blog2

2017年4月29日 土曜日

4月29日:連休初日

4月29日(土):連休初日

 今日から連休だ。月曜までは通常の仕事をして、火曜日からは休む。休むと言っても、日曜日までの6日間で職場の大掃除をする計画だ。もっとも、この大掃除がどこまでできるかは、その他の作業との兼ね合いによって変わるのであるが。
 実質的には連休に入っており、今日なんかは特別な仕事は何も入っていない。ずっと書き物と読書で費やした。いくつかブログの更新もした。
 サイトの更新は、本当なら、昨日やっているはずだった。それがパソコンがやたらと重くなったので、一時中止したのだ。どうやら更新プログラムがインストールされていたらしい。本当に余計なことを。

 この連休の9日間で、職場の大掃除をする予定だ。
 書架も見直す。一応、100冊を目標にしているが、仕事に直接関係のない書籍は家に持ち帰ることにする。もしくは処分する。今日は7冊ほど持ち帰った。
 その他、使用していないものは持ち帰ることにする。職場に置いておくと、どうしても場所を取ってしまう。できるだけモノを減らそうと考えている。毎日少しずつ持ち帰る。
 書類等で処分するものは処分してしまう。みみっちいところが僕にはあって、メモなんかでも、裏面がまだ使用できるとなると、ついつい残してしまうのだ。そういうものも一度すべて処分してしまおうと考えている。

 帰宅する。マカロニウエスタンを観る。今回は発売日にきちんと買ったのに、まだ観ていなかった。今号は「新さすらいの用心棒」と「皆殺し無頼」のカップリングだ。
 今日は「皆殺し無頼」の方を観る。イタリア映画なのに、クレジットはドイツ語だ。ドイツ版のDVDを基にしているのだろう。1966年の映画で、古さを感じさせるし、どことなくカルトっぽいノリも感じられる。でも、悪くない。
 女優のロザルバ・ネリが悪役サマンタを演じている。夫を殺して牧場と財産を独り占めしようと、兄と計画する。そして、相続人のジョニー(マーク・ダモン)を亡き者にしようと企むのだ。
後半、サマンタの屋敷とぺぺの隠れ家とを行ったり来たりするジョニーだが、これは時間系列がなんかおかしいような気がした。まあ、細かいところは気にしないでおこう。
遺言書の隠し場所トリックが印象的だった。なるほど、そういうことだったのかと思わせる。また、悪役とは言え、女優が撃たれるのかと思いきや、ああいうラストを迎えるのか。殺し屋のキャラダインも、かつて一緒に暮らしたことのある女は撃てなかったのだろう。サマンタではなく、代わりにある物を撃つことで、彼女の命を絶ったのだ。
ガンファイトや格闘シーンもふんだんにあるが、なかなか残酷な場面も多く、女、子供、老人でさえ、殺されたり暴力を振るわれたりする。これらの描写のためにこれまでDVD化されなかったのかもしれないな。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ