blog2

2017年1月24日 火曜日

1月24日:予約キャンセルと心理学検定

1月24日(火):予約キャンセルと心理学検定

 今日は定休日だ。それでもいくつかの雑用をこなすために、それと明日のクライアントの準備のために職場に来る。
 定休日に限って電話が多い。職場に着いた時、すでに何件かの留守電が入っている上に、FAXまで届いている。どれもこれも僕とは無縁のものばかりだ。

 いきなりFAXを送りつけてくるような営業は最低である。僕はほとんどFAXを受け付けない。それでも何年かに一回はインクリボンを交換する。こんな営業の輩のためである。無駄な経費である。それでお得な情報をFAXで送ってくるわけなんだけど、先にこちらに損失を生み出しておいて、何がお徳なもんか。

 いくつかの雑用をこなす。何度か席を外す。戻ってくるとまた留守電が入っている。ああ、明日のクライアントのキャンセルだ。この人の準備のためにもここに来たのに、なんだか意味がなくなってしまった。

 今年に入ってから、少数ながら新規の人が来られた。今のところ、継続率100%だったのに、これで記録が途絶えるのか。
 僕の個人的な記録はどうだっていいけど、この人、キャンセルしてどうするつもりだろう。
 先週、新規でお見えになられた方だった。その時は僕の中で明確ではなかったけど、どうもこの人は自分自身や家族のことで見落としている何かがあるような気がしてならなかった。今日、もう一度前回の録音を聞きなおしてみて、それを確認しようと思っていたのだ。
 先にこの確認作業をやっていたら、本当に無駄に終わっていたところだった。それだけが不幸中の幸いである。
 しかし、この人のことは気になる。今はなんとかやっていけているからいいと、この人は考えているかもしれない。確かにそれは事実だと思う。だから、あまり問題意識が高くなかったクライアントであるようにも僕は思うのだ。それでも今後のために今取り組んでおく方がいいとも僕は思うのである。将来のことは何とも言えないけど、数年後、ある条件が整うと、この人は苦しむことになるかもしれない。
 あまり個人に関することは記述できないが、このクライアントのような人もけっこうおられるのだ。自己を縮小させることで現状を乗り切っているというような人である。この適法方法は後々問題となることも多いのである。本音を言うと、その適応方法自体がある種の「病理」を含んでいるのである。まあ、人様のことに触れるのはこれくらいにしておこう。

 書架を整理していると書店のブックカバーがついたままの本が見つかった。何やったかいなと思い、見ると、2年ほど前に買った心理学検定のテキストと問題集だった。そうだった、面白そうだから挑戦してみようかと思ったことがあったっけ。
 この心理学検定というものであるが、興味はあったものの、中身を紐解いてみると、けっこうザツやなあと思ったのだった。
 心理学は幅広い学問である。この検定はそれを10領域に分けている。各領域20問の検定試験である。試験は3科目で1時間というように時間設定されているので、平均すると1科目に20分、1問につき1分しか割けないという、なかなか厳しい条件のテストである。10領域のうち、どの領域を受験してもいいのだけど、合格数によって検定2級、1級、特1級と認定される。最後のものは10領域すべてに合格すると得られる。
 それで、今日、最初の1領域目の問題を解いてみた。研究と歴史に関する領域である。この辺りのことはもう長年離れているので、かなり忘れているものもあったし、「あれ、これ、どうやったかいなあ」というあやふやなものもあった。それでも6割ほどは正解した。試験勉強していない状態で6割だから、案外イケそうな気もしてきた。今年はちょっとチャレンジしてみてもいいなと、今は思い始めている。
 ちなみに、その領域は通常では「心理学研究法」と「心理学史」に分けられる部分である。それぞれが幅広い内容を有している分野であるが、それが一つにまとめられ、尚且つ両分野からたったの20問しか出題されないというわけだ。その辺が妙にザツやなあと思われてくるのだ。
 その他の領域も同様である。「学習・認知・知覚」という領域では、学習心理学、認知心理学、知覚心理学の3分野が一まとめにされているし、「社会・感情・性格」領域も社会心理学、性格心理学(パーソナリティ)、感情(情緒)が一まとめである。3分野から20問が出題されるのである。3分野がお互いに共有している部分や重なり合う部分もあるとは言え、ザツと言うか、荒い感じがしてならないのである。
 まあ、各学会のエラい先生方がお決めになられたことだ。変な口出しするのは止めておこう。今年は少しそういうのにチャレンジしてみるかもしれない。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ