blog2

2017年12月31日 日曜日

12月31日:一年の締めくくり (#0996)

12月31日(日):一年の締めくくり

 朝はおせちの手伝いをする。と言っても、大したことはできないのだけど。母の指示通りに動く。それから高槻へ向かう。
 駅はすごく人が多かった。一本、電車を見送る。この年の瀬に、みんなどこへ行くのだろうか。
 前の電車ではホームにけっこうな人が並んでいたけど、次の電車ではそれほどでもなかった。電車一本でずいぶん違うものだ。
 周囲のことは気にせず、駅にて電車を待つ。高槻に着くまでにラカンの論文を一本読む。

 高槻に着く。一階のそば屋が店頭販売やってる。毎年恒例のやつだ。本当は迷惑だと僕は思っているけど、それも仕方がない。そば屋にとっては稼ぎ時なんだから、僕の方がガマンしよう。
 それにしてもあのそば屋、毎年大晦日だけ店頭販売していたのに、今年は昨日もやっていたな。年に一日だったのが二日になったわけだ。彼らも厳しいのだろう。
 職場に入る。ここだけは時間の流れが止まっているかのよう。季節感ゼロの部屋だ。
 今日の予定では、もし、パソコンが動けばサイト作業をする、パソコンが昨日と同じ調子だったら、窓拭き掃除をする、そう決めている。
 まず、パソコンの電源を入れ、ネットに接続してみる。昨日開かなかったページが開いたら、サイト作業だ。開かなかったら、3時間くらいかけて窓拭き掃除をする。果たしてどうなるか。
 これもなんでこんなふうになるのか分からないけど、昨日はダメだったのに、今日はいけるのだ。その間に何も特別な処置をしたわけでもないのに。まったく訳が分からない。
 サイト側の原稿を7本ほど公開する。どれも第9章に属するものだ。およそ2時間かかる。実際にはそんなに時間のかかる作業ではないのだけど、休憩とか昼休みを挟んだのでそんな時間になった。
 その後、夕方まで本を読んで過ごす。高槻ではそれだけだ。

 帰宅する。帰りの電車ではウイリアム・ジェームスの本を読む。
 さて、夕食の後、ダウンタウンの番組を観る。大晦日の恒例行事となった感があるが、今年はあまり興味が湧かなかった。今まで観てきたから、その流れで今年も観たという感じだ。もう、あの番組も面白いとは思わなくなってきた。
 そんなこんなで年明けを迎えた。ろくでもない一年がこれで締めくくられると思うと、感慨深い。次の一年はもっとましな年にしていこう。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ