blog2

2019年2月 1日 金曜日

2月1日:今日一日

2月1日(金):今日一日

 忙しいとか、何とかかんとか言って、このブログもサボりがちになっていたけど、2月はきちんと生活の記録を残しておこう。

 初っ端から予約の変更があった。なんとなく嫌な予感はしていたけど、案の定といったところだ。早めに連絡をくれてはって、僕の出勤前に留守電に吹き込まれていた。
 これで午前中の時間が空いた。月初めなので銀行に行っておく。その他、買い物をして必要なものは買い揃ておく。

 朝の一件のほかは予定作業を一応こなした。
 数日前から足が痛い。こう寒いと膝に来る。起床した時点ですぐにわかる。こりゃ、今日はかなり厳しいぞ、と。その他にも、これはツーのやつだろうか、足首の辺りが痛い。見るとけっこう腫れている。しかし、腫れの割には痛みが少ない。見た目ほどの痛みはない。それでも鎮痛剤のお世話にはなったが。
 自分のこの身体にはつくづく嫌気がさしている。

 今日、読んだ本。
 ヴェルトハイマー『生産的思考』続き。
 カミュ『反抗的人間』着手。この2冊はゆっくり読めばいい。
 本明の『現代心理学』通読。この本は文庫本であるけれど、さまざまな理論が簡潔に記述されていて好感が持てる。僕が心理学を学び始めて割と初期の頃に購入した本だ。今回読み直してみて、やはり面白いと感じた。最初から最後まで一気読みする。

 音楽。リー・モーガン『サイドワインダー』。リリース当時はこれはジャズじゃないなどと批判されたアルバムだけど、それなりにいい雰囲気だ。

 夢。カウンセリングを勉強していた時期の友達が登場した。彼女は誰かの秘書をしていて、どういうわけか僕は彼女が働いている家を知っている。僕は彼女に会いたいと思い、その家の近辺で張っていた。すると、犬の散歩から帰ってきた彼女と遭遇した。彼女はすぐに僕と分かったようだった。僕は話がしたいから会って欲しいと彼女に言う。彼女は僕を道の端の方に連れて行って、いついつのどこそこ(細かいところは覚えていない)で待っててと僕に囁く。
 彼女と別れて、僕はその辺を歩く。海辺のようだった。フェリー乗り場がある。ここにフェリー乗り場があるということは、僕はここに来たことがあるんだなと思った。しかし、見覚えがなかった。風景があまりにも変わってしまっていたように感じられた。
 それから歩いていると、川辺でたむろしている一団がいた。詳しいいきさつは忘れたけど、僕は彼らに誘われて飲食する。花見のような感じだった。すると、向こうの方からフーテンの寅さんのような感じの男性がやってきて、僕たちに合流した。この男性はたちまちこの場の人気をさらっていった。
 そういう夢だった。なにかと過去のことを思い出させるような夢だった。

 確かに、最近は過去のことを思い出したりして、過去に目が向いている。そういう時はムリに未来に目を向けかえるようなことはしない。自然に任せる。昔読んだ本を紐解いたのも関係があるだろうし、何か意味があるだろう。

 それと、今日は一日パソコンを触らないで過ごした。パソコンを家に置いておいた。だから本もたくさん読めたのだ。パソコンなんてツールはいい加減に手放したいところなんだけど、そういうわけにもいかない。
 最近、ひどく目をやられているので、当分、職場ではパソコンを使用しないということにしよう。ブログやそのほかの文書を書く時は、家に帰ってからということにしよう。
 本当は、昼間はパソコン仕事をやって、夜は勉強したり本を読んだりした方がいいのだけど、これを逆にする。昼間にパソコン仕事をすると、どうしても長時間やってしまう。夜の限られた時間だけパソコンは触ろう。

 と、まあ、こんなことを考えながら送った一日だった。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ