blog2

2016年8月30日 火曜日

8月30日:わたし、きれい?

8月30日(火):わたし、きれい?

 昨夜はまいった。大雨の中を松葉杖を突いて、エッチラオッチラと帰宅した。片方の杖を脇に抱えているので、スムーズには歩けないし、おまけに、スリップしないように足元には特に注意して歩かないといけなかった。
 高槻から自宅まで、健常な状態だと30~40分くらいで帰れるのだけど、昨夜はそんな状態だったので、2時間近くかかった。帰宅できた時は、ホント、やれやれと思った。

 今日は、天気もよくなって、良かったのであるが、朝から疲労感に襲われてならなかった。休みたいって思った。
 予定では、高槻に行って、室内整頓等の作業に明け暮れるはずだった。どうもそんな気分にはなれない。ということで、休もうということに、定休日はきちんと休もうということに決まった。

 そうそう、先日、南博「日本人の心理」を読んでいて、野間宏の「真空地帯」のことが取り上げられていた。「真空地帯」、そうだ、いつか読もうと思っていた作品だ。僕は思い出した。実家のどこかにあるはずだ、今度の休みの日に探しておこう。そう決めていた。
 それで、今日、実家の僕の部屋の書架から本箱から、あちこち探しまくる。あったあった。新潮社の日本文学全集で、かつては全巻そろっていたのだけど、両親が処分すると言うので、めぼしいものや興味を持ったものだけ僕は選り分け、残しておいたのだ。その中に確か「真空地帯」があったはずだが、やはり、あった。
「真空地帯」は昭和27年に書き下ろしで出版され、同年、毎日出版文化賞を受賞しているそうだ。やっぱり、良い作品なのだろう、期待が膨らむ。
 所々、読みにくい文体がある。日本語にはそれがあるので困ったものだ。変化度が早いのだ。英語では100年前の作品でも同じ英語が使われているけど、日本語の場合、100年前の本はとても読めない。日本語、漢字、送り仮名、文体など、当時のままでは読めないのである。僕たちが大正期や明治の作品を読めるのは、出版社側で現代の仮名遣いに直してくれているからである。
 それにしても、先代の人たちの書いたものが、そのまま読むことができないっていうのは、なんだか空しいものである。100年後にはさらに日本語は変わっているだろう。僕の文章なんて、古めかしすぎると言われそうだ。

 ついでながら、最近、コミックを読んだ。子供の頃に読んだようなマンガは違和感なく読めるのだけど、もっと最近のものを読んでみようと思い立ち、適当に読んでみたのだ。
 やはり思うのは言葉である。吹き出しの中のセリフがどうも読みにくかったり、馴染めなかったりしたのを覚えている。すでに僕の日本語感覚が古くなっているのだと思い知った。

 少し話が逸れた。今日のことに戻ろう。
 さすがに終日家に籠っているわけにもいかない。少しは足を動かさないと。そう思い、夕方、散歩に出る。
 少し歩いて、近所のカフェに入る。顔見知りのママさんが足のことを聞いてくる。大分良くなってきつつありますと、いささか曖昧な返事をしておく。
 そこからさらに歩く。軽く食事をする。すでに暗くなっている。
 通りをテクテク歩いていると、一人の女性が僕の方を見ていた。
「足、大丈夫ですか」とかなんとか、彼女の方からそう尋ねてきた。僕は「ええ、大丈夫です。だいぶん良くなっているんですよ」と答える。
 すると彼女は、「向こうからきれいな男性が歩いてくるなあと思って、見てたんですよ」と言う。
 えっ、きれいって、僕のことかね。
「それに誠実そうな顔をしてますね」と彼女。
「はあ、そうですかねえ」と僕。一体、僕の何を見てきれいとか言っているのだろうかと訝る。なんかの勧誘かとも疑った。
「彼女はいてはるんですか」と彼女。
「いえ、今は、いてません」と僕。なんだなんだ、新手のナンパか。ナンパならお断りだ。今はそんな気分にはなれんのでね。
 彼女が再び足のことに触れたので、僕は「どうもありがとうございます」とだけ言って、その場を去ろうとする。何を言われても、「心配してくれてありがとう」だけを返そう。下手なことを言うと、長引きそうだ。
 そうして、すーっと女性から離れて行った。
 しかし、「きれい」なんて言われたのは初めてかもしれない。僕にもっとも似つかわしくない言葉のように思う。
 彼女はきっと、現実の僕を見ないで、僕のイメージやなんかを見ているのだろう。彼女の心的投影物を僕に見ているので、現実の僕を見ると彼女は幻滅するんじゃないかと思う。そう思うと、「お姉さんもきれいですよ」とか、浮ついたことを言わなくて正解だった。
 変に関係が生まれると、必ず破綻すると思う。なぜなら、彼女がどうも現実の僕を見ているように思えないからである。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ