blog2

2017年1月14日 土曜日

1月14日:雪降る夜

1月14日(土):雪降る夜

 明日の朝のクライアントが予約変更された。ちょっとありがたい。明日は朝は休もう。と言うのは、外は雪で真っ白だからだ。
 高槻では降ってなかったのに、京都まで戻ると、しっかり吹雪いていた。僕が帰る頃はうっすらと白くなっていたが、さっき(24時ころ)窓から外を見ると、2~3センチくらいは積もっていそうだった。
 怖いのは転倒することだ。明日は路面が凍るだろう。今夜、帰宅する時点ですでに滑りそうな箇所があった。明日は間違いなく凍る。
 怪我をして以来、転倒とかスリップに物凄く注意するようになった。やはり、怖いと思ってしまうのだ。足を滑らせる場面が思い浮かんでくる。僕の予期不安なのだけど、あり得ない話ではないので、自然と慎重にならざるを得なくなっている。
 それほど親しいというわけでもないが、飲み屋で顔を合わす知人が、先日、帰宅時に転倒して足を複雑骨折したと聞いた。それで今は入院中なのだそうだ。同じような話があるものだ。一度怪我をすると、同じような怪我をした人が他人事とは思えなくなる。そういうものだと思う。

 それにしても寒い。今日は特に寒かった。体調を崩す人もあり、今日も予約の変更があった。時間が空く。昨日、構想を練った分を、文章化する。まだまだ校正、修正していかなければならないけど、ある程度の形になっていると、後はやりやすい。
 本もよく読んだ。ただ、あちこちから本を引っ張り出しては拾い読みをするので、特定の何かを読んだという感じではない。
 昔読んだ本をもう一度読みたい。最近は特にそう思う。心理学を勉強し始めた頃に読んだ本をもう一度読みたい。どこか、原点に回帰したいという思いがあるようだ。僕が心理学に染まり始めた頃の、あの感じを取り戻したい。そんな気持ちだ。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ