blog2

2017年12月31日 日曜日

12月31日:2017回顧(後)(#0998)

12月31日(日):2017回顧(後)

7月~9月
 蕁麻疹のピークだった時期だ。一方で書籍の執筆に熱中していた時期でもある。
 両親の故郷である島根県にも行く。島根の山を受け継ぐ。
 電話会社をNTTからソフトバンクに切り替える。これで電話のことで頭を悩まさなくて済むかと思いきや、その後、いくつかのトラブル(というか、ソフトバンクのいい加減さというか)が生じる。現在も軌道に乗っていない。
 仕事は、横ばい状態から徐々に上昇傾向を取り戻す。
 新たにランディングページを始める。タウンページで失敗しているので、今度こそという思いもあった。ランディングページのいいところは、好きなキーワードで何ページでも作ることができるという点にあった。最初の30ページは業者が作ってくれることになったが、この30ページに不満が募る。

10月~12月
 ランディングページに着手しようとするも捗らず。業者の作ってくれた30ページをすべて消去する。僕がやって欲しくないと思うことを彼らはふんだんにやる。意思疎通ができていないというのもあり、半分は僕の責任でもある。「医療機関」をイメージさせる写真や文言は困るのだが、彼らはそんなこと知る由もなく、お構いなしでやっていく。他にも困る箇所がいくつもあった。一つ一つ修正するつもりでいたが、他人の作ったものをいちいち修正するのも腹立たしく思い、すべて消去する。消去して、一から作ると決めたが、まだ1ページも完成していない。そこまで手が回らないのだ。
 ブログでは書かなかったけど、この時期、家族の方で大きな事件があった。この事件のケリがつくまで、僕は将来どうなるか分からなかった。場合によっては僕と家族の生活が大きく変わり、僕も廃業を検討しなければならなくなっていた。その覚悟をするようにと親にも忠告されていた。現在、どうにかケリがついてきて、僕も今の仕事を続けられそうな見通しがついている。
 書籍の方は手付かずの状態が続いている。9割は完成しているのに、もはや僕の興味が薄れていく一方である。書いている時は「いい内容だ」と思えていたけど、距離を置いて眺めてみると、こんな本はクズ以下だという気がしてきてならない。出版社側から何か言ってくるかと思っていたが、何の音沙汰もない。僕の本なんかどうでもいいのだろう。
 タウンページでこけて、ランディングページでもこけて、書籍でもこけて、動画広告でもこけて、おまけに電話のトラブル、身体のトラブル、家族のトラブルに見舞われて、この時期から酒の量が増え、散々な一年であった。
 そんな散々な一年でも、どうにか生きてきた、そこだけは評価すべきだろうか。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ