blog2

2017年3月27日 月曜日

3月27日:内省録ー第1回:解説編

3月27日:内省録―第1回:解説編

 内省を読み直していこう。

(1)一度にたくさんのことを言おうとしている。気持ちの上で焦燥感のようなものがあった。それがこの語りにも現れている。ここでは、この内省録の目的、方法、自己の確認、カウンセラーが自分にはいないといったことが一気に語られている。余裕のなさを感じる。

(2)語ることができるものが自分である。自己を有していることの証明をしたいという気持ち。
(3)基本的に(2)と同内容だが、ここでは「生きた自己」という観念が生まれている。生の確認という意味合いが含まれ始めている。
(4)「生」の観念に導かれて「自由」という観念が生まれている。自由であるとは、自分の原因が自分にあることを受け入れることである。自己の確認から自己を引き受けることへと発展している。

(5)ここで最初の抵抗が生まれる。僕は最初からこれが上手く行くとは思わないと述べている。一方で、自分には限界があること、その限界を認めようという決意も見られる。
(6)人には限界がある。これは自然なことだ。ここから、その自然なことを受け入れないクライアントたちへと連想が広がっている。

(7)ここで僕は我に返っている。(6)をそのまま続けていけば、クライアントの話になっていただろう。そちらに入ってしまわないように自分を制御している。自分に目を戻している。今取り掛かっているこの作業に意識を向けている。具体的な経験は語られていないが、それなりに進展しているものもある。

(8)視点が定まらない感じがする。自分に言い聞かせている部分もあるし、自分から距離を置き過ぎている言い方であるという感じもする。
(9)他者の観点が入り込んでいる。僕が観念論者かどうか云々というのは、他者の観点である。同様に、自分が体験を語る方が好きなのだというのは、他者に対する弁明である。(6)でクライアントのことが意識に浮かんだことにより、他者の観点や存在が混入してしまっている。

(10)ここで僕は具体的な出来事、今日の出来事を書いている。そして、この作業は自分に要請されていることなのだと決意を表す。そうすることによって、他者を追い出そうとしているのだと思う。
(11)決意の続きである。自分に課せられているテーマであり、それに取り組むという決意をさらに表明しているわけだ。
(12)運の悪いことに、そう決意しても、目の前に騒々しい団体さんがいて、僕は彼らに目を奪われてしまっている。せっかく他者を締め出したのに、ここで否応なしに意識してしまっている。

(13)目の前の団体さんから、先週金曜日に飲み屋で出会った人たちのことが思い出されている。どちらも騒音をまき散らすだけのお喋りをしているのだ。そして、僕にも同じものがあるということをどこかで認めようとしている。
(14)先週の話からお酒の席での僕のことに話が移行している。ストレスの話になるが、本当はストレスは抱えられるのが自然であり、発散することは自然ではないということを僕は述べようとしているのだけど、それは(6)の話が再現されているのだ。闇雲にお喋りする人たちと一部のクライアントたちを僕は同一視しているのだ。

(15)ストレスの話から「欲求不満」を連想して、さらに以前の自然のことを受け入れないといった連想を引きずっているので、生理的欲求と社会的欲求という話に発展している。両者は性質が違うのが自然であるのに、多くの人にとってはそれが自然とは思えず、両者を同じようなものとして考える。

(16)社会的欲求の中でも愛情欲求、承認欲求を取り上げている。この二つが大きいからである。クライアントたちを見ていてもそれを実感する。僕は過去において両者を得た。そこをしっかり見なければならないと、半ば自分に言い聞かせる。
(17)社会的欲求はエスカレートしていくが、価値をどこに置くかで変わるという自説を展開している。自分が得た対象に価値を置くか、対象を得た自分に価値を置くかである。

(18)その個人的な一例としてクリニック時代の話が思い出されている。N先生が自分をすごく高く評価してくれたこと、期待してくれたことの思い出だ。N先生が僕を高く買ってくれたことではなく、N先生に高く買ってもらえた僕の方に価値を見出さなければならないということである。
(19)僕を高く買ってくれたN先生の方に価値を置くと、N先生と決別後、僕はN先生の代わりの人たちを求めていただろう。他の人からもそれと同じもの、いや、それ以上のものを得ようとしていただろう。それは心的には同一地点に留まり続けることを意味している。そういうことを言おうとしていたのだ。上手く言えた感じがしていない。そして、僕は僕のしたことが間違っていないということを示したいのだ。

(20)本当は自分のしてきたことは間違っていないということを主張したいはずなのに、僕はそれを回避している。それを主張する代わりに、「価値とは何か」といった観念に向かい始めている。これは僕の中で生じているある種の抵抗である。

(21)価値を定義することはできないけど、それが努力の根底にある。価値を置いているものしか努力できないし、継続できない。動機づけや意志の力といったものはそれと関係がないのだ。これもまた自然なことであるのに、自然であると受けいれないことが多い。今回の内省録は、そのことが通奏低音のように聞こえてくるようだ。僕にとって、それが自然なことだと思われているのに、他の人にとってはそうではないらしいというテーマが常に潜んでいるように思う。

(22)僕がカウンセリングを続けていられるのも、そこに価値を置いているからである。ここでカウンセリングが再び意識に入ってくる。

(23)それに続いて、カウンセリングの場面で出会う人、例えばパチンコ依存の人を取り上げている。基本的には(21)(22)と同じ主張が繰り返されているのだけど、やはり、ここで「自然なことなのに、それを認めない」という通奏低音が響いてくる。

(24)ここで価値を金銭に換算するという話が出てくる。富の話をしたこと(17)やパチンコ依存の話(23)からお金の連想が働いたかもしれない。パチンコ依存は、勝ち負けを金額で計算するし、お金の問題は彼らの主要問題の一つである。

(25)ここで散漫だった連想に一つの決着がつく。まとまりが生まれる。価値の定義の問題もここで収斂される。N先生の話からカウンセリングの話へという展開はすでに生じていたが、ここでも同じ流れになっている。価値とは交換不能性であるという定義の問題もこれで落ち着く。
(26)ここでは(19)の主張が繰り返されているのだけど、交換不能性(他でもない僕が経験したこと)の概念が加わっている。

(27)ここで承認欲求の話が復活する。それをサイトのフォロワーを例にして述べる。

(28)サイトのことが意識に上がる。カウンセラーを探している人が多いという、先日の業者の言葉を思い出し、それについて述べている。ここにもあの通奏低音が響いてくるようだ。探している人が検索するというのが自然だと、業者さんはじめ、多くの人が信じているだろうと思う。僕は、探している人は訪れる(行動に移す)のが自然だと考えているわけだ。

(29)そうして探し続ける人たちから、「治らない人」イメージが連想されている。ここでも僕はあの通奏低音を聴く思いがする。治療者が拙いから治らないとか、病気が重いから治らないとか、そんなふうに考えるのが自然だと思うだろう。僕にとって、それは自然なことではないのだ。その人が治らない人間だから治らないのだ、それが自然な考えであると僕は思うわけだ。

(30)先の(29)に関して、僕も最初はそう考えていなかったことを打ち明ける。正直にそれは認める。時間があれば、その根拠をもっと語っていたかもしれないが、時間が来て、ここで終了することとなった。ちなみに、ここに至って(4)の命題、「自分は自分の原因である」が復活することになった。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ