blog2

2016年11月 2日 水曜日

11月2日:メリケンサックの使用方法

11月2日(水):メリケンサックの使用方法

 夜は真っ直ぐ帰宅して「夜読書」をするという習慣をつけようと決めていた。早速、3日目にして「夜読書」習慣が崩れた。帰宅しても、読む気分にはなれなかった。まあ、真っ直ぐ帰宅するという方は守ったことになるけど。

 それで、テレビでも見ようかいなということになった。このブログでもチョイチョイ出てくる「水曜日のダウンタウン」だ。今回のは見て良かった。
 検証されるのは、ジェネレーションギャップで、今の若者はメリケンサックを見ても分からないというものだ。それでメリケンサックを調理器具の中に混ぜて、道行く若者に料理をしてもらうという検証方法を取る。
 すると、何人かの人はメリケンサックをちゃんと調理器具として活用するのだ。これは心理学でいる「創造性」テストである。
 もちろん、「これ、メリケンサックやん」と分かる人もある。これも知能なのである。調理器具とそうでないものとが区別できる、カテゴリー概念がしっかり把持されているということも知能の一つであるわけだ。そして、自我境界が堅固な人ほど、こういう区別が容易につくだろうと思われる。
 メリケンサックをパスタメジャー代わりにして使うというのは、一つの創造性である。でも、他にも同じような使途をする人があったところを見ると、これは創造性としては低いものと言えるかもしれない。
 最後に登場した女性は、メリケンサックを、食材を切る際の指の保護危惧として活用した。他にそういう使い方をした人がいないとすれば、これは創造性が高いと評価される。さらに、エキスパンダーをフライパンのようにして活用するなど、この人はなかなか高い創造性を有しているようで、僕はすごく感心した。

 知能とは何か、どうやって測定するかということが心理学の世界で話題になった時期があった。ずいぶん昔の話だ。それで知能検査などが開発されたのだけど、それは本当に知能を測定していることになるかという疑問が出されるのだ。それで、知能とは創造性であるという観点も生まれ、創造性を検査するテストなども開発されたのだ。

 僕もそうした創造性テストを経験したことがある。
 それは羊のぬいぐるみをもっと面白いものにするという課題だった。ぬいぐるみが喋るとか会話をしてくれるというのは、多くの人が考え付くことであって、これは創造性としては低いものと評価される。
 これが、例えば、羊毛が瞬く間に伸びて、ブランケットになってくれるというのであれば、すこし創造性が高くなるわけだ。つまり、会話をしてくれるというのはぬいぐるみのままであるのに対し、ここではぬいぐるみがぬいぐるみ以外の何かになるという点で創造性があるということになるわけである。
 そして、こうした創造性というのは、自我境界が透過的であることが要されると僕は思う。ある物が別の何かに速やかに移行しなければならないのだから、境界が堅固過ぎると難しいということである。

 さて、その他のプレゼンも楽しく拝見した。「レンタルDVDで一度も借りられたことのない作品は逆に興味が出てくる説」などは、面白かった。
 レンタルされたことのない作品でも、見てみるとすごく面白かったと評されていたから、結局は、作品の内容よりも、売り方、見せ方の方が大きいという気がする。
 同じように、動物園や水族館でも検証しているが、動物園で人気のない動物は、やはり同様に、その動物の魅力というよりも、見せ方やロケーションの方の影響が大きいようだった。こうして見てみると、僕たちが対象そのものよりも、いかにそれ以外の要因に影響されるかということを証明しているように思われてならなかった。
 だから宣伝とか売り込みっていうのが大事なんだと思う。商品の魅力よりも、宣伝の魅力で安易に動かされてしまう人が多いからだ。

 若手はベテランになんとなく挨拶しているという説は、説としては面白いけど、検証方法に難ありだ。あれは、挨拶せざるを得ない状況になってしまっているからである。仮に、楽屋にベテラン本人が居なくて、代理の人がいたとしても、新人は挨拶するだろう。代理を通してベテランさんに挨拶が伝わるからである。

 さて、「水曜日のダウンタウン」は面白い。毎回見てるわけではないけど、見るとこういう拾い物がある。もっとも、ミックスルール対決だの、クロちゃんにどっきりを仕掛けるやつなど、面白いとも思わないコーナーもあるけど。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ