blog2

2016年12月 8日 木曜日

12月8日:カジノ法案

12月8日(木):カジノ法案

 今日、会った人がカジノ法案のことを話してくれた。カジノ法案はもう決定になり、確実にカジノが運営されるだろう。そうなるとギャンブル依存の人がもっと増えてしまうと彼は言う。彼もまたギャンブルで苦しんだ時期があったので、他人事とは思えないのだろう。
 僕もカジノ法案は注目しているのだけど、大半の批判がギャンブル依存を増やしてしまうというところに集中している感じがする。確かにそれも懸念すべき事態である。
 しかし、案外こちらの方は取り上げられないのだけど、カジノを運営することで経済が良くなるのかという疑問がある。僕は、一部の人たちの所にだけお金が集まるだけに終わるのではないかと考えている。

 マリオ・プーヅォ(「ゴッドファーザー」の原作者として有名)に『愚者は死す』という長編小説がある。この作品は舞台が(正確に言うと舞台の半分が)カジノである。カジノのナンバー2にのしあがろうとする男が登場するためである。
 僕が感心したのは、なるほど、カジノはそうやって儲けているのかと納得した、カジノのそのシステムである。
 もちろん、小説なので、それが現実そのものではないかもしれない。でも、カジノで儲けよう、利潤を上げようとするならば、やはりそうしたシステムを採用しているかもしれないとも思う。
 以下、僕が同書から学んだことを踏まえ、僕の見解も交えて述べようと思う。

 まず、カジノはギャンブルである。客に最初に勝たせておいて、最後にはすべて回収するものである。そのために腕のいいディーラーを雇っているのである。回収されるというのは、客に言わせれば「負けた」ということなのであるが、店側からすれば「遊ばしてあげた代償」である。
 それでも、たまに「勝つ」客がいる。カジノ側の目的があって勝たせるという場合もある。その目的とは、いわば「カモ」にするわけである。同書では日本人客がそのカモにされていたのではなかったかな。
 カモにするとは、要するに、今後とも繰り返しカジノに足を運ばせることである。最初に勝たせておけば、次は自動的に向こうから足を運んでくれるわけだ。
カモが勝ったお金はカジノ側が、今度の時のために預かるということまでするのである。決して外に持ち出させないのである。そして、最後にすべてを回収するということである。

 カモにしたわけでもないのに、勝ってしま客もある。ボロ勝ちしてしまう客である。もし、こういうボロ勝ちした客がいても、カジノは配当金を出す。
 しかし、勝ってからが大変なのだ。カジノというのは、ホテルとかその他の娯楽施設と一緒になっている。ボロ勝ちした客に、できるだけグループ内でお金を使わせようとするのである。頼んでもいないサービスを押し付けて、料金とチップを頂くなどである。
 ボロ勝ちした客に、女性のお客が親しげに寄ってくる。実は、この女性は客に扮したカジノ側のスパイである。この女性がボロ勝ちした客にお金を使わせようと唆したり、その言動を上に報告するわけである。
 同書では、僕の記憶違いかもしれないけど、勝った客の部屋にいきなり女性が二人押しかけてくる場面があったように思う。はっきり言えば、風俗遊びの強制である。そうして、施設内でお金を使わせるのである。

 それでも、設けたお金は持って帰りたいという客に対しては、カジノ側は、大金なので護衛をつけようと提案する。ボロ勝ちして大金を所持している客にボディガードをつけて、空港まで送る場面があったように記憶している。
 このボディガードのサービスは良心的であるように映るかもしれないけど、要は、他のカジノでお金を使わさないための監視役である。カジノ側は、自分のところの配当金が余所のカジノで使われることを一番嫌がるのである。そうしたお金の流出を阻止する目的である。

 こうして見ると、客がカジノで勝ったとしても、そのグループ内でお金が動くだけなのだ。
 従って、もしカジノでボロ勝ちするという経験をした場合(まず僕には無縁の経験だ)、そのお金で家を買おうとか、返済に充てようとか、そんなことを考えると足元を掬われてしまう。儲けた金は施設内で使い切ろう、それだけ存分に遊んでおこうと考える方が賢いように思われる。
つまり、来た時と同じ状態で帰ることができれば、それで十分なのである。下手に、賞金を隠して、こっそり外に持ち出そうなんて考えると、後がコワイのだ。
 
 そういうわけで、カジノが運営されても、僕たちの生活とか経済に利潤をもたらすことはないだろうと僕は思う。カジノを運営する側が儲かるだけで、経済効果なんて期待できっこないと思っている。ギャンブル依存の問題より、そちらの問題をもっと取り上げる方が現実的ではないかとさえ僕は思うのだが、いかがなものだろうか。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ