blog2

2016年11月11日 金曜日

11月11日:「殺す!」

11月11日(金):「殺す!」

 仕事を終えて、職場を後にする。
 電車に乗る。できるだけ最後に乗る。扉に凭れかかれるように、一番最後に車両に乗り込む。
 今日も僕が最後に乗った。すると、ドンと僕を押しのけて入ってきた男性がいた。扉権はこの人が持っていってしまった。仕方なしに、吊り革につかまって立つ。
 この男性、さっきも見かけた。トイレで一緒になった人だった。なんか大きな声で喚いていた人だ。酔っ払っているらしい。
 それで、この男性、扉に凭れかかって、やたらと「殺す!」を連発している。周囲に居た人がこの人を敬遠して、遠くへ行ってしまう。そりゃあ、そうだ。「殺す」とか「ぶっ殺すぞ」とか、そんな物騒なことを連発している男の傍には居たくないだろう。僕はそのまま居続けたけど。
 僕は、気が立っていたのもあって、絡まれたら相手してやろうと身構えていた。戦闘準備を万端にして、この男性の脇に立っていたのだが、どうやらこの男性、酔っ払っていて、周りのことが全く見えてないようだ。僕の存在も見えてないのだろう。
 途中で、この男性に再びドンと体当たりされた時は、「おっ、いよいよ来たか」と、一瞬ワクワクしたが、なんてことはない、空いた座席に彼は突進しただけだった。周りが見えてないと思っていたけど、シートに空きが生じたのは見えていたようだ。その後は、ぐったりして、眠ってしまったのだろう。大人しくなった。なんか、つまらん。
 でも、見ていると、彼の人生が上手く行っていないということがよく分かる。

 あと、今日会った人から日本はどうなるのだろうと訊かれた。
 アメリカでは不動産王ごときが大統領になったのだから、まあ、日本にとっては良くないことがこれからは起きてくるだろう。
 不動産業っていうのは、少し失礼な言い方だけど、あまりクリエイティブな仕事ではないなと僕は感じている。元々ある土地を売買するだけなのだ。そこをホテルやカジノにしようと、それらを経営している人たちはまた別である。
 土地を買い上げる時に、どんな手段を講じるかということも問われなければならないことだ。きちんと交渉のできる不動産屋か、金を積んで買い占めたらいいと考える不動産屋か、いろんなタイプの人があるだろう。あの大統領はどういう手腕でもって不動産王になたことやらである。
 いろいろ問題発言もあった人であるが、一番問題だと僕が感じているのは、条約をきちんと理解していないようであるという点である。ビジネスで言えば、契約書をきちんと読んで、把握していないようなものである。本当に不動産王なのかと疑いたくなることもあった。
 まあ、あまり他所様のことは言わないようにしよう。これから日本はどうなるだろうかと不安を表明された人に、僕は「まあ、悪くなるんちゃいますか」とだけ言っておいた。
 今年は、イギリスのEU離脱とアメリカ大統領選と、世界情勢を悪化させる種がやたらと撒かれた年であったかもしれないな。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



 



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ