blog2

2012年10月29日 月曜日

10月29日:ポール死亡説?

10月29日(月):ポール死亡説?

 今日は朝からバタバタと忙しく動き回っていたけど、夕方のお昼休みにビートルズを聴こうと思って、ユーチューブを開いた。そこでポール死亡説に関するけったいなドキュメンタリーを見てしまい、思わず最後まで見てしまった。とても下らなくて、下らなすぎて面白い。僕は全然信用していないけれどね。
 もし、ビートルズ学科があれば、僕はポール死亡説を学位論文のテーマに選びたいね。あれは不思議な現象だって思う。
 ビートルズは1962年にデビューして、1970年に解散している。ポール死亡説というのは68年頃に言われ始めたものだ。「アビーロード」のジャケット、「サージェント・ペパー」の裏ジャケ、その他「マジカル・ミステリー・ツアー」のセイウチマスクや、「レボリューション9」のセリフなどがその根拠として有名である。
 死亡説というのは、ある意味ではその人の死を願望していることでもある。それになぜポール・マッカートニーだったのかということも疑問である。そして、この死亡説はそれ以前のビートルズの出来事と無関係だとは、僕は思わない。
 ビートルズの4人はみな労働者階級の出である。それが音楽でスターになり、女王から勲章を貰うまで成り上がっていくわけだ。そしてジョン・レノンのキリスト発言があり、さらに66年には一切のコンサート活動をしないと宣言するわけだ。67年にはアップルレコード社を設立して、資本階級の人間になっていくわけだ。こうした一連の出来事と「ポール死亡説」がはたして無関係だと言えるだろうか。
 ファン心理の中には、相手を好きだという感情と同じくらい、相手に妬みや憤りがあるものではないだろうか。「ポール死亡説」はそうした負の感情の爆発だったんじゃないかって、僕は思うのだが、いかがなものだろう。

 しかし、今日見たドキュメンタリーは実にこじつけが多いと感じた。例えば、「アビーロード」のジャケットで、ポールが右手でタバコを持っている。ポールは左利きなのにおかしい、別人ではないかと言われても、左利きの人が常に左手にタバコを持つとは限らないものだ。吸う時には左手で持つが、それ以外では案外右手で持っている場面もよくあるものだ。何かを持ったり書いたりすることもあるので、利き手を空けておくということをするものだ。僕自身そうしていることが多いから分かるのだ。
 特に多いのが、曲を逆再生したらこう聞こえるというものだ。そして歌詞なんかをアナグラムしたり、ジャケット等を鏡像融合(つまり左右または上下を鏡で映したように対峙させて、それを合わせていくと文字なり暗号なりが浮かび上がるという類のものだ。どう表現していいか分からないので、こんな言葉を使用している)させたりといったものが、これに続く。どれもこれもいい加減なこじつけだ。
 なぜそれらがこじつけかと言うと、整合性や一貫性がなければ暗号は意味をなさないからである。もし、ある曲のある部分を逆再生して「ポールは死んだ」と聞こえ、それが一つの暗号として意義あるものにしようとすれば、他の曲でも逆再生して同じ「ポールは死んだ」という言葉が聴かれなくてはならないのだ。他の曲では「三人になった」とか「彼は埋められた」とか聞こえているようであれば、それは暗号としては不確定すぎるように思われる。ただ、そう聞こえるというだけのことで、偶然に生じたものでしかないわけだ。
 ああ、こんなことを解説している自分に嫌気がさしている。書いていても下らないと思えてしまう。しかし、いまだに「ポール死亡説」が生きているとは驚きだ。そして、それを検証しようと非科学的な努力をしている暇な人たちがいるというのも驚きだ。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

(付記)
 字幕なしで見たものなので、正しく理解できているかどうか確信は持てないけど、そのドキュメンタリー風の映画では、ポールは1965年頃に死んでいるということらしい。でも、人気絶頂のさなかにあって、ポールが死んだとなれば、ファンがパニックになるということで、そっくりさんを起用したということらしい。その後の音楽活動を見れば、初代ポールよりも、2代目ポールの方が音楽的才能があるということになるのだけど、その辺りはどうなっているのか分からない。
 この理屈はすでに矛盾をはらんでいる。なぜなら、ポールが2代目に入れ替わったということであれば、その事実は隠蔽されるはずである。暗号でそれを公表することなんてあり得ないわけだ。公表する場合でも、むしろ「ポールは生きている」というメッセージを盛り込むのが筋である。「ポールが死んだ」というメッセージを吹き込んだとしても、それで得をする人間はいないわけだし、損害・損失の方が大きいだろうと思われるからである。
 まったく、無意味な映画を見たものである。
(平成28年12月)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2012年10月22日 月曜日

10月22日:ギャンブル依存ー3

10月22日:ギャンブル依存―3

 ギャンブル依存について、今日も書いていこう。
 僕はカウンセリングをしているけれど、ギャンブル依存を主訴にして来られる方はほとんどない。他の主訴に伴って、ギャンブル依存が問題になっているという例を多少経験したに過ぎない。そういう人たちと会っていて、思うことがいくつもある。そして、それはギャンブル依存の人にとってはとても致命的な部分である。
 実は、ギャンブルそのものをやめることよりも、その致命的な部分を何とかしていくことの方がはるかに難しい。でも、そこを何とかしないと、その人は再度ギャンブルの魅力に憑りつかれてしまう可能性が高い。
 その致命的な部分とは何かというと、彼らの帰属感情である。現実にどこにも所属していないという人もあれば、所属はしているけれど孤立しているという人もある。一言で言えば、社会的なつながりに乏しいのである。
 僕の考えでは、ギャンブルというのは、とても「自閉的」な活動である。いや、「自閉的」というような言葉は望ましくないな。誤解を招きそうだ。むしろ「自開的」であり「他閉的」であると述べる方が正しいだろうか。実際、ギャンブルに興じている時、その人の心の中に誰かが存在しているだろうか。親しい人も、愛してくれている人の存在もまったく見失って、ギャンブルしていることが多いのではないだろうか。他者を完全に心の中から締め出していて、そういう状態でパチンコ玉を打っているのではないだろうか。僕はそう思うことが多々ある。つまり、彼らの中に、関わるべき他者が見失われているということが問題であり、それが彼らの抑制力を失う一因なのかもしれない。
 そして、現実にそういう他者がいない場合もあれば、現実にそういう他者を失う場合もある。後者の場合、失ってみて初めて自分が何を失ったかに気づいたりすることもある。
 だから、彼らにはそういう他者とのつながりというか、ネットワークがもっと必要なんだけれど、現実には正反対の結果を自らにもたらしてしまっていることも結構あるものなんだ。
 そもそもギャンブルというものは極めて個人的な「遊び」だと思う。「独り遊び」の域を出ないものだと僕は捉えている。一緒に感情や体験を共有する人もいないのだ。そして、しばしば彼らの中にはそういう「独り遊び」に慣れ親しんでいる人もあるようだ。つまり、ギャンブルに手を染める以前から、孤独だったという人が少なくないのだ。少なくないと言っても、別に統計をとったわけじゃない。ただ、僕はそういうイメージを持っているというだけのことだ。そして、それはあながち間違ってはいないだろうと信じている。
 だから、彼らがギャンブルをやめたとしても、彼らが社会の中で生きられないのであれば、何も改善したことにはならないと僕は考えている。いささか極論であるかもしれないけれど。それに、それはある意味、究極の目標でもあるし、それが簡単には実現できないというのが現実だ。
 ギャンブルは彼らの何かを埋め合わせてきたと僕は捉えている。彼らは自分の中に何かが足りない、何か欠乏しているという感じを抱いて生きてきたのではないだろうかと思う。ギャンブルは少なくともその代理物として埋め合わせてきたのかもしれないけれど、それが本当にはその人を満たしてくれないから、依存傾向を強めてしまうものなのだ。そして、僕の個人的な見解では、その欠乏している部分というのは、他者のはずだと思っている。他者との関係とか愛情と言ってもいい。これはアルコール依存でも同じことだと捉えている。僕もアル中だったので、そのことが理解できる。
 だから、彼らが人間関係において満たされるということ、人間とのつながりの中で生きていくことの大切さということは、どれだけ主張しても主張し足りないほどなのだ。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

(付記)
 この辺りの考えも今と変わっていないな。ギャンブル問題を取り上げているのは、当時、ギャンブル依存のクライアントで上手くいった人がいたからだ。それで、少しばかり有頂天になっていたかもしれない。その後、上手くいかないギャンブル依存者たちともお会いして、徐々に僕の見解も変わってきたのだった。
(平成28年12月)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2012年10月21日 日曜日

10月21日:早朝にて

10月21日(日):早朝にて

 昨日は夜まで仕事をして、夜から早朝までアルバイトに行く。このアルバイトは電気の設備点検の方のバイトだ。朝の4時ころ解散となる。始発電車が出るまで、京都の木屋町辺りで時間を潰す。ファストフード店で軽く食事をする。考えてみると、昨日は夕食抜きでそのまま徹夜しているので、さすがに腹が減ったのだ。それから近くのコンビニに入って、タバコを買い、一服する。あの辺りは人通りが絶えない。朝の4時だというのに。道端で寝転がっている人や、この時間で呼び込みをしている違法店の人たちもいる。なんとまあ賑やかなことだ。
 それから始発電車に乗る。5時発の電車だ。けっこうそれに乗る人が多かった。いや、これは正確に言うと、かつてほどの多さではないが、僕が思っていた以上に乗客があったという意味だ。木屋町や河原町も年々廃れていっているのは明らかだ。だから思っていた以上に乗客があって、びっくりしたというだけのことだ。その乗客の大半は夜通し飲んでいた人たちだ。かつては僕もそれをしていた。朝まで飲むのだ。高槻に来てからはそれをしなくなった。年に一回あるかないかという程度になった。そこまでお酒が欲しいとは思わなくなっている。
 5時発の始発電車に乗ると、高槻には5時半に到着する。そこから喫茶店に入って、これを書いている。あと二時間もすれば事務所の建物が開く。それまでここで書き物をしていよう。
 一旦帰宅しても良かったが、家に帰ると必ず寝てしまう。そうすると朝の仕事に間に合わなくなるのではないかと心配になる。だから、帰らずに高槻に直行して、ビルが開くまで作業をしていようというわけだ。事務所に入れば、そこから仮眠を取ればいい。とにかくそうしておけば遅刻の心配はない。

 夜中でも働いている人たちは多い。ファストフード店やコンビニなどの24時間営業の店はもちろんのこと、飲み屋やタクシーの運転手、ホテル、そして警官と。すべて今朝目にした人たちだ。女性も多い。大半は飲み屋とか風俗店とか、そういう所で働いている人たちだろう。見た目に派手なのでそう思う。彼女たちを見ても何もいいとは思わない。彼女たちにお酒の相手をしてもらうくらいなら、独りで飲む方がましだと思うようになっている。
 いつだったか、飲み友達のY君に連れられてガールズバーに行った。足の怪我で、まだ杖を突いて歩いていたころだから、今年の夏の話だ。梅田にある店で、とにかく安いというので連れられたのだ。確かにあの手の店にしては格安の料金だったけれど、女性たちとはあまり楽しめなかった。Y君との付き合いという感覚しかなかった。

 今朝のように、朝の4時に解散となったら、昔だったら、そこから飲みに行っていた。今はそんなことをする気力もない。いや、気力がないというだけではないな。他にやることがあるからそれをしないのだという感じでもある。それよりも、外側の快楽にはだんだん興味が失せている自分を発見する。これをどう捉えるかは現時点では何とも言えない。それにどのような意味があるかとか、そういうことは常に後にならないと分からないものだ。人生を楽しめなくなっているのか、それともより内的な価値が重要になってきているのか、今のところ、どちらとも分からない。
 取り留めもない話をしてしまったな。外はぼちぼち明るくなってきている。夜明けの時間帯ってけっこういいなと思う。今日も一日始まる。どんな一日になるかではなく、今日をどんな一日にしたいと僕が望んでいるかで、今日の一日が決まるものだ。今日もしっかり生きようと思う。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

(付記)
 徹夜明けの日だったか。よくもまあ、そんなことをやっていたものだ。始発電車なのに電車が混んでいるのである。大半は夜通し飲んだ人たちだ。終電に乗り損ねた人もその中にはいるだろうけど、あまり見られた姿ではないものだ。酒もほどほどにしておかないといけないな。
(平成28年12月)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2012年10月21日 日曜日

10月21日:ギャンブル依存ー2

10月21日(日):ギャンブル依存―2

 昨日書いたように、ギャンブル依存に取り組みたいと思っている。ギャンブルに限らず、依存症の問題は現代の私たちにはとても身近な問題だと僕は考えている。依存症は、その人からあらゆる活力を奪うものだ。なぜなら、人間のエネルギーには限界があるし、そのエネルギーをどこに分配しているかで、その人の活動量が制限されたりするからだ。
 基本的に、依存症というものは、その依存対象に多大なエネルギーが注入されるものだ。従って、それ以外の部分のためのエネルギーが残されていないということになる。実際、あるギャンブル依存症の人は、普段の生活では「虚脱状態」だった(これは本人が述べた言葉である)というのも当然のことである。
 しかしながら、ギャンブルというのは、何が魅力なのだろう。賭け事というのは、勝てば賭け金が手に入るものだ。これは不労所得ということである。この不労所得の魅力は僕にも理解できる。宝くじを買うという人も、ある意味では不労所得の魅力に取りつかれているわけだ。そして、この不労所得は、困ったことに、自分のために他人が負けてくれたらいいという、非常に自己中心的な考え方を基にしている。
 不労所得とは何事かとお怒りになられる方もおられるだろう。ギャンブルで勝つために日夜研究し、何度も負けてまで成果を実戦で試しているのに、それを不労所得などと言うのはけしからんとおっしゃられる方もおられるだろう。でも、やはりそれは不労所得なのだと僕は考える。
 これは不労所得と言う前に、何をもって労働とみなすかということから考えていかなければならないことだ。労働とは、一般に我々が理解している限りでは、それは何かの産出や製造に携わったり、何らかのサービスや福祉に努めているというものだ。法的に見ても、それらを労働とみなしているのではないだろうか。
 パチンコとかギャンブルというのは、だから労働ではないのだ。物を生み出しているわけでもなく、誰かにサービスを提供しているわけでもない。勝てば金品が獲得できるとはいえ、それは労働による代価ではないのだ。
 従って、ギャンブル依存の人は何か労働、就労に関してのトラブルを抱えているかもしれないという仮定が成り立つ。僕はこれはけっこう該当する人が多いのではないかと思っている。
 もし、彼らが「働くこと」に関して、障害を感じているのであれば、それはギャンブルの問題ではなく、神経症の問題である。従って、そのような状況にある人は、ギャンブルの問題だけでなく、「労働」の問題にも取り組んでいく必要があると思う。そこが何とかして克服される必要があるわけだ。
 ところで自助グループというものがある。ギャンブルならGA,アルコール依存ならAAといったグループがある。僕も参加したことがある。それを否定するつもりはないけれど、ああいう自助グループはどこか片手落ちという感じがしないでもない。そこに僕は、個人的にだけど、不満を感じている。僕のグループワークでは、そこで抜け落ちてしまっている部分も取り上げたいという理想を掲げている。まあ、現実にはどうなるか、今の段階では何とも言えないのだけれど。
 でも、これだけは言えると思う。アルコールであろうとギャンブルであろうと、その人がそれを必要とした動機を無視して、その人からそれだけを取り上げるというやり方は不十分であると。もし、それをしたら、その人はただ欠乏だけを体験するようになるだろうと思う。それは結果的に、彼の人生を貧困化するだけになるかもしれない。それは、問題行動がなくなったとは言え、彼自身が幸福な人生を送れるようになったという意味ではないと僕は考えている。
 つまり、ギャンブルをやめるということは望ましいことであるが、ただやめればいいとか、取り上げればいいという考え方には僕は賛成できないのだ。ここはとても繊細な問題である。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

(付記)
 ここで述べていることは、基本的見解として今でも残っている。「自分のために他人が負けてくれたらいい」はあらゆるギャンブルの根底にある思想だと思う。それは個人主義的な考え方であるだけでなく、他者に対する共感性を失わせるものだ。ギャンブル依存の問題はその部分の喪失の問題でもあると考えている。
(平成28年12月)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2012年10月20日 土曜日

10月20日:ギャンブル依存ー1

10月20日(土):ギャンブル依存―1

 依存症の問題に取り組みたいと思っている。特にパチンコやスロットなどの、いわゆるギャンブル依存の人たちを援助したいという気持ちが強まっている。少人数のワークショップをやってみたいと前々から考えているのだけれど、まだ、具体的な内容がまとまらないので、告知できないでいる。来年の1月や2月くらいには始められたらと計画している。興味のある方は、今後、告知欄や関連ブログを見ていただければと思います。

 僕はパチンコをしない。負けると分かっているからだ。恐らく、パチンコ人口の大部分の人は負けているはずだって僕は捉えている。そうでないとパチンコ屋が儲かるはずがないからだ。
 パチンコの上手い人、勝つ人もある。それは認める。しかし、そのような人でも常に勝つとは限らなくて、トータルするとやはりマイナスなのではないかと思う。大体、10取られて、7戻ってくればいい方ではないかと思う。戻ってきた7の方だけを見て、自分はパチンコが上手いと主張するのは間違いである。彼らは取られた方を忘却しているのだ。
 それでも本当に上手い人がいるということも僕は認めている。彼らは動体視力がすごくいいようだ。個々のパチンコ玉の動きとか、中央のスロットの絵柄とかが見えると言うのだ。仮に僕がスロットマシンをしても、個々の絵柄の区別はつかなくて、一本の色鮮やかな線状にしか見えないのだけど、彼らは回転している絵柄の一つ一つが識別できると言うのだ。彼らがそう言うのだから、実際、そう見えているのだろう。

 まあ、そんなことはどうでもいい。僕はギャンブルをやめなさいなどと言っているのではない。成人男女はパチンコをする自由と権利がある。それらを奪おうと考えているのではないのだ。だからギャンブルを続けたい人は続けて構わないのだ。
 僕が関わりたいのは、ギャンブルをやめようと思っていながら、やめられないという人のことだ。彼らがやめようと思うのであれば、それの力になりたいと考えているだけのことだ。そして、僕の個人的な価値観においても、ギャンブルをやめることはいいことだと思えるから、力になれないかと思っているだけなのだ。だから、やめたいと思っている人にだけ来て欲しい。
 なぜ、ギャンブルをやめることがいいことかと言うと、パチンコもその他のギャンブルも、大元が儲かるようにできているのだ。つまり、ギャンブルをする人は、始めた瞬間に負けが決定されているようなものだと僕には思われるのだ。たまに勝つということがあったとしても、それは大元の手のひらの上で踊らされているようなもので、基本的には負け続けの人生になるものだと、僕はそう捉えている。
 実際、ギャンブルにハマってしまったという人たちを何人か知っている。言葉は悪いけれど、言わせてもらえば、彼らは「敗北慣れ」しているのである。「負け癖」が身についてしまっているのである。一度でも自分が勝者になる場面を体験しない生き方を送っているように僕には見えるのだ。せっかくの人生を敗北者としてしか生きられないというのは、非常に不幸なことだと思う。
 よく「明日こそは勝つ」とか「次で取り返す」ということを彼らは口にするのであるが、これは「負け癖」がついていることの立派な証拠なのである。「勝ち癖」がついている人なら、そんな風には言わないだろうと思う。立て続けに負けているから、次の勝負に期待してしまうものではないだろうか。
 僕はギャンブルをしない。ギャンブルをしない僕が、どこまでギャンブルをやめられないという人のことを理解できるだろうか。そこには一抹の不安を感じているし、いろいろ勉強して学ばなければならないことも多いだろうと思う。でも、この問題の本質はギャンブルそのものにあるのではなく、その人の生き方にあるのだ。そう思うと、僕もいろいろ力にされそうだという期待が生まれてきている。僕もまた僕自身の生き方を抱えてきているのだから。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

(付記)
 こんなことを考えていた時期もあったのだなあと思う。今はギャンブル問題はできるだけ引き受けないようにしている。彼らは、「負け癖」がついている人も多いのだけど、それ以上に「インチキ癖」のついている人もある。約束破りや裏切り行為を働くのだ。それで、もう僕がウンザリし始めている。
(平成28年12月)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ