまらなく負荷をもたらすクライアントと縁が切れたことによる。この人と面接した後、僕はたまらなく自殺衝動に襲われる。それが苦しいので、この人と面接を組む時には時間的な余裕、準備時間が僕には必要なのだが、この人はそれを与えてくれなくなっている。僕は僕の身を守るために、少しこの人と距離を置かざるを得ない。この点のことをこの人に伝えても無意味だろうし、理解されもしないだろう。
 結局、この人は僕を罵って、それで関係が終わりとなった。それならそれでいい。この人の人間関係はそういう形で終わるのを常としている。常に相手が悪いという形で終わるのだ。でも、それは間違っている。この「悪い」はこの人にあって、この人について回るものだ。だからこの人が誰と人間関係を築いてもいつかそれが頭をもたげることになる。
 このことを理解するには、自我が相補的に働くということを理解しなければならない。つまり、一方の自我において機能していない部分や切り離されている部分が、他方の自我において機能するということだ。こうして二人で一つの自我機能を果たすので、この場において、一方は完全な自分を経験することだろう。十分に機能する自分を経験するだろう。しかし、それは相手の補完性によってもたらされているものである。
 問題はその後だ。この場の経験が少しでもその人に取り入れられると、相手が受け持っていた機能、つまりその人の自我において機能していなかったり解離されたりしていた部分が、その人の中で活性化してくる。この人はそれを自ら背負わなくてはならなくなる。
 僕はその人との面接後、ひどく疲れたり、あるいは逆に苦行から解放されたかのような安堵感を覚える。ひどいときには厭世感情に支配され、衝動的に自殺してしまいそうになる。もし、僕が他の人たちと会ってこういう経験をせずに、この人と会った時にだけこれらを経験するということであれば、これらの経験はその人によって、ないしはその人との関係によって僕にもたらされたものであると仮定することができる。この仮定に基づけば、僕の中に生じたそれらの要素はその人に属するものであるという仮説が可能となる。
 あくまでも仮説である。その人が悪感情を自分から切り離す。その部分は僕が担うことになる。そして、僕を通して、今度はこの人みずからがこの悪感情を経験するようになる。この人はこの悪感情を外部のものとして経験する。こうして外部の人や世界が悪に満ちていくことになる。
 本当の治療は、外部からもたらされるとされるこの感情が自分の中にあるものであり、自分の中で生み出され続けているものであることを知っていくことだと僕は考える。この人にとってそれは受け入れがたい治療法であることは承知の上でそれをしていくことになる。
 この人はこの人自身が思っているほど善良な人間でもないし、激しい恨みを内に秘め、人を攻撃せずにはおれない部分を持っているのだ。僕たちは自分の中にそういう傾向や部分があることを知っている。知っているから監視することも、飼いならすことも可能になっていくのだ。これを切り離しているような人こそ恐ろしい。
 つまり、完全無欠なほどの善人がいるとすれば、その人の周囲の人間は悪人にならざるを得なくなる。この人の悪が周囲に投影され、この投影に同一視しなければ、つまり自分が悪にならなければこの人との関係は築けなくなる。この善人にとってみれば、周囲が悪人になるだろうが、その悪はこの善人に属するものである。しかし、この善人は生涯自分のそれに気づかないかもしれない。こうしてこの善人は悪の中で孤立奮闘してきた偉人として自分を意味づけるだろうけど、本当は善人どころか、普通以下の人間なのである。

 ああ、くだらんことを綴ってしまった。このまま続けていくと、果てしなく文章を綴ることになってしまいそうだ。いい加減に止しておこう。
 今日は比較的安定した自分を経験できている。本もよく読むことができた。こういう日がコンスタントに続けられるといいのだけど、現実はなかなかそうもいかない。生きているといろんな感情体験をしてしまうものである。動揺したり、突き動かされたり、穏やかではいられない時も生まれる。それもまた受け入れなければならないことのようだ。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2018年7月29日 日曜日

7月29日:失言議員

7月29日(日):失言議員

 朝、報道番組を見ていたところ、ある議員の発言が問題になっているということを知った。よくある議員の失言だろうと思って聴いていたが、内容は以下のようなことであるらしい。
 その議員は性的少数者を指して、子供を産めない彼らは「生産性」がないと言い、彼らに対して税金を投入する意味があるのかと話したということらしい。
 この議員を弁護するつもりもないし、醸している物議に参入するつもりも、僕にはないのだけど、この議員の発言は論理を逸脱しているように思った。
 例えば、同性愛者どうしでは妊娠できないということであれば、それは「生産性」の問題とは言わずに「生殖性」の問題と言わなければならない。
 そして、彼らが子供を産むことができないということは、例えば少子化問題にとっては大きな課題になるだろう。この理論は筋が通っていると僕は思う。少子化問題における同性愛者の問題はその非「生殖性」にあるとすれば、これは一応理論として成り立つと思う。
 しかし、これが税金投入の問題になっている点に飛躍がある。もし、税金未納者に対して、その人たちに税金を投入することの是非を問題にするなら、これも一応は頷ける。ところが、性的少数者であろうと、一般国民生活を送っている以上、彼らも納税者のはずである。納税者である国民に対して税金投入の是非を問うことは、本末転倒ではないだろうか。
 でも、政治がらみの話は止めよう。門外漢が口出ししたところでお叱りを受けるだけだ。僕はこの議員の思考様式を取り上げたい。この一連の発言は以下の4要素で構成されている。
 まず、①子供を産めないということ。そのことをこの議員はかなりマイナスなこととして捉えているようだ。そこに大きく価値を置いているようだ。それは個人の価値観なので、それの良し悪しということは問わないことにしよう。それに出産とか育児がこの議員にとってどういう意味があるのかもここでは不問にしておこう。
 ②子供を産めないのは同性愛者だけに限らないはずである。身体的な問題で子供が産めないという人もあるし、生涯独身の人だってある。この議員は、それに該当する人たちのうちの特定の人だけをこの問題(子供を産めない)に結合させていることになる。
 ③子供を産めないということが、イコール「生産性がない」という結論になっている。「生産性」とは実に幅広い概念である。僕がこうして考えたことを文章化している、これも生産的活動である。どの人もある面では「生産性」が高いだろうし、他の面では「非生産的」であるかもしれない。つまり、「生産性がない」と言ってしまえば、これはどの人にも該当してしまうのではないかと思う。②と同じで、幅広く該当する人たちから特定の人たちだけを結合させているのだ。しかし、この議員の言うところでは、「生産性」とは「出産」のことである。先述のように、これは「生殖性」ということである。「生殖性」は「生産性」にすりかえられているが、「生殖性」に関する事柄に抵抗が働いているように思う。
 ④税金投入の妥当性という問題。ここで思考が大きく外れることになる。税金を投入する価値がないという人がいるとすれば、それはどういう種類の人たちなのだろうか、僕には分からないけど、この議員の中では何らかの定義があるのかもしれない。その辺りのことは分からないので置いておくとして、もし、「こういう人たちに税金を投入するのは私は反対だ」と個人的な意見を表明していれば、同じように物議を醸し出していたとしても、もう少し話はまとまっただろうと思う。つまり、問題となるのは、「私は反対だ」という主張が「彼らにその価値がない」という形で主題のすり替えが起きていることである。
 まあ、一議員の失言をあれこれ考えてもしょうがないか。こういうことを語りだすと、キリがなくなる。それに、この人の発言をすべて知っているわけではない。限られた情報に基づいて僕が勝手に推論しているだけである。だから僕の推論は偏っているだろう。僕の推論においては、この人の論法には背理が多く含まれており、思考過程には滅裂なところが感じられており、この滅裂さというのは、いくつもの観念が圧縮されることに起因するようだ。そして、このような圧縮が生じるのは、この人が一次過程の思考様式に退行していることが可能性としてあるかもしれない。そうだとすれば、この人はあまり精神状態がよろしくないかもしれない、現実適応がかなり難しくなっているかもしれない。と、この人がクライアントであれば、僕はそのように考えるだろう。

 さて、失言のことで分量を費やしてしまった。いつものブログの感じに戻そう。
 今日は、ブログの公開をした。6月21日から昨日までの20数件をアップした。パソコンの不調やサイト更新ページのトラブルなどに見舞われたが、何回かに分け、トータル4時間ほどかけて、どうにか溜まっていたブログはすべて今日中に公開できた。
 ブログの公開もこまめにやるといいのだけど、ある程度まとめてアップした方が効率がいいのだ。その葛藤に悩む。そして、ある程度溜まるまで間を空けると、今度は公開作業が億劫に感じられてくるのだ。本当に困ったものである。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ