blog2

2018年4月22日 日曜日

4月22日:収束 (#1052)

4月22日(日):収束

 日曜の午後に来られるクライアントが今日はお休みなので、昼から時間が空く。その間にこのブログを書いておく。一日はまだ終わっていないけれど、今日の記録を残しておく。

 今週は痛みとの戦いだった。月曜日から腰痛が激しくなり、水曜日から木曜日をピークに、徐々に快復している。今は、痛みこそないけど、腰を動かす際に、若干の違和感、筋肉疲労のような感じのものが体験される程度だ。
 腰痛と入れ違いにツーが始まった。このツーは昨日がピークで、今朝もまだ痛みが激しかったが、徐々に収束している感じがする。
 ツーの痛みが鎮まっていくと、足首から脛にかけて、筋が痛いということを発見した。ツーの痛みで前面に現れていなかったようだ。
 それらとは別に左手首から肘にかけての痛みもあったが、これも今はまったく痛まない。肘を動かす時に若干の違和感があるが、痛みはない。こちらも収束している感じだ。
 いろんなことがこうして収束していけばいいと思うのだが。
 
 何かとたいへんな一週間だった。痛みがあるので、酒もあまり飲んでいない。月曜日と水曜日に飲んだのか。それだけではないだろうか。いや、コンビニで缶ビールを買って飲んだ日がある。あれが確か木曜日だったので、飲んだのは3日になるか。飲む量はそれぞれさほど多くはない。
 来週はもう飲む余裕がない。今週、いろんなことが遅れに遅れまくっているからだ。

 体が動かせないために、本はやたらと読んでいる。その分、書くほうは疎かになっているが。
 過去の「自己対話編」をサイトに再公開していっている。今日の現時点で第7回目までを公開した。60回分くらいある。少しずつ公開していこう。
 これの再公開に時間がかかるのは、読み直しを行っているからである。読み直し、あらたに誤字脱字、誤変換を見つけると訂正する。それから公開という手順を踏んでいる。読み直していると、いろいろ発見がある。6年前はあれだけ連想が豊かだったのだなと思う。今はかなり失われてしまった。
 こういうのを残しておくと、過去の自分と再会する思いがする。恥ずかしい気持ちもある。それ以上に今との違いも感じられる。いい意味であれ、悪い意味であれ、その間に僕自身の何かも変わっていってるのだ。
 ブログもまた書き始めている。しばらく「内省録」の方に力を入れていた。こちらも解説篇をつけて公開していく予定だ。

 次から次にといろんなことが自分に降りかかってくる。人生とはこういうものかとも思う。無理の利かない体に鞭打ってこなしていかないといけない。
 明日と明後日(定休日)は少しゆっくりできそうだと思っていたけど、どうやら、そういうわけにもいかないだろう。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ