blog2

2017年1月27日 金曜日

1月27日:壁を作れ~俺第一主義

1月27日(木):壁を作れ~俺第一主義

 アメリカで新大統領が就任してほぼ一週間。今度の大統領は就任して即座に大統領令をバンバン発行するという人だ。
 メキシコとの国境に壁を作る。アメリカ側が一方的かつ勝手に作って、金はメキシコが払えなんて、メキシコ側からすれば押し売りもいいとこだろう。今度の大統領はそれができる人であるようだ。

 選挙活動として、演説をする。これは選挙立候補者なら誰もがすることである。この演説にはある種のパターンがある。
 まず、現状を訴える。こういう悲惨な状態がありますよということを提示する。続いて、それをこういうふうに解消しますという公約が続く。そして、最後に、その状況を解消することによって、このようにしていきたいといった理念・理想が語られる。
 これは「問題提起(不安の提示)~問題の解決(安心の提供)~理想」という流れで捉えることができる。真ん中の問題解決、安心の提供という部分がマニフェスト、公約となり、最後の理想がスローガンとなる。どの候補者のどの演説も、この三者が揃っているもので、大体、その順に述べられる。アメリカの新大統領の演説も同様の流れを有していたように思う。

 この三者にはそれぞれ問題を孕みうると僕は考えている。
 問題提起(不安の提示)の部分では、問題提起のために活用した資料が公平性を有しているかという問題がある。また、候補者によってその資料が公平に読まれているか、候補者の偏見や歪みを持ち込んでいないかという問題がある。候補者の個人的な感情が入り込みすぎていないか(多少は入り込んでしまうことは避けられないと僕は思うが)という問題も生じえるだろう。言わば、公正な資料、判断に基づいてその問題が提起されているかどうかという問題である。
 続く問題解決(安心の提供)の部分では、例えば、その問題解決は現実的であるか、実現可能であるかどうかという問題があるだろう。それに提示された問題が果たしてそれで本当に解決できるだろうかという検証も大事な観点だと僕は思う。さらに、その解決策は創造的か破壊的かという観点も僕は重要だと思う。
 最後の理想は、先の問題提起と解決によって確かに導かれる理想であるかどうか、あまりにかけ離れすぎていないかどうかといった問題が生まれうるように思う。

 さて、この三者の含みうる問題を念頭に置いて、新大統領の演説を振り返ってみよう。
 最初の問題提起の部分では、しばしば「誤解」が指摘されている。資料の一部分だけが強調されたり、他国に関する部分が無視されていたりしていた。資料が不十分だった可能性もあるけど、それ以上に、資料が公正に読まれていない可能性が高いように僕は思う。
 続く問題解決の部分ではどうだろう。僕の個人的な印象では、ここであまり創造的な案が出てこなかったように思う。不法入国者を防ぐ~壁を作るというのは、いささか短絡的な発想である。メキシコとの間に壁を作っても、その他の国からの密入国者を防ぐには役に立たないだろう。それなら、メキシコだけに限らず、不法入国者の検挙率を高めるような手段を講じていく方が、よほど建設的であるように僕は思うのだ。
 そして、最後の理想の部分だ。アメリカを強くするというのはいいだろう。自国の復活を訴えることは当然のことだ。しかし、それらの公約を実現することで、本当にその国が強くなるかどうかは疑問であるように思う(僕がそう思う理由は後で述べよう)。このスローガンは「アメリカ第一主義」と呼ばれたりするが、この「第一」という部分が不明である。何に於いて第一であろうとしているのか、何に対して「第一」であろうとしているのか、どうもよく分からないと僕は感じている。あくまで僕の場合はという意味だけど、この「第一」(first)を「優先」(priority)に入れ替えると、演説に筋が通るような感じがした。

 あまり新大統領のことをあれやこれやと書くのはもう控えよう。いろんなところからお叱りを受けるかもしれない。最後に僕が書こうと意図していたところのものを書いておこう。ずいぶん長い前置きになってしまったけど。
 とにかく、「壁を作れ」っていうのは、とても象徴的だ。
 僕は「壁」をつくりたがる人たち、「壁」を必要とする人たちを何人も知っている。休み時間になるとトイレの個室にこもらないといられないと言う大学生の彼は「壁」を必要としているわけだ。子供が引きこもったままであることを心配する母親もいるが、その子はやはり「壁」を築かないといられないのだ。
 これらの「壁」はその人を守る働きはしているけど、決して、この「壁」そのものはその人を「強く」はしないのである。人を「強く」するのは、「関係」であって「壁」ではないのである。
 この人たちは「壁」がなくてはいられないのだ。自分を助けるためにはそれがどうしても必要と感じられているのだ。その必要性がその人たちにはあるのだということは、僕にも理解できる。しかし、その時、その人を動かしているのは、「とにかく自分が助かればいい」という心理であるように思う。他からどう言われようと、早急に自分を救済しなければならず、それが最優先事項なのである。ある意味で「自分第一主義」に陥っている(陥らざるを得なくなっている)ように僕には思われるのだ。
 だから、「壁を作れ」は「俺第一主義」でもあると、僕はそのように思うわけである。あくまでも僕の個人的な見解に過ぎないので、不快に思われた方々には申し訳なく思うが、苦情やお叱りの類は遠慮していただきたく思う。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ