blog2

2021年11月13日 土曜日

11月13日:生活の焦点化

11月13日(土):生活の焦点化

 今日は予定されていた仕事だけをこなした。サイトに関することは一日お休みすることにした。だから、今日はこのブログだけである。
 その代わり、昨日に引き続き、本をよく読んだ。今日は特定の一冊ではなく、あちこちの文献から論文を読んだ。中には短い論文もあったけれど、今日一日で10数本の論文を読んだ。
 昨日は物欲が減少しているって書いたけれど、よく考えたら知識欲は高揚しているようだ。もっと知りたい。もっと勉強したい。ただし、人間に関する学問だけであるが。自然科学などに関する学問分野にはまったくと言っていいほど興味がない。
 興味、関心その他欲求などは減少しているものの、少数の関心や欲求は以前よりも強くなっているように感じている。たくさんのことをしたくないが、限られたことだけはとことん追求したいという気持ちがある。
 そうなのだ。一つのことに集中しようとすれば、他の多くのものを、一時的にであれ、遮断しなければならないのだ。クライアントたちもそれが難しいのである。一つの問題を考える際に、それだけに焦点を当てて考えてみる、現象学的還元を行うということが難しいのである。他の様々な観念や記憶がそれにまとわりついていて、容易に意識に混入してくるのだ。最初にそれだけを取り上げ、それだけを考えてみる、それを十分にやってからその他の意識内容へと広げていけばいいのであるが、最初から広範囲のものを取り上げすぎるのである。
 それとは少しばかりシチュエーションは違うけれど、僕も自分の生活を焦点化したい。ある一つか二つのことだけに集中するような生活をしたいのである。その他のことは、徐々に広げていってもいいが、今はそれだけに集中したい。

 足が悪いということにも利点がある。健康には悪いけれど、あちこち歩き回る気を失せさせる。外界に対する興味が薄くなる。その分、自分自身に興味や関心が向かう。僕が何を追求したいのか、今どういうことを勉強したいのか、いろんな内面の事物に目を向かわせる。それはそれで良かったことであるようにも思えてくる。
 今日も真っ直ぐ帰宅するつもりだ。宣言解除後も、寄り道をする日もあるけれど、大抵は直帰している。運動がてら歩いてから帰ることもあるし、自宅近くまで帰ってから歩くということもあるが、それは寄り道ではない。帰宅してから運動するのではなく、運動をしてから帰るというだけのことだ。
 先週から悩まされていた足の痛みもかなりましになっている。相変わらず腫れているが、その外観ほどの痛みはない。痛みが先に治まりつつあり、腫れの方もそのうち引いていくだろう。ある程度までは普通に歩ける。今日も少し歩いてから帰ろうかとも思っている。まあ、どうなるか分からないけれど。
 
 人からどう思われようと、僕は僕の人生を生きる。僕は僕のテーマを追求する。そのテーマが時代遅れであろうとなんだろうと構わない。少しでも物事のよく見える人間になりたいのだ。

(寺戸順司-高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2021年11月12日 金曜日

11月12日:思索に生きたい

11月12日(金):思索に生きたい

 今日は特にこれといった予定は入っていなかった。午前中はサイトの原稿を書いて過ごし。午後から本を一冊読んで、さらに数本の論文を読んだ。体は動かさなかったものの、頭はフル回転した一日だった。

 20時過ぎて、帰り際に電話が鳴る。取ると、いきなり支払いがどうのこうのという話をされる。なんのことかいなと僕は一瞬意味が把握できないでいる。仕事に行けないとかそういうことを相手は訴えている。それで支払いの話になって、ようやくこの人の言っていることが料金のことだと把握できた。僕は料金を伝えると相手はガチャンと電話を切った。
 まあ、別にいいんだけれど、僕とは無縁の人なんだから。しかし、ひと言わせてもらうと、彼は仕事に行けないのではないのだ、仕事の方が彼を拒否しているのだ。

 帰宅して、もう一冊本を読もうかとも計画していた。しかし、もう頭が疲れた。帰宅前に近所を散歩する。賑わいは今一つといったところだ。昨年から続く経済のダメージは相当大きい。それ以前の段階に戻るまでにもう数年かかるのではないかと思う。
 バラマキと批判されようと、政府はガンガン給付金を出せばいいのに、とも思う。18歳以下の児童に10万円を支給するという案も一応決定した。愚策であるかどうかは別として、それが決まるまでに何日かかったことか。おまけに5万円の現金を年内に支給して、残りの5万円は来春にてクーポン券で支給するということだ。一括して支給することよりも二倍の作業量が役所の人たちに課せられるわけだ。人的資源の無駄としかいいようがない。
 一括で10万円支給して、次の対象者のことに取り組んだらいいのに、昨年同様スピード感ゼロの政府である。
 政府には危機感が乏しいのであるが、それは危機の把握がきちんとできてないということである。危機の把握を妨げているのは意味不明の楽観論である。この楽観論は五輪開催を巡って顕著に見られたものである。この楽観論はどこから生まれるのか、それは大きな危機を経験していないことと、危機を経験しても何とかなったという経験である。こんな風に考えていくと、政治家がどんな世界に生きていたかが推測できようものである。
 日本は総貧困化の道をまっしぐらに進んでいるようだ。先進国はおろか、途上国並みになりつつある。今でこそ大企業だの富裕層だのと言っていられるけれど、そのうち、そういうこともなくなるかもしれない。大企業でさえ危うい時代に差し掛かっている。富裕層も富裕層と言ってられなくなるかもしれない。

 僕はと言うと、貧乏でもいいから、朝から晩まで思索に耽る生活を送りたい。そもそも物欲は限りなく小さくなっているし、旅行やグルメなども興味がない。服装なんかも気にしない。テレビなんかも興味がない。
 いくつかの趣味はあるけれど、たとえば音楽なんかは今はあまり聴かないし、演奏に関してはまったくやっていない。映画は観るけれど、その興味も今は薄れつつある。
 酒は飲むが、全盛期の5分の1しか飲めない。昔は10杯くらいは平気で飲めていたのに、今は2,3杯でもうええわってなる。お酒と料理とはセットとは言え、今は飲むときは飲むだけという感じだ。食べたいと思うものがない。
 本は、長いこと新刊を買っていない。つまり古書しか買わない。一冊100円で叩き売りされているような本で、掘り出し物を見つけるのが楽しい。一冊の知識が100円で買うことができるなら、安いものだ。本の出版が新しいとか古いとかいうことには拘らない。ヤスパースの言うように人間に関する学問は継続的な価値がある、と僕もそう思うのだ。古書でも十分勉強できる。
 生活に必要な分だけ仕事して、あとは人間とは何であるかという思索だけをしたい。スピノザが送ったような生活に今は憧れている。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2021年11月10日 水曜日

11月10日:仕事を終えて

11月10日(水):仕事を終えて

 今日はそれなりに忙しい一日となった。
 20時に出るつもりでいたが、パソコン作業が中途なので最後までやってしまおうということになり、20時40分頃の退室となった。

 電車に乗る前に周辺を一周する。飲食店の客入り具合を道路から確認する。あまりよくなさそうだ。週の半ばということもあるのだろうけれど、見ていると、老舗はまあまあ客が入っているようだ。若い店、オープンして2,3年といった店は閑散としている。常連がついているのとついていないのとでかなり差が出ているようだ。

 帰宅して軽く夕食。22時を過ぎていた。何気なくテレビをつける。たまたま水曜日のダウンタウンがやっていて、途中から見た。レジ袋なしで、素手でどれだけコンビニ商品を持つことができるかというのをやっていた。実にくだらない。ただ、コンビニにはいろんなものが売っているんだなあと思ったくらいだ。
 その後、神輿タコのことをやった。神輿を担ぐとタコができるというのは聞いたことがあるけれど、実物を見るのは初めてだ。ああいうものができるのか。肩にコブのようなものができるのだけれど、見た目とは裏腹に柔らかいようで、神輿を担ぐときのクッションになるそうだ。人体の防御作用なのだな。不思議なものである。神輿タコができるとショルダーバッグがずれないそうで、なで肩の僕には羨ましく感じられるのだが、そのために神輿を担ごうとは思わない。また、熱中できるものがあるというのは素晴らしいことで、それがお祭りであってもいいのだけれど、僕はお祭りは苦手だ。

 コロナ感染者もジワジワ増えている。第6波も時間の問題という気がしてならない。また窮屈な宣言下暮らしをすることになるのか。
 18歳未満の児童に10万円相当の給付金が出る。給付金は賛成だ。ばらまきと批判されようと、経済が回復するまでの応急処置としては必要なことだと僕は思っている。ただ、18歳未満の児童などと対象を小刻みに制限するからややこしくなるのだ。国民全員に給付してしまえばいいのである。当然、富裕層にも給付を受け取る権利がある。給付してから確定申告などで回収すれば済む話なのにとも僕は思うのである。
 岸田政権に僕はまったく期待しない。まあ、今後、岸田首相が何か大胆なことをやる可能性もゼロとは言えない。今のところ、僕の見た感じでは、まだ首相になり切れていなくて、大臣の感覚でいるような気がする。新しいアイデンティティがまだ身についていないということだ。このまま大臣感覚で終わるか、首相になるかは本人次第だという気がする。いずれにしても、アベ辺りが裏で暗躍している限り期待はできない。
 アベノミクスはすでに頓挫していることが明らかなのに、是が非でも押し通そうとする辺り、柔軟性のなさを感じる。
 コロナで生活困窮者がたくさん出てしまったのに、政府は何をしようと考えているのだろう。コロナが原因ではない。30年間経済成長をしてこなかったことが一番の悪因である。

 地球温暖化の問題も深刻である。100年後には人類は存続していないかもしれない。そういうことを考えると、今の子供たちは可哀そうだ。毎朝(と言っても今朝は見なかったな)幼稚園の送迎バスを見かける。バスに乗ってる園児たちが見える。あの子たちが大人になる頃にはもっと悲惨な世の中になっているかもしれない。いや、確実にそうなっているだろう。
 死の本能を仮定したフロイトはやはり正しかったのかもしれない。

(寺戸順司-高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2021年11月 9日 火曜日

11月9日:くさってばかりもいられない

11月9日(火):くさってばかりもいられない

 今月は身辺整理もやっていく予定だった。今日は定休日。そのために外出する予定でいた。足の調子によっては見送ることも考えていたけれど、なんとかいけそうだということで、日曜日と月曜日の二日間で大急ぎでその準備をする。本当は一週間かけて準備をしてよかったのだけれど、足の激痛のためにこういうことになった。

 足の具合はだんだん良くなっている。今日は、一応杖をついて外出したけれど、ゆっくり歩けば杖の出番は無いくらいだった。
 そう、これがけっこう辛いのである。木曜日、足の痛みが一番激しかった日に、僕は近所の薬局に行って鎮痛剤を購入した。平常時であれば往復10分くらいの道のりなんだけれど、その時は30分近くかかった。3倍の時間がかかるのである。
 今はそこまでではないにしても、2倍くらいの時間はかかる。10分の距離を20分かけて歩く。時間が2倍3倍かかるということは、それによって消耗する体力も2倍3倍になるということである。ものすごく疲労感に襲われるのだ。

 今日も、外出の用事を済ませると高槻に出ようかと計画していた。でも、用事が終わる頃にはけっこうクタクタになった。高槻行きは断念して、用事を済ませると帰宅することにした。
 帰宅途中にコンビニに寄る。少し回り道になるのだけれど、この回り道も億劫だった。それでも買うものがあったので無理して歩く。ついでにウイスキーの小瓶も買っておく。
 夕方頃に帰宅したが、すっかりくたびれてしまった。軽く食事をして、部屋にこもる。ウイスキーをちびちび舐めながら映画を観て過ごす。映画も好きだけれど、最近は少し疲れてきたな。座って二時間ほど画面を見ているのがしんどく感じられてくる。

 今日はこの後、ゆっくり休む予定だ。
 取り敢えず、今日までにこなす身辺整理の方は片が付いた。そこだけは予定通りのものをこなした。その他はサッパリだけれど、明日から取り掛かっていこう。くさってばかりもいられない。

(寺戸順司-高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

2021年11月 7日 日曜日

11月7日:失われた一週間

11月7日(日):失われた一週間

 今朝、父が退院した。一週間ほどの入院だった。今回も僕の出番は無しだ。特に手伝うこともなかったし、用事を言いつけられることもなかった。コロナの関係もあってお見舞いもできずである。ただ、経過は良好だという報告だけはなされていた。

 父は順調でも僕のほうはひどかった。足の激痛である。
 火曜日の晩からひどくなった。右足である。水曜日は無理して出勤したけれど、木曜日は一日休むことにした。
 ツー(痛風)のようで、そうでもない感じもある。まず、右足の足首から先が全体的に膨張している。物凄く腫れているわけだが、ツーのやつだと炎症を起こしている部分だけが腫れる。ツーとは腫れ方が違う感じがする。
 もう一つ、熱が出たことだ。水曜日は37.5度を上回っていた。木曜日を休んだのもそのためである。ツーの奴でそこまで発熱することはない。また、この熱はコロナではない。この腫れのせいである。
 ツーの可能性もありつつ、ばい菌か何かの感染という可能性も濃厚である。ツーのヤツだったら発作が治まるまでは何もできない。感染の場合だったら、抗生物質でも飲めばイチコロなんだけれど、発熱しているので病院に行くのも気が引ける。いずれは治まるのだろうけれど、結局、それまで待つしかない。
 金曜日になると腫れが少しマシになった。案の定、熱も下がった。二日間、まともに歩けなかったが、ようやくビッコを引き引き、杖にすがりながら歩けるようにはなった。
 土曜日はさらにましになり、今日はまたましになっている。腫れが少しずつ引いていく。鎮痛剤を飲む間隔も広くなっている。一番ひどかった水木曜日は一日に4回服用していたのが、今日は2回で済んでいる。昨日までは3回だった。
 ともかく鎮静の方向に向かっているのはなによりである。

 なによりと喜んでばかりもいられない。結局、この一週間、ほとんど何もできていない。とにかく遅れを取ってしまった以上、どこかで取り戻さなければならない。次の一週間が思いやられる。
 僕の場合、そうなんだ。できる時に一気にやっておかないといけないのだ。いつまたできなくなるか分からないからである。一日10分を十日やるより、初日に100分やっておかなければならないのだ。限られた分量を毎日こなすということが難しい。今日やっておかないと、明日はできなくなるかもしれない。
 振り返ると、僕の人生はそんな感じだ。何事もそんな感じである。兄は毎日毎日コツコツコツコツできるタイプだ。僕には羨ましい、父や母もそういう感じである。家族の中でこれは僕だけである。できる時に一気に全部やっておかないといけないというのは。できる時は、無理してでもやっておかないといけないのだ。
 きっと、僕みたいなのは身につかないのだ。どんなことでも。コツコツやっていく人の方がいろんなことを身につけることができるように思う。

 とにかくこの一週間は不毛であった。僕の中で失われた一週間だ。予定していたこともたくさんあったのだけれど、一旦、白紙に戻さなければならない。そして、もう一度計画を練り直していくつもりだ。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ