blog2

2018年7月14日 土曜日

7月14日:島根着 (#1091)

7月14日(土):島根着

 昨夜から出発して、今朝がた島根に入る。ああ、今年もここに来たんだなと思う。
 最初に田舎の家に行く。適当に挨拶を交わして、今日の目的である墓掃除に向かう。
 道路から逸れて、斜面を下った広場にその墓がある。墓に至る道も、墓の周辺も、草が生い茂っている。僕と母は鎌で、父は草刈り機で、除草する。けっこうハードであった、草が伸び放題で、かなり背が高くなっている。しゃがんで、その根元の方を鎌で刈ると、葉っぱとか訳のわからん種子のようなものとか、いろんなものを頭から浴びる。頭に降りかかったものを振り払っては、また頭に降りかかる。それを繰り返しやる。
 およそ、一時間程度の作業だったけど、かなりきれいになったが、僕は汗だくで、ホコリまみれの状態だった。ペットボトルの水を頭からかぶり、降りかかった諸々のものを洗い流す。着替えをし、墓参りとなる。

 それから母たちの知人を何人か訪問する。大体、お昼頃になる。
 街中へ出て、イオンにて昼食。母たちは買い物をする。僕も買い物をしたが、外に出て、少し歩く。暑かったけど、僕は日光に当たり、歩く練習をする必要があった。
 その後、入院中の伯父さんの見舞いに。僕は最初だけ病室に入ったけど、母たちを残して病院の外へ。タバコを一服し、やはり病院の周囲を歩いてみる。自然が多く、そして大らかな雰囲気が感じられた。地元の人にしてみれば、それが当たり前で、普通のことであり、何の変哲もない光景であるだろうけど、自然からかけ離れた生活をしている者にとっては、豊かな自然に囲まれているのが羨ましいとも感じられてくる。
 意外と早く見舞いが終わる。そこから「ゆめタウン」へと向かう。大型のスーパーだけど、周囲に多くの店舗が集合していて、この辺りでもっとも人が集まるエリアではなかろうか。
 母たちはここでも買い物をする。お土産なんかを買うのだ。僕は土産を渡す相手もいないので、何も買う必要がない。そもそも、島根に行くということさえ、ほとんど誰にも言っていない。
 買い物が済むと、旅館へ。

 旅館入りが早くて、部屋の準備が万端ではなかったが、それでも入館を許された。僕は僕の部屋に入る。まず、横になりたかった。昨晩からほとんど座りっぱなしだった。歩いたり、草刈りをしたりもしたが、横になったことは一度もなかった。
 ベッドに横になる。心地よい。うっかり眠ってしまう。そういえば、まとまった睡眠を取っていなかった。
 寝起きで夕食となったが、よく食べられた。活動も多かったからだろう。
 食後は部屋に戻り、持参してきた本を読んで勉強する。
 少し満腹感が治まったころ、外に出てウォーキングとなる。益田駅の方まで足を延ばす。ここは飲食店なんかも集まっている。ジャズの店が去年から気になっていたのだけど、外から覗くと、何やらライブのようなことをやっている。入るのはよそうと思う。
 また、歩道にて屋台が出ていた。何の屋台なんだろうか、よく分からなかった。足を踏み入れようかと思ったが、他に客がいないので、なんとなく敬遠してしまった。
 結局、駅の方まで出たものの、店には入らず、自動販売機でジュースを買い、タバコを一本喫って、それで旅館まで歩いて帰ることとなった。
 旅館に戻ると、勉強の続きをし、サイト原稿の草案を書く。22時半、いい時間だ。風呂に入る。共同浴場だ。この時間だと、さすがに入浴する人が減る。ほとんど貸し切り状態で風呂を楽しむ。
 風呂上りには、今回は手を出さないでおこうと決めていたはずなのに、アサヒのスーパードライに手を出してしまう。ロング缶を一本だけ飲んで、ベッドに入る。これで今日一日はお終いとなった。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)




投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ