blog2

2016年7月23日 土曜日

7月23日:「ゴー」

7月23日(土):「ゴー」

 昨日からニュースでもワイドショーでも、至る所で「ポケモンゴー」のことを聞いた。いや、分かっている。「ポケモンGO」が正しい表記である。いちいちアルファベット変換するのが面倒なので、以下「ゴー」と呼ぶ。
 今夜、高槻を歩いた時、やはりそれらしいゲームをしている人が何人もいた。そのうち、二人とは衝突しそうになったし、三人くらいは立ち止まって通路を塞ぎ、道を空けようとしない人たちがいた。迷惑千万なゲームである。
 よくは知らないが、町にはモンスターがウヨウヨおって、それを捕獲するそうだ。モンスターなどどこにおるというのだろう。

 このゲームを巡ってはさまざまなことがすでに言われている。「ゴー」で町おこしとか、そういうのは高槻では止めてもらいたいね。
 そして、元首相までがコメントしていた。引きこもりの人が外に出るようになった、精神科医でもできなかったことをゲームはやった、漫画は素晴らしいと。相変わらずのアホウ氏だ。家で引きこもっていた人が、外で引きこもるようになっただけの話じゃないか。
 事実、「ゴー」をやっていて、入ってはいけないところに入り込んでしまったり、事故を起こしたりした人たちもすでに現れている。僕の場合だって、衝突していたら一つの事故だ。
 外に出てゲームをする。しかし、その人は環境世界とまったくかかわっていないのだ。むしろ、環境世界は意識から断絶されている。夢中になるということは、環境世界を切り離すこととは別だと僕は思う。
 外部の環境世界とかかわることなく、世界から切り離され、そしてただ彷徨するなんて、まるでゾンビだな。僕にはゾンビがモンスターを捕獲するというゲームにしか思えなくなってくる。

 いずれ、こんな人も出てくるだろう。「北海道に旅行に行ってきた」「へえ、何をしたの?」「ゲームしてた」なんて会話も普通に聞かれるようになるかもしれない。観光地に行っても、ゲームしかしなかったという人が現れるだろうし、そうなるとその観光旅行はその人に何一つ確かなものを残さないだろう。
 実際、ひきこもりの傾向のあるクライアントからそれに似たエピソードを聞くことが多い。家族旅行したけど、その人はゲームに夢中で、どこに行ったのか、そこで何をしたのか、まったく記憶が希薄になっているのである。彼の中に体験が残っていかないのだ。だから彼が自分が分からなくなったとしても、それは当然のことなのだ。

 しかし、まあ、なんと言いますか、「ゴー」をやって、一日でモンスターを30匹捕獲したとか、50匹捕まえたとか、そんなことを言うのだけど、それってどうなのだろう。捕獲したモンスターたちの行く末には何が待っているだろうか。
 ゲームなんて、いずれは廃れる。廃れるから次々に新しいゲームを開発していかないといけないのだ。今は「ゴー」に夢中になっているけど、そのうち、ブームは下火になったり、飽きてきたり、もっと人々を魅了するゲームが別に現れたりして、いずれは「ゴー」も捨てられる。それがゲームの宿命のようなものだと僕は思う。かつてインベーダーゲームに僕たちはこぞって夢中になったけど、今では「懐かしゲーム」で思い出される程度だ。
 ここにモンスターを一万匹捕獲したという人がいるとしよう。その人が「ゴー」に飽きたとなる。一万匹のモンスターがどうなるかって? 一気に消去されちゃうのだ。そういうものだ。ゲームの背景は現実でも、生命は現実じゃないんだ。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)



投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ