blog2

2016年8月 5日 金曜日

8月5日:「スレッジ」にハマる

8月5日(金):「スレッジ」にハマる

 今日は(と言っても、これは6日の朝に書いている)足の具合が悪かった。夜、帰宅して見てみると、腫れが少しひどくなっているような気がする。とても痛む。骨の部分も痛むけど、この腫れによる痛みもけっこう面倒だ。これは長引きそうだ。

 暑さにも参っている。ここ数日は予定されていること以外、何もする気になれない。外を歩いていると、一度、クラクラとなった。熱中症かもしれない。食欲もあまりない。
 昨日は好調で、夜は少しお酒を飲みに行ったけれど、それも堪えているかもしれない。そんなに量を飲んだわけではないけど、よく考えると晩御飯抜きだった。昨日の夕方、どこかで食事はしようという意識はあったけど、そのまま忘れてしまった。

 今年は、体がこんな感じなので、早めにお盆休みに入ろうと思う。8日から、来週の月曜日から休もうと思う。10日から両親が帰省するので、僕も気分転換を兼ねてついていこうと決める。
 一応、8日からの週は予定が空けてある。例年、お盆前はヒマになるし、今年もそれを見越して、できるだけお盆前の予約入れないようにしておいた。そんなこんなで、今年はゆっくりしよう。

 オリンピックがいよいよ開催される。テレビもその話題でもちきりだ。ブラジルの人たちも可哀そうに、このオリンピックで国が傾いてしまうだろう。ただでさえ生活苦の人が多いのに、これからさらに増えるだろう。
 4年後の日本も同じようになると僕は考えている。オリンピックなんぞやって、なんの得があるというのだろう。

 夜、帰宅後、映画を見る。朝日新聞出版社から出ている「マカロニウエスタンDVDコレクション」を、僕は密かに欠かさず購入している。西部劇が好きだったので、マカロニ系もよく観たものだ。
 毎号2作品のDVDが収録されていて、今回で第10号だ。そろそろ僕の観たことのない作品が現れ始めている。
 今回の作品はあまり期待していなかった。でも、「スレッジ」はすごく面白かった。特に刑務所の脱獄から金庫を開けるシーンなんて、ハラハラしながら画面に釘付けになってしまった。ついつい二度繰り返して観てしまう。
 二作品のうち、一作でも当たりに遭遇すると買って良かったと思う。
 ちなみに、2作品とも大当たりだったのは、第何号だったか、「殺しが静かにやってくる」と「情け無用のジャンゴ」のカップリングだった。
 最近は時間があるとマカロニを観る。ジュリアーノ・ジェンマ(この人の馬の乗り方がカッコいい)やフランコ・ネロ(意外と男前である)といった俳優さんは昔から知っているけど、クラウス・キンスキー(最高の悪役だ)とかフェルナンド・サンチョ(悪役だけどいい人そう)などの俳優にも馴染んできた。馴染んでくると、世界が広がったような気持ちになる。もっと知りたいとか思うようになる。

 なんだか散漫な内容になったな。どうも気持ちが一点に集中しない感じがしてならない。まあ、あまり無理せずやっていこうとは思う。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ