blog2

2019年3月17日 日曜日

3月17日:笑い上戸

3月17日(日):笑い上戸

 朝、ブログを書いたけど、夜も書いておこう。徹夜明けの勢いで朝は書いたのだけど、あれからたいへんであった。
 一日中眠たい。それは当然だ。昼休みに少し仮眠を取ろうと思ったけど、なんだか寒くて眠れなかった。結局、夜までそのまま起きていることになった。
 一応、わずかの予定はこなした。それ以外は勉強して、後は書いて過ごす。
 たくさんのものを作成しなければならない。気が遠くなるほどだ。

 今月、とにかく動画広告をを終わらせる。こいつがいつまでも圧し掛かってくるのに耐えられない。
 あと一本の作成が残っている。これをどうするかで考えている。僕の頭の中には3つのアイデアがある。どれか一つに絞ってから着手した方がいいのだろうけれど、今のところ、一つに絞れていない。
 従って、一旦、この3つに着手する。最終的に一つに選んでもいいし、取り組んでいる中で一つに絞られていくかもしれない。いずれにしても、一旦はすべてに手を付けてみようと思う次第だ。
 その代わり、そうなると、一つに絞る方法の三倍の作業量になってしまうのだ。もう、それも仕方ないと開き直ろうと思う。

 それで、今夜、早速この3つの案に取り組んでいた。正確に言おう、チビチビやりながら取り組んでいたのだ。チューハイなんぞを傾けながら、この案にはこういうのを盛り込むとか、第2案ではこれを言おうとか、第3案で取り上げる内容のリストを揃えたりとかやっていたわけだ。
 そうするとエライことになってしもうて、笑いが止まらんようになったのだ。前々から僕は笑い上戸なところがあるんだけど、最近それがひどくなった。酔っぱらうと、何を見ても聞いても、笑ってしまう。
 徹夜したのも影響しているだろうけれど、なんしかアルコールがアッという間に回ってしもうたのだ。
 たいへんなことになると思い、僕は慌てて電車に乗った。早く帰らなきゃと思うわけだ。ところが、電車の中で一人ニヤニヤしてしまって、笑いが止まらないのだ。
 素面に戻ると、それの何が面白いのか全然分からないのだ。電車の中でやたらと「長岡天神」がウケたのだ。「天神」って、またたいそうな、とか思うと可笑しくてならんのだ。酔いが覚めるとそれの何がオモロイのか全然わかんないんだけど、その時はそれが可笑しくて可笑しくてどうしようもないのだ。
 笑い上戸なのも困ったものだ。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ