blog2

2017年7月11日 火曜日

7月11日:遠のいているかのよう (#0920)

7月11日(火):遠のいているかのよう

 夜の間に何か夢を見ていたのだけど、今朝、起きるときれいに忘れてしまった。なんか、折りたたみ式の黒板を持ち歩いている場面だけ覚えている。僕はこれは便利そうだと思い、どこかから譲り受けて、それを職場まで運んでいるという場面だった。

 今日は定休日だけど、何かと用事があって高槻に出る。午後から職場で過ごす。

 書籍の校正を行う。今日は2章、5章、9章を実施。今日の活動の大部分がこれである。
 最初に第9章から取り掛かる。4時間かけるつもりで行う。丹念に読み直してみる。こうして一日一章ずつやっていけば、10日で終了する。一応、そういう予定を立てている。
 第9章を終えて、少しでもリードしておきたいからと、第5章に取り掛かり、中途完成だった第2章を続けて実施する。
 本当に完成に近づいているだろうか。やればやるほど不備が見つかり、修正していく。それはまるで完成から遠のいていくかのようである。

 帰宅する。今日は夕飯をきちんと食べる。最近は夕飯抜きのことが多い。
 食後、第2章の校正を続けようと思うが、いったん時間を空けることにする。
 それで映画を観る。先週購入したマカロニウエスタンDVDマガジンがまだ未鑑賞だったので、2作品立て続けに観る。
 一本目は『続・さすらいの用心棒』だ。これは以前BSで観たことがある。なんとなく覚えている。ジュリアーノ・ジェンマ主演のシリアスなドラマで、どこかアメリカ製西部劇を彷彿させるところもある。
 二本目は『俺はサルタナ~銃と棺桶の交換』だ。サルタナシリーズだけれど、演じるのはジョージ・ヒルトンだ。そしてサバタ役にチャールズ・サウスウッドだ。これは前回の『荒野の無頼漢』コンビだが、案の定、本作でもこの二人が裏で手を組んでいるというオチだった。
 両作品ともまあまあといったところだ。悪くはないが、ずば抜けていいとも言えない。いつか、こういう映画の話をしてみいいなと思う。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ